Mr.Children、『映画ドラえもん のび太の新恐竜』で『映画ドラえもん』史上初の“W主題歌”を担当!

■Mr.Childrenによる主題歌「君と重ねたモノローグ」を使用した『映画ドラえもん のび太の新恐竜』本編映像も解禁!

『映画ドラえもん のび太の新恐竜』が3月6日に公開。先日、本作の主題歌がMr.Childrenの「Birthday」に決定したことが発表され、桜井和寿のドラえもん愛に溢れた熱いコメントが話題となったが、このたび、Mr.Childrenがもうひとつの主題歌(W主題歌)「君と重ねたモノローグ」も手がけることが決定した。

2020年に、連載開始から50年を迎える『ドラえもん』。そして、映画第1作目が公開された1980年から40作目を迎える『映画ドラえもん』シリーズ。

全39作累計で1億2448万人の入場人員を記録している国民的キャラクター「ドラえもん」の50周年という記念すべき年に届けられる40作目『映画ドラえもん のび太の新恐竜』を手がけるのは、『のび太の宝島』(2018年)でシリーズ史上最高興行収入53.7億という大ヒットを打ち立てたコンビの、監督:今井一暁と脚本:川村元気。

のび太が、双子の恐竜キューとミューに出会って始まる物語で、伝説の映画1作目『映画ドラえもん のび太の恐竜』とは異なる、まったく新しいオリジナルストーリー。キューとミューの仲間の恐竜たちを探して、6,600万年前の白亜紀を舞台に、のび太たちが大冒険を繰り広げる。2020年春、未来へ向けて進化する映画ドラえもん。新しい恐竜と、新しいのび太の物語が始まる!

『映画ドラえもん』の歴史の中でもW主題歌を起用されるのは史上初。Mr.Childrenにとっても、ひとつの作品に主題歌を2曲書き下ろすのは史上初となる。ドラえもん50周年&映画40作目となるメモリアルな年を祝うべく、今回、かつてない企画が実現することとなった。

あらたに発表された主題歌「君と重ねたモノローグ」は、のび太と双子の恐竜の“絆”を描いた物語に優しく寄り添う歌詞と、桜井和寿の歌声が沁みる、心あたたまるバラード。明るく壮大なメロディーの「Birthday」とは、また異なる魅力に溢れた楽曲に仕上がっており、この主題歌2曲が『映画ドラえもん のび太の新恐竜』の世界を彩る。

主題歌「君と重ねたモノローグ」を使用した、あらたな本編映像も解禁!

映画『バケモノの子』(2015年)『信長協奏曲』(2016年)『君の膵臓をたべたい』(2017年)『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』(2018年)など時代を代表する作品を彩り、主題歌を務めた映画を次々と大ヒットへ導いてきたMr.Children。

1992年のデビュー以来、日本の音楽シーンを牽引してきた彼らと、ファミリー映画の金字塔『映画ドラえもん』が起こす化学反応に期待が高まる。

テレビ朝日・川北桃子プロデューサー コメント
実は、初めての主題歌打ち合わせの際に、桜井さんは早くもデモを用意してくださっていました。桜井さんの歌声とギターが響くその音源を聴き、すでにこの作品のテーマをていねいに、しっかりと受け止めてくださっているその内容に、今井監督、川村元気さんをはじめ、私たちプロデューサーも非常に感激したことを鮮明に覚えています。
そんな雰囲気の中で、もう1曲、違うアプローチの曲も考えてみようというアイデアから生まれたのがW主題歌です。最初のデモがどちらの曲だったのかは、今は皆様の想像にお任せし、劇中での「Birthday」と「君と重ねたモノローグ」、2曲のドラマチックな展開にご期待いただければと思います。


リリース情報

2019.12.25 ON SALE
DVD&Blu-ray『Mr.Children Dome Tour 2019 “Against All GRAVITY”』

2020.03.04 ON SALE
SINGLE「Birthday / 君と重ねたモノローグ」


映画情報

『映画ドラえもん のび太の新恐竜』
3月6日(金)公開
原作:藤子・F・不二雄
監督:今井一暁
脚本:川村元気
キャスト
ドラえもん:水田わさび
のび太:大原めぐみ
しずか:かかずゆみ
ジャイアン:木村昴
スネ夫:関智一
主題歌:Mr.Children「Birthday」「君と重ねたモノローグ」
(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2020


『映画ドラえもん のび太の新恐竜』作品サイト
https://doraeiga.com/2020/

Mr.Children OFFICIAL WEBSITE
http://www.mrchildren.jp/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人