ザ・コインロッカーズ、現体制でラストライブ!「正直、めちゃくちゃ悔しいけど、前を向かないといけない」(松本璃奈)

■「月が満月になってまた欠けていくように、人と人が出会っては別れていく。でも、全然ネガティブになる必要はなくて。私たちはこれから新しい月を探しにいくだけです」(ザ・コインロッカーズ 吉田桃)

秋元康がプロデュースするガールズバンドプロジェクト、ザ・コインロッカーズが、12月23日、東京・Zepp Tokyoにて、結成1周年を記念したワンマンライブ『ザ・コインロッカーズ 1st Anniversary LIVE』を開催した。

楽曲ごとにメンバーを選抜するザ・コインロッカーズは、2018年12月23日に無観客のZepp Tokyoで総勢39名でのバンド結成を発表。1年後の2019年12月23日にZepp Tokyoで開催されるワンマンライブのソールドアウトを目指して活動をスタートさせ、各メンバーのスキルチェックやレッスン、個人面談、アンサンブル練習を経て、6月19日に1stシングル「憂鬱な空が好きなんだ」でデビュー。リード曲「憂鬱な空が好きなんだ」を担当する選抜メンバー9名によって、同年5月に千葉・幕張メッセで行われた『Rakuten Girls Award 2019 SPRING/SUMMER』にオープニングアクトとして出演し、パフォーマンスを初披露した。

「憂鬱な空が好きなんだ」チームに加え、シングルのカップリングに収録された「月はどこへ行った?」「桜なんか嫌いだ」「歌いたくて歌いたくて」「最後の蝉」の演奏を担当する計5つのチームを結成。5月27日・28日に東京・下北沢ガレージで行われた初ライブを皮切りに、約150公演に及ぶライブツアー『SHOW CASE LIVE』を開始。秋からは担当楽器ごとにくじ引きをし、緑、黄、青、オレンジ、紫、赤の色別の6チームに分かれてのツアー第2弾が行われた。

結成以来、Zepp Tokyo公演のソールドアウトを目指して活動してきたが、本公演の約1週間前に公式サイトにて、プロジェクトの大幅リニューアルをアナウンス。発表が予定されていた新メンバーは該当なしとなり、2ndシングル選抜メンバーのお披露目も延期。リニューアル後のメンバーは13名となり、結成1周年記念ライブが、現メンバーでの最後のステージとなった。

ライブは、デビュー曲でボーカルを務め、39名をまとめるキャプテンに任命された松本璃奈(vo,ds)の「ついにやってきました、Zepp Tokyo! 私たちがザ・コインロッカーズです!」という雄叫びで幕を開けると、松本は早くも2曲目でボーカルからドラムへと移動。“憂鬱チーム”から“緑”チームへと鮮やかな変化を見せ、最初のMCでは松本から、この日のオープニングSEはメンバーのカヨン(eg,cho)が手がけ、この日の全員の衣装を戸谷奈桜実(ag,cho)がスタイリングしたことも明かされた。

続く“蝉”チームは、チャットモンチー「シャングリラ」を演奏しながら、一人ひとりがラップでメンバーを紹介し、“赤”チームは宇都宮未来(vo)と立花明音(ds,cho)がトランペットを披露。後藤理花(key)のピアノソロを挟み、ドラムレスの“桜”チームは、メンバー全員によるエモーショナルな歌と演奏で観客を熱狂させた。

そして、“青”チームは「憂鬱な空が好きなんだ」をアコースティックアレンジでしっとりと歌い、 “紫”チームは、菅野伊吹(vo,ag)、森ふた葉(ds)、手塚愛乃(eg,cho)のオリジナル曲をメドレーで展開。山岸詩(b)がYURI(b)と後藤が演奏する唱歌「さくら」をバックに、特技の日本舞踊をパフォーマンスした。

“月”チームの吉田桃(g)は現体制がこの日で最後となることに触れ、「人と人の出会いは月の満ち欠けのようやと思った。月が満月になってまた欠けていくように、人と人が出会っては別れていく。でも、全然ネガティブになる必要はなくて。私たちはこれから新しい月を探しにいくだけです。これから、皆さんもそれぞれの新しい月を探してください」と語りかけた。

フロアは、前向きながらも少し感傷的な雰囲気になったが、“黄色”チームが、山本朱莉(vo)のソロダンスと映画『ロッキー』のテーマ曲「アイ・オブ・ザ・タイガー」のギタープレイで一転させ、「歌いたくて歌いたくて」とAKB48「ヘビーローテーション」をマッシュアップ。“歌歌”チームは、レベッカ「フレンズ」や荒井由実「ルージュの伝言」、Hi-STANDARD「My First Kiss」などのカバーをメドレーで繋ぎ、メンバー紹介ではそれぞれがプレイヤーとしてのすご腕を見せつけた。

最後のブロックでは、10~11月のライブでの観客による投票結果をそのまま反映したメンバーで新曲を披露。青春パンク「コインロッカーの中身」を竹内月音(vo)がパワフルに歌い、「僕はしあわせなのか?」では、「最初にデモを聴いたときから歌いたかった」という船井美玖(vo)が切ない歌声を響かせた。そして、再び“選抜”チームであった“憂鬱”チームがステージに上がり、Emily(ag、cho)がイタリア語で弾き語る「月はどこへ行った?」から始まる既発曲のメドレーで本編は締めくくられた。

アンコールでは、担当楽器ごとにくじ引きを行う恒例のシャッフルバンドに続き、全員がステージ上がり、全メンバーで「憂鬱な空が好きなんだ」を熱唱。観客からも“ラララ”の大合唱が沸き起こる中、松本は涙を目に浮かべながらファンに感謝の気持ちを伝え、「正直、めちゃくちゃ悔しいけど、みんなが“今”に負けないように、これから先、それぞれの道に進んでいきます。寂しいけど、前を向かないといけないなと思います」と挨拶。メンバーは改めて、この1年間を支えてくれたファンに感謝の思いを伝えながら、名残惜しそうにステージをあとにした。

なお、ザ・コインロッカーズは、宇都宮未来、有働優菜、Emily、絹本夏海、後藤理花、下島輝星、田村愛美鈴、成澤愛実、HANNA、船井美玖、松本璃奈、森ふた葉、Яuuの13人で活動していく予定となっている。

■『ザ・コインロッカーズ 1st Anniversary LIVE』
2019年12月23日(月)東京・Zepp Tokyo
<セットリスト>
~OPENING SE~
01. 憂鬱な空が好きなんだ/憂鬱チーム
02. 最後の蝉/緑チーム
-MC-
03. 桜なんか嫌いだ ~メンバー紹介Ver.~/蝉チーム
04. 最後の蝉/蝉チーム
-MC-
05. 憂鬱な空が好きなんだ ~トランペットVer. ~/赤チーム
~Interval(Key演奏)~
06. 歌いたくて歌いたくて/桜チーム
07. 桜なんか嫌いだ/桜チーム
-MC-
08. 憂鬱な空が好きなんだ/青チーム
09. オリジナルソングメドレー/紫チーム
~Interval(日本舞踊)~
10. 桜なんか嫌いだ/月チーム
11. 月はどこに行った?/月チーム
~Interval(ダンス)~
12. 歌いたくて歌いたくて ~ヘビロテVer.~/黄色チーム
13. 最後の蝉 ~ロックMASH UP Ver.~/オレンジチーム
-MC-
14. カバーメドレー /歌歌チーム
15. 歌いたくて歌いたくて/歌歌チーム
-MC-
16. コインロッカーの中身/投票チームA
-MC-
17. 僕はしあわせなのか?/投票チームB)
-MC-
18. 憂鬱チームメドレー(1)/憂鬱チーム
19. 憂鬱チームメドレー(2)/憂鬱チーム
【ENCORE】
20 . 最後の蝉/シャッフルバンド)
-MC-
21. 憂鬱な空が好きなんだ ~Zepp Special Ver.~/メンバー全員


リリース情報

2019.06.19 ON SALE
SINGLE「憂鬱な空が好きなんだ」


ザ・コインロッカーズ OFFICIAL WEBSITE
https://thecoinlockers.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人