マライア・キャリー「恋人たちのクリスマス」が、発売から25年目にして初の全米シングルチャート1位を獲得

■マライア・キャリーの「恋人たちのクリスマス」は、発売から1位になるまで最も時間のかかった楽曲に!

マライア・キャリーの大ヒット曲「恋人たちのクリスマス」が、発売から25年を経てついに全米シングルチャート初の1位を獲得した。

発売から1位になるまで最も時間のかかった楽曲であり、同チャートでホリデー・ソングがチャート首位を獲得するのは史上初。これによりマライアは全米シングル・チャート1位獲得数が19曲となり、ソロアーティストとしては最多記録を達成した。

また最も1位を獲得した、バンドを含むアーティストでは2位にランクイン(1位はザ・ビートルズで、2位はエルヴィス・プレスリーとマライアが同列)。また女性のシンガーソングライター、および女性のプロデューサーとして最も1位を獲得したアーティストとなった。

マライア・キャリーの「恋人たちのクリスマス」は、毎年冬になると、日本を含め世界中の街中を彩る黄金ソング。ホリデーソングとして、全米シングルチャート最高位を獲得した楽曲として、今年3度目のギネス登録の認定が発表されたばかりだ(※2018年12月にSpotify上24時間で最もストリーミングされた曲として、また全英シングル・チャートで最も多い20週間トップ10入りしたクリスマス・ソングの2つで過去にギネス認定済)。

世界中ではもちろん、ここ日本でも1994年秋に放映され、大反響を呼んだTVドラマ『29歳のクリスマス』の主題歌に採用され、280万枚の大ヒットを記録。同曲を収録した1998年発売のベスト・アルバム『#1’s』(邦題:The Ones)は、日本国内だけで360万枚という“洋楽史上最多セールス”を記録し、その記録は未だ誰にもやぶられていない。マライアは、文字どおり“洋楽No.1女性アーティスト”として君臨し続けている。

また先日「恋人たちのクリスマス」発売25周年を記念して、1996年の初来日公演のライブ映像がYouTubeにて初公開。赤いミニワンピースを身に纏った、25歳当時の初々しいマライアが、日本のファンへ「サンキュー、トウキョウ!」といった呼びかけのほか、楽曲の最後に「サヨナラ」というワードを歌に盛り込むというアレンジを披露している貴重なライヴ映像として話題となっている。

いよいよ来週はクリスマス本番。世紀の大ヒット曲の誕生から25周年を記念したスペシャルデラックス盤『メリー・クリスマス〜25th Anniversary Edition〜』が、豪華2枚組仕様で絶賛発売中。

1996年の初来日公演時にアンコールで披露されたライブ音源「恋人たちのクリスマス (Live at The Tokyo Dome)」は国内盤のみボーナストラックとして収録されており、日本のファンにとってうれしいサプライズも詰まっ最高のクリスマスプレゼントとなっている。


リリース情報

2019.11.01 ON SALE
ALBUM『メリー・クリスマス~25th Anniversary Edition~』


マライア・キャリー 日本公式サイト
https://www.sonymusic.co.jp/artist/MariahCarey/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人