PENTAGON、キャリア初のワールドツアーが大阪で閉幕!「2020年も僕たちと一緒にいてください!好きやねん!!」

■「ついにPENTAGONが日本に戻ってきました!本当に会いたかったです」(フイ)

PENTAGONのワールドツアー『2019 PENTAGON WORLD TOUR<PRISM>』が本日12月21日、大阪・グランキューブ大阪にてファイナルを迎えた。

4月27日・28日の韓国・ソウルでの公演を皮切りにスタートした今回のツアーは、PENTAGONにとってはキャリア初となるワールドツアーとなっており、アメリカのニューヨークやイタリア、ドイツ、フランス、日本を含む計24公演が行われ、各公演のチケットが完売するなど世界中で話題になった。

ファイナルとなった大阪公演では、メンバーがステージに登場するや否や悲鳴にも近い歓声が会場中に響き渡り、日本人メンバー“ユウト”の「皆さん盛り上がっていきましょー!」の声とともに「SHA LA LA(Japanese ver.)」からスタート。

世界中をまわり成長を遂げたメンバーの息の合ったダンスと力強い歌声に、会場のボルテージは一気にヒートアップし、1曲目からファンを魅了した。

韓国デビュー曲「Gorilla(Japanese ver.)」のあと、リーダーのフイが「皆さん、こんばんは! お待たせしました! ついにPENTAGONが日本に戻ってきました! お元気でしたかー! 本当に会いたかったです」と口にし、シンウォンは「今日がワールドツアーの最後ですから、ライブが終わるまで皆さんも一緒に楽しんでください」とコメント。

また、ワールドツアーということもあり、「Havane」と「Uptown funk」をそれぞれのチームに分かれてカバー。普段見られないメンバーの一面に、ファンからは大きな拍手が贈られた。

ツアー中盤では、日本初パフォーマンスとなった「Lost Paradise」「Till…」を披露。終盤にはライブではおなじみとなっている「Fantasystic」や「Spring Snow(Japanese ver.)」で盛り上げた。

この日集まったファンとの記念撮影後、メンバーのキノは「PENTAGONの2019年を幸せにしてくれた23都市でのPRISMツアーが、今日の大阪公演で終わりになります。最後をこうして皆さんと一緒に過ごせて光栄です。PENTAGONが立ち止まらない理由は、ユニバースがいつも僕たちと一緒だからです。本当に感謝の1年でしたし、2020年も僕たちと一緒にいてください! 今日もいっぱい愛してます! 好きやねん!!」と感謝の言葉を述べ、ヒット曲「Naughty Boy」、「shine」を披露。本編が終了した。

大きな歓声を受けて登場したアンコールではファンの間ではおなじみの「Spectacular」をファンと共に歌い、世界を巡ったワールドツアーが大歓声の中、幕を下ろした。

PHOTO BY 日吉“JP”純平、ハヤシマコ

■「2019 PENTAGON WORLD TOUR<PRISM>」
2019年12月21日(土)大阪・グランキューブ大阪
<セットリスト>
01. SHA LA LA(Japanese ver.)
02. Gorilla(Japanese ver.)
03. Like This
04. RUNAWAY
05. Just do it yo!
06. Humph!
07. Havana(キノ/ジンホ/ホンソク/ヨウォン)
08. Uptown funk(フイ/ウソク/ユウト/シンウォン)
09. Critical Beauty
10. HAPPINESS
11. Can you feel it
12. When It Rains At Night
13. Beautiful
14. Lost Paradise(Hip Hop Unit)
15. Till…(Ballad Unit)
16. Fantasystic
17. Pretty Pretty
18. Spring Snow(Japanese ver.)
19. Naughty Boy
20. Shine
[ENCORE]
21. UP!UP!UP!(Japanese ver.)
22. Spectacular


リリース情報

2019.08.21 ON SALE
SINGLE「HAPPINESS / SHA LA LA」


「HAPPINESS / SHA LA LA」特設サイト
https://sp.universal-music.co.jp/pentagon/happiness/

PENTAGON OFFICIAL WEBSITE
http://pentagonfan.com/top/index


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人