菅田将暉、忘れらんねえよ史上最も美しい渾身作「なつみ」MVで圧巻の演技

■「僕は馬鹿だから、大切なひとに大切だと伝えることができませんでした。だから、歌にしました」(忘れらんねえよ・柴田隆浩)

結成10周年を記念して、“がんばれ柴田”をコンセプトに4つの大きなプロジェクトに挑戦している忘れらんねえよのニューアルバム『週刊青春』がついに発売となった。

2018年5月の梅津脱退を経て、2年ぶりとなる新生・忘れらんねえよ初のフルアルバムは、結成満10周年イヤーを飾る入魂作。形態は全2種で、通常盤のほか、ユニバーサルミュージックストア限定の完全受注限定生産で、柴田責任編集BOOK付CDのプレゼント盤も同時リリースされた。

そして、アルバムリリースに続いて『がんばれ柴田プロジェクト:新曲MV炎の3連続公開!』の第3弾として、アルバム収録曲「なつみ」のミュージックビデオが公開された。

これまでの2作(「だっせー恋ばっかしやがって」「あの娘に俺が分かってたまるか」)はバンドパフォーマンスを中心としたミュージックビデオだったが、今回はまさに1本の映画を観ているかのような作品となった。

監督は、一度見ると忘れられない映像でアイドルからパンクロックまで様々ジャンルのミュージックビデオを数多く手掛けている映像作家・スミス。そして、主人公役として今やテレビで見ない日はないとも言えるトップ俳優・菅田将暉が出演。

もともと忘れらんねえよが菅田に楽曲提供するといった、ミュージシャン同士として深い関係がある2人だが、この「なつみ」のMVを制作するにあたっては、柴田から菅田に「この曲の主人公を演じられるのは菅田さんしかいない」と直々に熱い想いをぶつけたことで菅田の出演が決まったという。

撮影現場では、休憩中に2人で差し入れの苺を頬張りながら、楽し気に話し込んでいる姿もあったが、いざ菅田出演のシーンの撮影となるとその場の空気ががらりと変わり、菅田の圧巻の演技を間近で見た柴田が、感動のあまり思わず涙を滲ませる場面も見られた。

“とにかく美しい映像作品にしたい”という想いを追及して作り上げられた今作は、観ているうちに息をするのを忘れてしまうほど、目を奪われる作品となっている。忘れらんねえよ史上最も美しい渾身作、「なつみ」のミュージックビデオをぜひチェックしよう。

■忘れらんねえよ コメント
僕は馬鹿だから、大切なひとに大切だと伝えることができませんでした。だから、歌にしました。
歌を作ったときに、映像が浮かびました。
静かに日々を暮らす、ひとりの男。彼は、ひどく心を傷つけている。それでも日々は、淡々と流れ過ぎていく。部屋には白い日差しが差している。生活は静かに、続いていく。
そんな映像を思い浮かべたとき、その中にいたのは、菅田さんでした。あの、瞳の奥になんとも言い難い、やさしさ、悲しさ、やるせなさ、それ以上の何か、を宿した菅田さんの姿が、そこにはありました。


リリース情報

2018.12.26 ON SALE
MINI ALBUM『あいつロングシュート決めてあの娘が歓声をあげてそのとき俺は家にいた』

2019.12.18 ON SALE
ALBUM+BOOK『週刊青春』


忘れらんねえよ OFFICIAL WEBSITE
http://www.office-augusta.com/wasureranneyo/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人