イエモン、キャリア初のドームツアーが30周年目の結成記念日にスタート!「ドームツアーなんて夢のようです」

■1989年12月28日に、現メンバーで初めてライブを行ったイエモン。「今日は、THE YELLOW MONKEY30歳のバースデーになります」(吉井和哉)

THE YELLOW MONKEYが、バンド結成30周年を記念した初の東名阪ドームツアー『THE YELLOW MONKEY 30th Anniversary DOME TOUR』をナゴヤドームからスタートした。

キャリア最大規模となる全4公演のドームツアーの幕開けを飾ったこの日は、かつてTHE YELLOW MONKEYが1989年12月28日に現メンバーで初めてライブを行った記念すべき日でもある。

これまで12月28日には、企画ライブ『メカラ ウロコ』を不定期で開催してきたが、昨年でファイナルを迎えたということもあり、吉井和哉(vo&g)は、この公演に『蘇るメカラ ウロコ スペシャル』という裏タイトルを掲げているとコメント。通常のツアーとは一線を画す『メカラ ウロコ』のコンセプトも受け継いだこの日は、ツアーの初日限りのスペシャルな演出が用意されたほか、THE YELLOW MONKEYの歴史を彩ってきた名曲が数多く披露され、30年間の集大成と呼ぶにふさわしい一夜になった。

【ライブレポート】
ステージサイドまでお客さんで埋め尽くされた満員のナゴヤドーム。定刻、会場の電気が消えると、スクリーンで「1989.12.28」から「2019.12.28」までのカウントダウンがはじまった。

ステージに向かうメンバーがスクリーンに映し出され、菊地英昭(g)、廣瀬洋一(b)、菊地英二(ds)の3人が楽器をスタンバイ。

エマが奏でるギターを皮切りに、バラード曲「SECOND CRY」がはじまると、なんと吉井はフロアの中央に設置されたサブステージから姿を現した。ステージに美しい光が降り注ぐなか、吉井が圧巻の歌を届けると、「ロックスターになりたい!」という叫び声を合図に、パワフルなバンドサウンドが炸裂した「ROCK STAR」へ。続けて、ミラーボールが無数の光を放射した「SPARK」を畳みかけ、序盤からナゴヤドームは一気に最高潮の熱気に包まれていった。

「ドームツアー初日へようこそ。今日は、THE YELLOW MONKEY30歳のバースデーになります」。吉井の挨拶を挟み、今年、19年ぶりにリリースされたオリジナルアルバム『9999』から、いまやライブに欠かせないアンセムとなった「Balloon Balloon」、メンバーの演奏に呼応して、赤い閃光が激しくほとばしるスクリーン映像でも魅了した「球根」など、新旧楽曲を織り交ぜながらライブは進んだ。

中盤はメンバー全員がセンターステージへと移動。よりお客さんに近い距離で演奏できる喜びを伝えた吉井は、「名古屋と言えば、ドラゴン」ということで、『メカラ ウロコ』にかけて、「今日は勝手に“ドラゴンの逆鱗”というタイトルをつけてます(笑)」と、会場の笑いを誘った。

さらに、現メンバーで初めてライブを行ったのは1989年12月28日だったが、実はエマが正式メンバーになったのは、初ツアーで訪れた名古屋だったというエピソードを明かすと、「そんなエマが、最初にTHE YELLOW MONKEYに書き下ろした曲を」と紹介をして、インディーズ時代の楽曲「This Is For You」を披露。

そこからは、はじまりの曲「LOVERS ON BACKSTREET」、メジャーデビューアルバム(『THE NIGHT SNAILS AND PLASTIC BOOGIE (夜行性のかたつむり達とプラスチック のブギー)』)に収録された「Foxy Blue Love」、過去のライブ映像をスクリーンに映しながら届けた「SLEEPLESS IMAGINATION」から、再集結後にあらたな代表曲となった「I don’t know」へと、30年の道のりを振り返りながら、バンドの節目を彩った大切な楽曲を届けていった。

なかでも、「我々の代表曲かどうかわからないですけども、とても尖っていたときに、“この曲でシングルを出したい”と言った、スローテンポのロックンロールがあります」と、当時の強い想いを伝えて届けた名曲「JAM」では、会場からひときわ大きな歓声が湧き、盛大なシンガロングがナゴヤドームを包み込んだ。

センターステージの演奏を終えたメンバーが客席のあいだを縫って後方から退場すると、会場にはTHE YELLOW MONKEYの最初のデモ音源に収録されていたという未発表の音源「PENITENT」が流れ、これまでイエローモンキーが開催してきたライブの全公演リストがスクリーンに映し出された。そして、再びメンバーがステージに戻ると、総勢30人のチンドン屋さんを迎えたスペシャル編成で30周年記念ソング「DANDAN」を披露。

アニーのドラムが口火を切った「パンチドランカー」を挟み、吉井がカメラにキスをしたり、エマとの濃密な絡みを見せた「SUCK OF LIFE」では、「THE YELLOW MONKEY IS MY LIFE!」と力強く叫び、クライマックスに向けて会場の熱狂が加速していった。

ラスト1曲を残したところで、「ドームツアーなんて夢のようです」と伝えた吉井は、THE YELLOW MONKEYというバンド名について、「本来、欧米からやってきたロックというものを、日本人の心意気でやってみようじゃないかという気持ちで、このバンド名をつけました」と改めて説明。「当時は、周りの人にバカにされてたけど、自分はこのバンド名を誇りに思って活動してきました」と熱く語った。

さらに、THE YELLOW MONKEYの音楽について、「僕は、現実と、目に見えない何かを結ぶ懸け橋の部分を歌うのがロックだと思ってやってきた」と想いを語り、戦争や、浮かばれない想いを抱えた女性のことを歌ってきたというバンドの表現の在り方にも触れると、そんなバンドの神髄が詰まった2ndアルバム『EXPERIENCE MOVIE (未公開のエクスペリエンス・ムービー)』の収録曲「シルクスカーフに帽子のマダム」で、ライブ本編を締めくくった。雄大なバンドサウンドのなかで美しいファルセットが響きわたった深遠なフィナーレは、アニバーサリーの祝祭感だけではなく、30年間イエローモンキーが貫いてきたロックバンドとしての信念も感じられるものだった。

アンコールでは、メカラ ウロコでは恒例の「おそそブギウギ」をメンバー全員で歌うと、「バラ色の日々」では、エマが吉井の横にぴったりと寄り添ってプレイ。「ALRIGHT」では、吉井が、メンバー紹介しながら、一人ひとりに「30周年おめでとう!」と祝いの言葉をかけていくと、ヒーセもまた、吉井の名前を呼び、「30周年おめでとう!」と返した。

3時間を超えるライブを締めくくったのは、「悲しきASIAN BOY」。ステージにバンド名をかたどった電飾が現れ、4万人の大歓声がナゴヤドームを埋め尽くすと、「よいお年を! 来年もよろしく!」と言って、メンバーはステージをあとにした。

なお、『THE YELLOW MONKEY 30th Anniversary DOME TOUR』は、このあと、年明け2月11日、京セラドーム大阪、4月4日・5日、東京ドームの2デイズでファイナルを迎える。今回のツアーは、今年開催されたアリーナツアーと同じく、全公演まったく異なるセットリストで行われる。残り3公演では、初日とはまた違うイエローモンキーを見せてくれるはずだ。

TEXT BY 秦 理絵
PHOTO BY 横山マサト


リリース情報

2019.10.30 ON SALE
DIGITAL SINGLE「DANDAN」

2019.12.04 ON SALE
ALBUM『30th Anniversary『9999+1』-GRATEFUL SPOONFUL EDITION-』


ライブ情報

THE YELLOW MONKEY 30th Anniversary DOME TOUR
02/11(火・祝)大阪・京セラドーム大阪
04/04(土)東京・東京ドーム
04/05(日)東京・東京ドーム


THE YELLOW MONKEY OFFICIAL WEBSITE
https://theyellowmonkeysuper.jp/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人