BABYMETAL、幕張メッセ2daysでアルバム『METAL GALAXY』を再現!

■BABYMETAL、CD2枚組からなる3rdアルバム『METAL GALAXY』を2日間の公演中、同じ曲を演奏しない=セットリストに被り曲がない形で再現!

BABYMETALが、2020年最初のワンマンライブとなるワールドツアー日本公演の追加公演を、1月25日・26日に幕張メッセ国際展示場で開催。2日間で約5万人(各日約2万5,000人)を収容する会場で、期待と熱気に溢れた観客を前に世界基準の熱狂パフォーマンスを披露した。

2019年10月11日に3rdアルバム『METAL GALAXY』を世界同時リリースし、アメリカ・ロサンゼルス・The Forumで初の北米アリーナワンマンライブを含む、過去最長となった20ヵ所に及ぶアメリカツアーを敢行。昨年11月に開催された凱旋公演『METAL GALAXY WORLD TOUR IN JAPAN』とその追加公演となる今回の幕張メッセ2daysは、全日ソールドアウトとなり、各地で大きな反響を呼んでいる。

BABYMETALは、2020年に予定されているヨーロッパとアジアでの海外ツアーを前に、本公演を通して、CD2枚組からなる3rdアルバム『METAL GALAXY』のテーマでもある“メタルの銀河の旅”をイメージし、2日間の公演中で同じ曲を演奏しない、セットリストに被り曲がない形でアルバムを再現するというあらたな挑戦に臨み、見事に完遂した。

■DAY-1
1月25日のDAY-1は“光の力”をテーマに、3rdアルバム『METAL GALAXY』のDisc-1の収録曲を中心に全12曲を披露。オープニング曲の「FUTURE METAL」とともに、通常はドーム規模のライブ会場で使用される巨大LEDスクリーンに映し出された、メタルの銀河を旅するかのような映像美に一気に引き込まれるも束の間、続く「DA DA DANCE(feat. Tak Matsumoto)」でBABYMETALがステージに登場。会場は一気に沸き上がり、「Elevator Girl」と「Shanti Shanti Shanti」を立て続けに披露した。

ライブ初披露となる「Oh! MAJINAI(feat. Joakim Broden)」では、巨大LEDスクリーンに迫力溢れるSabaton(サバトン)のボーカリスト Joakim Broden(ヨアキム・ブロデーン)の姿が映し出され、楽曲のフィーチャリングゲストとのムービーコラボに、会場の盛り上がりは一気に頂点に届いた。また、この日同じくライブ初披露となった「Brand New Day(feat. Tim Henson and Scott LePage)」では、スクリーンに映るシルエットでダンスを見せる演出でファンを魅了し、フラメンコやサンバテイストの振り付けが印象的な「Night Night Burn!」も初披露。
※「Joakim Broden」の「e」はアキュートアクセント付きが正式表記。

ライブはいよいよ終盤へと突入し、感動的で壮大な「THE ONE」で文字どおり会場はひとつに。合戦の合図で始まったストーリームービーでは、これまでのツアーをBABYMETALと共に旅してきたアベンジャーズの3人と、屈強なサウンドを奏でる東の空の守護神の神バンドに加え、西の空の守護神であるもうひと組の神バンドが降臨することが告げられ、予想外の展開に会場のボルテージは一気に高まり、さらにパワーを増したバンドサウンドの「Road of Resistance」で会場は興奮の坩堝と化し、1日目は幕を閉じた。

■DAY-2
1月26日のDAY-2は“闇の力”をテーマに、3rdアルバム『METAL GALAXY』のDisc-2の収録曲を中心に12曲を披露。DAY-1の東の神バンドに変わり、DAY-2では西の空の守護神であるもうひと組の神バンドが重厚はサウンドを奏でる中、左右に広がった花道とステージ奥からシンボルマークを象(かたど)った杖を手にしたBABYMETALとアベンジャーズ3人が登場し、荘厳な演出の中「IN THE NAME OF」からスタート。続く「Distortion(feat. Alissa White-Gluz)」では、巨大LEDスクリーンが真っ赤に染まり、途中SU-METALが無言のまま鋭い眼差しで会場を煽ると、まるで映画の中に引きずり込まれるような感覚に陥った。

続く「PA PA YA!!(feat. F.HERO)」では、ムービングステージが客席に向かって大きく迫り出し、客席ではタオルが振り回され早くも会場が一体となった。西の神バンドの醸し出すダウナーな「Kagerou」のグルーヴに会場が揺れ、ライブ初披露となる「BxMxC」では、BABYMETALの新機軸となるラップがフィーチャーされたミクスチャーブルータルメタルを体現。「シンコペーション」と「ヘドバンギャー!!」を披露したあとは、激しくも神秘的な光を放つ演出の「Starlight」と幻想的な「Shine」で会場が静かな興奮に包まれ、「Arkadia」でクライマックスへと盛り上がり、3rdアルバム『METAL GALAXY』のラストを飾る“光3部作”で締めくくった。

少しの間を置きストーリームービーが流れると、アベンジャーズの3人と、さらには西の神バンドに加えて、東の空の守護神であるもうひと組の神バンドの、合わせて2組の神バンドが演奏することが告げられ、衝撃的な展開に歓喜の声が湧き上がる中、「イジメ、ダメ、ゼッタイ」のイントロが流れると、会場内ではWALL OF DEATHの狼煙が上がり、花道の両端からMOAMETALとアベンジャーズによるお馴染みのダッシュが披露され、センターステージに揃った5人の一糸乱れぬパフォーマンスと、ダメジャンプで会場がひとつとなり大団円。光と闇という異なるテーマで2日間にわたって繰り広げられた“メタルの銀河の旅”は完結した。

幕張メッセ2DAYSで圧巻のパフォーマンスを披露したBABYMETALの『METAL GALAXY』の旅は、今後もさらなる進化を遂げながらワールドツアーが続く。DAY-2のエンディングでもアナウンスされた、10周年を迎える2020年の今後の活動にも注目が集まる。

BABYEMETALは、3rdアルバム『METAL GALAXY』が全世界同時発売となった2019年10月11日に、アメリカ・ロサンゼルスで行われた初の北米アリーナ公演『METAL GALAXY WORLD TOUR LIVE AT THE FORUM』の模様を全編収録した映像作品を5月13日にリリース。こちらも要チェックだ。

PHOTO BY Taku Fujii、Takimoto “JON” Yukihide


リリース情報

2020.05.13 ON SALE
DVD&Blu-ray『LIVE AT THE FORUM』


BABYMETAL OFFICIAL WEBSITE
http://www.babymetal.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人