桑田佳祐「SMILE~晴れ渡る空のように~」で改めて身に染みた“みんなで歌える”ことの大切さ

桑田佳祐 「SMILE~晴れ渡る空のように~」 特設サイトスクリーンショット

■日本全国の民放テレビ局114局による共同番組『一緒にやろう2020大発表スペシャル』にて初公開

先程、民放キー局5社とそれぞれのネットワーク局を合わせた合計114局で生放送された共同番組『一緒にやろう2020大発表スペシャル』(18:40~19:00)で、楽曲タイトルとともに初披露された「SMILE~晴れ渡る空のように~」。

いつもは良きライバルとして、互いに競り合っている民放放送局5系列が、“より良い社会を作る”という理念のもとに、手を取り合って、社会性の高い共同企画を行う“「一緒にやろう」プロジェクト”の応援ソングだ。

新国立競技場近くのスタジオにて制作された同曲は、心穏やかにさせるゆったりとしたテンポ、たった一度耳にすれば“栄光に満ちた孤独なHERO”と鼻歌まじりに歌えるほどのシンプルさ。それでいて聴き進めるほどにふつふつと力が湧き、曲を聴いた今、少し胸を張って一歩踏み出したくなった自分がいる。

なかでも、この曲のいちばんの良さは“みんなで一緒に歌える”こと。好きで聴くことはできても、一緒になって歌うとなるとハードルが上がってしまう曲も少なくないなか、「SMILE~晴れ渡る空のように~」は世代や性別を問わない、親しみやすさがある。これは“エールを贈りたい”という純粋な気持ちを汲み取った、応援歌としてはものすごく大切なポイントではないだろうか。

さらに、“栄光に満ちた孤独なHERO”ではHEROになるまでに費やした葛藤・苦悩の日々をも称えるように“孤独な”をもちいたり、“悪戯な運命(さだめ)にも 心折れないで”と自分自身ではどうしようもない壁にぶつかることもあると現実の厳しさにも目を向け、手を差し伸べたりと言葉の随所に桑田の優しさを感じた。

誰の上にも平等に存在する“空”が晴れ渡るように、少しでも多くの時間“笑顔”で過ごせるように……それぞれの日常を懸命に生きる、私たち一人ひとりを支える歌として、これから聴衆の心を明るく灯していくに違いない。

TEXT BY ジャガー


『一緒にやろう2020』OFFICIAL WEBSITE
https://isshoniyarou-2020.jp/

サザンオールスターズ OFFICIAL WEBSITE
https://southernallstars.jp

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人

  • ジャガー

    ジャガー

    「M-ON! MUSIC」の編集/ライター/小言を言う係。音楽フリーペーパー「music UP's(現okmusic UP's)」の編集を経て、音楽雑誌「ワッツイン」へ。前身サイト「DAILY MUSIC」 への参加をきっかけにWEBの人になりました。