ナオト・インティライミ、約7万人を動員した全国ホールツアーを完走! ツアーファイナルのダイジェスト映像も公開

■「みんなもきっと挑戦したいことがあると思う。すぐに花は咲かないけど、でも前にさえ転がっていれば必ず花は咲く。本気でみんなと花咲かせたいと思ってます」(ナオト・インティライミ)

2010年4月7日にシングル「カーニバる?」でメジャーデビューし、デビュー10周年イヤーに突入したナオト・インティライミ。そんなナオトの、9月27日の千葉・市川市民会館 大ホールを皮切りにスタートした全国ツアーが、12月23日に鹿児島・鹿児島市民文化ホール 第一にてツアーファイナルを迎えた。

全公演チケットが即日完売した今回の全国ホールツアー『ナオト・インティライミ TOUR 2019 ~新しい時代の幕開けだ! バンダ、ダンサー、全部入り! 欲しかったんでしょ? この感じ!~』は、記念すべき10周年イヤーに突入したこともあり、デビュー曲「カーニバる?」はもちろん、先日オンエアされたフジテレビ系列『2019 FNS歌謡祭 第2夜』にて歌唱し、多くの反響を呼んだ最新曲「まんげつの夜」まで余すところなく多くの代表曲を披露。

ホールツアーとは思えないほどのセットが組まれた今回のツアーは、「ファイナル盛り上がろうぜ! Are you ready?」というナオトの掛け声とともに「The World is ours!」で幕明け。序盤から、ヒット曲「タカラモノ~この声がなくなるまで~」や「今のキミを忘れない」を披露し、会場のボルテージは一気に最高潮に達した。

その後、会場中から大きな声援を受ける中、ライブ中盤に披露された「同窓会」では、ライブでおなじみとなっているファンとのやりとりが行われ、会場が笑いに包まれたかと思えば、終盤には「未来へ」や最新曲「まんげつの夜」を披露し、会場中のファンがナオトの歌声に酔いしれた。

大きな声援を受けてアンコールに登場したナオトは、自身の世界デビューに触れたあと、「みんなもきっと挑戦したいことがあると思う。なかなか踏み出せないこともあるかもしれないけれど、一緒に花咲かせないか。すぐに花は咲かないけど、でも、前にさえ転がっていれば必ず花は咲く。いくつになっても遅くない。本気でみんなと花咲かせたいと思ってます。そんな自分への覚悟の歌であり、決意の歌であり、今日この時間この場所を選んでくれたみんなへのエールになったらいいな。そんな歌を贈りたいと思います。聴いてください」と楽曲に関するエピソードを述べ、力強く「花」を歌い上げた。

寂しさの残るなか、「ファイナル鹿児島、カーニバる?」という掛け声と共に、披露された「カーニバる?」では会場中がダンスフロア化。大きな盛り上がりを見せると、歌唱後はミュージシャン、ダンサーと共に何度もこの日集まった会場のファンに頭を下げ、「メリークリスマス! また会おうね!!」と告げ、名残惜しそうにステージをあとにした。

メジャーデビュー10周年イヤーに突入したナオト・インティライミは、来年2020年にどんな形で我々を喜ばせてくれるのか。今後のナオト・インティライミから目が離せない。

なお、ナオト・インティライミは、今年9月にNaoto名義でユニバーサルミュージックラテンより世界デビュー。デビュー曲となる「El Japones」は、すでに再生回数600万回を記録するなど、日本のみならず世界でも話題を集めている。
※Japonesの「e」は、アキュートアクセント付きが正式表記

あわせて、昨日のツアーダイジェスト映像がYouTubeにて解禁。ぜひこちらもチェックしてみよう。

PHOTO BY 内田遊帆

■『ナオト・インティライミ TOUR 2019 ~新しい時代の幕開けだ! バンダ、ダンサー、全部入り! 欲しかったんでしょ? この感じ!~』
2019年12月23日(月)鹿児島・鹿児島市民文化ホール 第一
<セットリスト>
01. The World is ours!
02. おまかせピーターパン
03. タカラモノ〜この声がなくなるまで〜
04. ありったけのLove Song
05. 今のキミを忘れない
06. セーフティーゾーン
07. LIFE
08. 同窓会
09. My Great Days
10. Brave
11. 未来へ
12. まんげつの夜
13. Shake! Shake! Shake!
14. 風マカセ
15. Yeah!
16. Ballooooon!!
【ENCORE】
17. 花
18. カーニバる?


リリース情報

2019.09.27 ON SALE
Naoto, Joey Montana
DIGITAL SINGLE「El Japones」


ナオト・インティライミ OFFICIAL WEBSITE
http://www.nananaoto.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人