M!LK、7人体制でのラストツアーを完走! 時間切れでマイクや照明がすべて落ちるなか、アカペラでステージを続行!

■M!LK、新体制でのアルバム『Juvenilizm-青春主義-』(読み:ジュブナイリズム)を3月11日にリリース!

M!LKが、12月28日、東京・渋谷ストリームホールにて、7人体制でのラストツアー『変幻自在、ズバッとM!LK』のファイナル公演を行った。

『変幻自在、ズバッとM!LK』は、セットリストも何も決まっていない中、セットリスト決めからライブ終わりまでの、制限時間60分が経過した瞬間に、マイクや照明がすべて落ちるという、シンプルかつ画期的なワンマンライブ。

この日は、「My Treasure」や「ERA」「テルネロファイター」などが選ばれたが、終盤の「Brave Saga」中に60分が経過し、照明などがすべてが落ちたが、これが7人で回る最後のツアー。ありったけの感謝を込めて、メンバーはファンと共にアカペラでパフォーマンスをやりきった。

■M!LK、新体制でのアルバムのリリースを発表!
1月31日に豊洲PIT行われる『7人7色〜Winding Road〜』をもって、メンバーの板垣瑞生と宮世琉弥の卒業がすでにアナウンスされているM!LK。そんなM!LKが、2020年3月11日に、新体制でのアルバムをリリースすることを発表した。

『Juvenilizm-青春主義-』(読み:ジュブナイリズム)という表記も意味もあらたに作られた造語のタイトルとなっており、聴き進んで行くと物語が進行していく「シネマティックアルバム」と銘打ったコンセプトアルバムになっているという。

7人体制でリリースされた楽曲はそのまま収録。すでに制作は最終段階に入っており、年明けから徐々に情報が解禁される。

【アルバム『Juvenilizm-青春主義-』について】
最新シングル「ERA」「かすかに君だった。」を含む3rdアルバム。聴き進んでいくとシームレスに物語が進んで行くコンセプトアルバム。

東京都〇〇市を舞台に、
思春期の葛藤から、出会い、別れ、青年期までの多彩な感情をレイヤーしていく起伏に富んだ楽曲、物語を紡いでゆく詞、色鮮やかに時を繋げて行くインタールード、時に耳を奪われるセリフ。
爽やかなアイドルらしさと、俳優の匂いが同居する「シネマティックアルバム」。
※〇〇市はコンセプトアルバム内の架空の都市の名前。


書籍情報

M!LKファッションBOOK『xxxNAKEDxxxx』
発売日:12月11日(水)
定価:2,400円+税
発行:小学館


リリース情報

2019.11.06 ON SALE
SINGLE「ERA」

2020.03.11 ON SALE
ALBUM『Juvenilizm-青春主義-』


ライブ情報

7人7色 〜Winding Road〜
01/31(金)東京・チームスマイル・豊洲PIT

M!LK SPRING LIVE TOUR 2020
04/05(日)北海道・Zepp Sapporo
04/11(土)大阪・Zepp Namba
04/12(日)愛知・Zepp Nagoya
04/19(日)福岡・Zepp Fukuoka
04/25(土)宮城・SENDAI GIGS
05/05(火・祝)東京・Zepp Tokyo
05/06(水・祝)東京・Zepp Tokyo


M!LK OFFICIAL WEBSITE
http://sd-milk.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人