KREVA&MIYAVI参加!石川さゆり、小唄・端唄・俗曲をモチーフとしたアルバム『粋~Iki~』のメイキング公開

■「曾祖父さん曾祖母さ んの時代の歌をタイムスリップして、今の音楽家と製作しました」(石川さゆり)

石川さゆりが、小唄・端唄・俗曲をモチーフとしたアルバム『粋~Iki~』を2月19日にリリースする。

本作は、石川の「世界中の皆さんに、日本の音楽を持ち帰っていただきたい」という想いからスタートした三部作の最終章。

これまでに日本の童謡をテーマに制作したアルバム『童~Warashi~』が1988年(昭和63年)、民謡をテーマに制作したアルバム『民~Tami~』が2019年(平成31年)に発表されている。

毎作、豪華なプロデューサー・アレンジャー陣が話題となっているが、アルバムのオープニングを飾る「オープニング『火事と喧嘩は江戸の華』feat. KREVA~ストトン節」にKREVAとMIYAVIが参加していることが明らかに。KREVAとMIYAVIも登場する、『粋~Iki~』のメイキング映像も公開された。

「オープニング『火事と喧嘩は江戸の華』feat. KREVA~ストトン節」では、今作のテーマである“江戸の粋”をラップで表現。宴の始まりに欠かせない“さぁさ浮いた浮いた……”の威勢のいい掛け声から江戸への音楽の冒険がはじまる。

伝統音楽を踏襲しながらも、様々なアレンジで石川が“日本人の江戸の粋”を綴った『粋~Iki~』。世界の祭典を前に、日本人のアイデンティティを再認識できるはずだ。

なお、「オープニング『火事と喧嘩は江戸の華』feat. KREVA~ストトン節」は本日1月30日より各ストリーミングサービスにて先行配信される。

■石川さゆり コメント
令和で迎える初めての正月、日本はこれからどこへ向かって行くのでしょうと思いを巡らせます。

私が6歳のときに東京オリンピックが開催され、子供心に世界には肌の色も髪の色も、身長も違う人たちがこんなにいるんだ! と驚きました。 日本は小さな島国で、身体も小柄で細くて、けれども外国の人に負けない肝の座 りと心意気! があるんだと堂々とした入場行進や礼儀の良さに誇らしく感じました。

今年また、あらたな東京オリンピック・パラリンピックがやって来ます。世界中が混沌としていて、日本の日本人らしさと言うのもわかりにくくなりました。

今回のアルバム『粋』は日本人の江戸の粋! 粋でいなせでちょいとそそっかしくて、そんな人間味ある小唄、端唄、俗曲、私の祖父母の前の曾祖父さん曾祖母さ んの時代の歌をタイムスリップして、今の音楽家・ミュージシャンと製作しました。

江戸の粋にはとんでもないウィットに富んだ世界があります。日本に暮らしてきたのにこんなおもしろきものを、見落としてきたのかと思いました。ラップで始まる江戸への音楽の冒険をお楽しみくださいませ。


リリース情報

2020.01.30 ON SALE
DIGITAL SINGLE「オープニング『火事と喧嘩は江戸の華』feat. KREVA~ストトン節」
※サブスクリプション型(定額制)配信サービスにて先行配信

2020.02.19 ON SALE
ALBUM『粋~Iki~』


石川さゆり『粋~Iki~』メイキング映像
https://youtu.be/c61kOQ6Wb1M

「オープニング『火事と喧嘩は江戸の華』feat. KREVA~ストトン節」配信リンク
https://lnk.to/isayuric672

石川さゆり OFFICIAL WEBSITE
http://www.ishikawasayuri.com/


DIGITAL SINGLE「オープニング『火事と喧嘩は江戸の華』feat. KREVA~ストトン節」

ALBUM『粋~Iki~』

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人