6年ぶりに水着ショットやランジェリーカットにも挑戦!飯田里穂、20周年記念写真集『永遠と一瞬』発売

■「写真集のために半年かけて6キロ落としたので、今の年齢のなかでいちばんきれいな姿を撮っていただけたんじゃないかなと思います」(飯田里穂)

飯田里穂の写真集『飯田里穂 20th Anniversary PHOTOBOOK「永遠と一瞬」』(東京ニュース通信社)が12月20日に発売。これを記念したイベントが本日12月21日に東京・三省堂書店池袋本店にて開催された。

今回の写真集は、飯田里穂の芸能生活20周年を記念したプロジェクト「Riho Iida 20th Project」の第4弾。

発売記念会見で飯田は「20年も続くなんて思ってもみなかったので、驚いています。ありがたいことに良い出会いがたくさんあって、感謝にあふれた20年間でした」と今までの芸能生活を振り返った。

写真集は、9月の初めに行ったベトナム・ダナンでのロケを経て出来上がった渾身の一冊。撮影について感想を聞かれると、「アジアリゾートが大好きなので、ゆったりと有意義な時間を過ごしながら撮影させてもらいました。到着したその日に採寸して、ベトナムの民族衣装のアオザイを着て撮影をしたり、最終日はまるまるオフだったので、プライベートで初めてダナンを旅行したときに行けなかったところへ連れていってもらったり、お土産もたくさん買って帰って楽しかったです」と満喫した様子。

これまでにも数多くの写真集を発売してきた飯田だが、水着やランジェリー姿での撮影は実に6年ぶり。「本当に緊張しました」と照れ笑いを浮かべながらも、「女性からも男性からも『素敵だな』と思われるような体づくりをちゃんとしたいと思ったので、パーソナルトレーニングに通って積極的に運動をして、食事もいろいろ気を付けながら、ダイエットを頑張りました。写真集のために半年かけて6キロ落としたので、今の年齢のなかでいちばんきれいな姿を撮っていただけたんじゃないかなと思います」と自信を見せた。

さらに、「昔グラビアをやっていたから、またやったということではなくて、声優のお仕事をはじめる前の時間も私にとって大事な経験値になっているので、20年間応援してくれた人にも、新しく私のことを知ってくれた人にも、『飯田里穂はこういう人間なんだぞ』というのを今回の写真集で示したいと思いました」と、6年ぶりに挑戦するに至った思いを説明。「自分のヒストリーをしっかりさかのぼった意味のある一冊になりました」と笑顔でアピールした。

そんな記念すべき今作には、ファンに向けたうれしい仕掛けが。「小学生のときの写真集に、黄色いひよこのペットボトルケースが出てくるんですけど、今回スタイリストさんが再現したものを作ってくださって! 10数年ぶりにこれを持って撮影するなんて思わなかったです」とにっこり。「いちばん最初の写真集の表紙をイメージしたカットだったり、ほかにも昔の写真集をオマージュした写真があるので、『ちゃんと成長したんだな』と比べながら楽しんでもらいたいです」と声を弾ませた。

また、いちばんのお気に入りとして、「表紙候補に最後まで残っていた」という写真も披露。「もし同じシチュエーションで6年前に撮っていても、このなんともいえない表情はまだ私の中になかったと思うんです。今だからこそ撮れた一枚だと思うので、買ってくださったみ皆さんに見てもらいたくて、あえて表紙じゃなくて中に入れました」と裏話を明かし、「昔は“明るく真っすぐ”というのが写真集のテーマにあって、私も何も考えずにその場の楽しい雰囲気で撮ることを大事にしていました。でも今回は、きれいな体で挑みたいとか、皆さんに見てもらいたいポイントを入れたりとか、内側のことも考えるようになったところが大人になったかなと思います。そういうのが表情にも表れているんじゃないでしょうか」とはにかんだ。

そして、テレビ『天才てれびくん』(NHK)で共演したTIMのゴルゴ松本&レッド吉田との対談が掲載されていることも話題に。「いつか絶対に『天てれ』以外の現場でTIMさんとお仕事をするというのが私の目標だったので、まさかこんな形で叶うとは思っていなかったです。15年ぶりにお会いして、もう感激でした。最初に3人で撮影したカットは、顔がちょっと引きつるくらい緊張してしまったんですけれど、お話しているうちに、どんどん小学生のときにタイムスリップしているような感じがしました。TIMさんから見た当時の私とか、子どもだった私には見えていなかったことを聞けてすごく貴重な時間でした」と振り返った。

さらに、アニメ『ラブライブ!』で共演した南條愛乃との対談については、「南條さんには、声優として大変なことやくじけそうになったときにアドバイスをもらって、声優のお仕事が楽しいと思うようになったきっかけをくれた方です。『ラブライブ!』のお仕事が落ち着いて、会う機会も前より減ってしまったこのタイミングで、出会ったときのことやお互いについて喋れたのも嬉しかったですし、こういう時間を過ごしてきたなと思い出して、温かい気持ちになりました」とコメントした。

最後に飯田は「この20年間はすごくあっという間で、あと何年で20年だとか、数えながら一生懸命やってきたというより、自然な時間の流れとともに成長して、出会いや別れを経験しながら、やらせてもらってきました。30周年を迎えたとき、『30年やってます』と胸を張って言えるようなパフォーマンスや質量のお仕事をしていきたいと思っています」と、これからの目標を語った。

「次に水着で撮影するのも30周年?」と記者から問われると、「え~、どう思います? お求めの声があればやるかもしれないですね(笑)。20代の最後と、30代とでは魅力や見せ方も違うのかなと思うので、30代を迎えたら考えたいですね。やるのかやらなのかはまだ秘密です!」と笑顔を見せた。


書籍情報

『飯田里穂 20th Anniversary PHOTOBOOK「永遠と一瞬」』
発売日:2019年12月20日(金) ※一部、発売日が異なる地域がございます
定価:本体3,000円+税
撮影:藤本和典
発売元:東京ニュース通信社


リリース情報

2019.12.04 ON SALE
ALBUM『20th Anniversary Album -rippihylosophy-』


TOKYO NEWS magazine&mook
https://zasshi.tv/

飯田里穂 公式Twitter(@rippialoha)
https://twitter.com/rippialoha

飯田里穂 OFFICIAL WEBSITE
https://iida-riho.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人