『NMB48 2020 新春特別公演』が大盛況!「皆さん、元日に毎年来てくれてありがたいです」

■研究生昇格も発表!「先輩方に腰が引けるのではなく、胸を張って堂々と頑張ってほしいと思います。正規メンバーである私たちもこの刺激を得て、切磋琢磨していきたいと思います」(NMB48・小嶋花梨)

1月1日、NMB48シアターにて、『NMB48 2020 新春特別公演』が行われた。出演は、チームN、チームM、チームBIIより各11名。研究生も17名も登場した。

選抜16人により「床の間正座娘」からスタート。1月1日でNMBシアター9周年。「このような節目の日に、今年も劇場公演をさせていただけることをうれしく思います。皆さん、元日に毎年来てくれてありがたいです。今年もNMB48をどうぞよろしくお願いします!」と渋谷凪咲による挨拶があった。

チームNは、川上千尋を中心にトーク。石田優美は「ちっひー(川上千尋)とキャプテン、副キャプテンでやらせてもらって半年経ちましたが、みんながサポートしてくれました。メンバーが成長する姿も頼もしいですね。これからもチームNを見守ってほしいです」とコメント。そして「チームNは2020年も愛されるキャラを作りたいです!」と、川上千尋が意気込みを語った。楽曲は最新シングル収録のチームN曲「ごめん、愛せないんだ」と「正義の味方じゃないヒーロー」を。研究生からは坂本夏海、前田令子、貞野遥香、小林莉奈、小川結夏もパフォーマンスに加わった。

チームMは、井尻晏菜をメインMCに2019年の懺悔トークを展開。安田桃寧は「SHOWROOMで18歳になるので18のキャラクターになるというのを、やまりな(山尾梨奈)さんとやっているのですが、自分のことだけを考え過ぎてやまりなさんにノープランでふってしまいました。でも、キャラクターも増えました」と明かした。また、そんな山尾に渋谷は「卒業をいじりすぎてごめんなさい!」と反省、笑いを誘った。楽曲は最新シングル収録のチームM曲「真正面」を初披露。「夏の催眠術」も披露し、横野すみれ、山崎亜美瑠、佐藤亜海、出口結菜、安部若菜の研究生5人も参加した。

チームBIIは山田寿々の仕切りでトーク。2020年の目標を新澤菜央に尋ねると「いろんなことを極めたいと思います。特に劇場公演はたくさんポジションを覚えてこのチームにふさわしい人になりたい」と意気込んだ。梅山恋和は「ずばり! このチームで出張公演がしたいです!」と展望を語った。そしてチームBIIも最新のチーム曲「無限大ノック」を初披露。「法定速度と優越感」の2曲で、研究生の原かれん、菖蒲まりん、中野美来、三宅ゆりあ、岡本怜奈も登場した。

研究生17名は「夢は逃げない」公演の中から「オネストマン」を披露。「2019年の1年は、研究生にとってたくさんNMB48シアターのステージに立たせていただいた1年だったと思います。その中でも、少しずつではありますが、劇場公演を通して、趣味や特技を生かしたメンバーが前に出てくる機会が増えたり、成長を感じた1年だったと思います。これからも研究生は先輩たちに負けないように自分を出して、個性も出して、10周年に向けてもっともっと盛り上げていけるように精いっぱい頑張っていきたいと思いますので、研究生の応援をよろしくお願いいたします!」と前田令子がフレッシュに語った。

後半では金子支配人が登場。2020年はNMB48シアター10周年イヤーの幕開けということで「どんどん劇場公演を盛り上げていきたい」と挨拶。恒例にもなった、昨年劇場を盛り上げた上位16人を発表。この16名が次の曲の選抜になる。

メンバーは以下の通り。

16位 南羽諒(90 回)
14位(同順位で2名)石田優美 山崎亜美瑠(92 回)
→石田はトータルの劇場公演出演回数が歴代1位で807 回
13位 安部若菜(103 回)
12位 河野奈々帆(105 回)
11位 原かれん(106 回)
10位 堀ノ内百香(109 回)
9位 大田莉央奈(110 回)
8位 小林莉奈(112 回)
6位 (同順位で2名)菖蒲まりん 坂本夏海(116 回)
5位 出口結菜(119 回)
4位 中野美来(122 回)
3位 貞野遥香(124 回)
2位 泉綾乃(145 回)
1位 前田令子(169 回)

1位の前田にはトロフィーが授与。前田は「すごく光栄です。トロフィーに名前が刻まれてあって、すごくうれしいです!」と声を弾ませた。そして2019年出演回数ベスト16メンバーによる「しがみついた青春」を披露した。

パフォーマンスを終えて前田は、「この1年は本当に、たくさんの公演に出演させていただくことができました。劇場公演を難波で観て、キラキラしたアイドルっていいなと憧れるよういなったことがアイドルを目指したきっかけです。そんな思い出深いステージにたくさん立たせていただいて、本当に幸せな1年でした。2020年も先輩方やファンの方が愛した劇場を盛り上げていけるように精一杯頑張っていきたい」とスピーチした。

また、選抜16名のほとんどが研究生であることに「たくましいですよね」と渋谷。この1年を振り返り、「『N Pride』はみんなで頑張っていこうという気持ちを込めて作ったんですけど、前回の旧チームNの『パイオニア』で終わる曲をそのまま1曲目にもってきて、Nを引き継ごうという気持ちを込めて始めました。だから、気が引き締まる思いです。いい公演になってきたなと思います」と川上。小嶋花梨も「チームBIIもオリジナル公演だからこその愛情がどんどん出てきて、いい公演になっていると思います」と語った。渋谷率いるチームMは、元々チームNが行っていた『誰かのために』公演を引き継いでいる。「Nさんが今日から9年前に、いちばん最初にやっていたものです。元々の映像を見るんですけど、そのときのアカリン(吉田朱里)さんとか、ヒョロヒョロやね(笑)」と和ませた。

選抜16名による「初恋至上主義」を経て、最後は全員集合して「母校へ帰れ!」を披露。『NMB48 2020 新春特別公演』を終えた。

これで終わりかと思いきや、再び、金子支配人がステージへ。「女性アイドル不毛の地と言われた大阪・なんばで9年間、育ててもらいました。ファンの皆さんの応援があってこそ」と感謝の言葉を口にした。そして、大阪・難波で育ててくれた地域の方に感謝の気持ちを込めてと、「Clean Up!Namba、NMB48 難波お掃除隊」を結成するとの発表があった。

2020年、10周年イヤーを迎えるNMB48。金子支配人は「過去最高規模の公演を目指します!」と宣言、まずは4月12日に行われる幕張メッセイベントホールでの公演を発表した。小嶋は「全員で春コンをするのは本当に久しぶりなので、うれしいです」と笑顔を見せた。また、昨年11月の誕生祭で「ガールズフェスをやりたい」と話していた吉田の夢をかなえるため、4月11日には同会場にて吉田朱里プロデュースのガールズフェス開催も決定! 「ガールズフェスでは自分らしいこともしたいですし、NMB48のメンバーの夢もかなえていきたい。必ず成功させてNBM48をさらに広めていきたいです!」と吉田、声を弾ませた。

続けて、7期生オーディションの募集も発表。募集期間は、1月1日〜2月7日の期間となる。村瀬紗英と渋谷は声を合わせて「NMB48のことが大好きで、ファンのことを大切にできる人に来てほしいです!」とアピールした。

最後に研究生昇格の発表も行われ、17名全員が各チームに昇格することが発表された。一人ひとりが昇格の喜びを語るなか、チームNに所属が決まった貞野遥香は「同期が先に昇格して悔しい思いをして、自分に何が足りないのか必死で考えてきたのですごくうれしいです」と声を震わせながら喜びを語った。また、チームMに所属することになった前田は「まさかチームMに昇格できるとは思いませんでした。チームMは個性豊かですが、昇格メンバーもどギツイ人ばかり(笑)。これからMCや表現力を鍛えて、チームMの名に恥じぬよう頑張りたいです」と意気込んだ。チームBIIに所属することになった横野すみれは「今日は最後までひとりだけ名前が呼ばれなかったので不安でした。7期生も入ってくるので、負けないように頑張りたいです」としっかりと前を向いた。なお、研究生昇格にともない『夢は逃げない公演』は1月31日を千秋楽とする。

研究生たちの喜びの声を受け、小嶋は「私たちも研究生から昇格して、研究生という肩書きがなくなったとたんに、今まで頼ってきたものとかすべてなくなって、先輩方と同じステージで勝負していかなくちゃいけないと感じて、今までにない戦いだと思いました。先輩方に腰が引けるのではなく、胸を張って堂々と頑張ってほしいと思います。負けじと来てほしいので正規メンバーである私たちもこの刺激を得て、切磋琢磨していきたいと思います」と結束力をさらに強固なものにすべく、声に力を込めた。

最後に、「NMB48になって9周年の節目に、こうしてメンバーみんなでステージに立たせていただいて、元日から足を運んでくださっていることに本当に感謝しています。ありがとうございます。AKB48シアターにならって、NMB48も毎年、柱にテープを貼らせていただいています。あっという間に9本で、次は10本目なんだなって改めて感じました。今年こそ本当に勝負の年だと、NMB48 にとっても大きな1年になると思います。2020年には京セラドームに立つという大きな目標を掲げているのですが、ここまで先輩方が積み上げてくださった歴史をしっかりと引き継いで、私たちが今までの集大成を京セラドームでお見せしたいと強く思っています。京セラドームはすごく高い目標だと分かっていますが、ファンの皆さんがどんなときも応援してくださっているので、皆さんの声を信じて、仲間を信じて、2020年も突き進んでいきたいと思います。これからも応援をよろしくお願いします!」と小嶋が代表して所信表明を行った。

10周年イヤーに向けて走りだしたNMB48。2020年も目が離せない!

(C)NMB48


ライブ情報

NMB48 Spring LIVE 2020(仮)
04/12(日)千葉・幕張メッセイベントホール

Girls Spirit Fes. 2020(仮) ※吉田朱里プロデュース
04/11(土) 千葉・幕張メッセイベントホール
出演:NMB48、他


リリース情報

2019.11.06 ON SALE
NMB48
SINGLE「初恋至上主義」


NMB48 OFFICIAL WEBSITE
http://nmb48.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人