新田真剣佑×北村匠海W主演、映画『サヨナラまでの30分』より劇中バンド“ECHOLL”による「もう二度と」MV公開

■1年前に死んだ人気ミュージシャンのアキ(新田真剣佑)。颯太(北村匠海)がたまたま拾ったアキが遺したカセットテープが再生されるたった30分だけ、アキは颯太の体を借りて入れ替わることができる――。

『ちはやふる』にて日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、『十二人の死にたい子どもたち』『カイジ ファイナルゲーム』などその確かな演技力で話題作への出演が絶えない俳優・新田真剣佑と、同じく『君の膵臓をたべたい』にて日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、『君は月夜に光り輝く』などで若者の絶大な支持を受け、ダンスロックバンド、DISH//のボーカル&ギターとして幅広い活躍を魅せる北村匠海のW主演で贈る、完全オリジナル映画『サヨナラまでの30分』が、2020年1月24日に公開となる。

「お前だけなんだよ、俺が見えてんの。お願い、ちょっと体貸して」。アキが遺したカセットテープを再生する30分間、ふたりはひとつの体をシェアする。新田真剣佑が演じるのは、一年前に死んだ、バンドボーカルのアキ。北村匠海が演じるのは、人と関わる事が苦手で就職活動も失敗ばかりの大学生の颯太。そんな出会うはずのないふたりを結び付けたのは、颯太がたまたま拾ったアキが遺したカセットテープ。このカセットテープが再生されるたった30分だけ、アキは颯太の体を借りて入れ替わることができる。アキは颯太の体を借りて、もう一度仲間と音楽をやるために、そしてバンドメンバーで恋人・カナの笑顔を取り戻すために奔走! しかし、次第にふたりが入れ替われる時間は短くなっていき……。“サヨナラ”がくれた僕たちの“はじまり”の物語。切ない想いが重なり合いキセキを起こす、青春音楽ラブストーリーが誕生する。

主人公アキを演じる新田真剣佑と颯太を演じる北村匠海がW主演を務め、カナ役の久保田紗友、ヤマケン役の葉山奨之、重田役の上杉柊平、森役の清原 翔というフレッシュなキャストが脇を固める『サヨナラまでの30分』 。青春音楽ラブストーリーである本作にとって欠かせない“音楽”のパートは、andropの内澤崇仁が音楽プロデューサーを務めた。

そしてこのたび、劇中バンド“ECHOLL”が大切な人へ贈るラブソング「もう二度と」ミュージックビデオ ショートバージョンが解禁された。

1年前に死んだ人気ミュージシャンのアキが、恋人のカナに向けて贈った自身のバンド、ECHOLLのラブソング「もう二度と」。明るく物怖じしないアキとは正反対の、人付き合いが苦手な就活生の颯太が、偶然拾ったアキが遺したカセットテープを再生する30分間、ふたりは入れ替わってひとつの体を共有する。本作のメガホンをとった萩原健太郎監督が手掛けた本映像は、そんなアキ、颯太、そしてカナの3人それぞれがひとつのカセットテープをきっかけにして重なり、揺れる想いを交錯させる姿を映し出したエモーショナルな映像に仕上がっている。

颯太の体を借りて再びステージの上でカナへの想いを綴った曲を儚げに歌うアキの姿が、過去のアキとバンドメンバーのライブシーンと次第にシンクロし、力強い歌声と共に熱を帯びていく。そんな劇中シーンを中心に映し出される初公開映像には、つねに前向きなアキが、アキを失ったことでバンドメンバーからも距離をおき、独りぼっちになったカナを想って涙を流す姿、アキを忘れられずにつらい想いをつのらせるカナをぐっと引き寄せ抱きしめる颯太、さらにはアキとカナの学生時代の青春のひとときも。

「“サヨナラ”がくれた、僕たちの“はじまり”の物語」。劇中ではこの曲が流れるシーンをきっかけに、3人の恋愛模様が動き出す大事なリード曲にもなっており、ますます本編の期待が高まるミュージックビデオとなっている。

さらに、劇中のバンドメンバーによるECHOLL オフィシャルTwitterも本日よりスタート。こちらも要チェックだ。


映画情報

『サヨナラまでの30分』
2020年1月24日(金)全国ロードショー
出演:新田真剣佑 北村匠海
久保田紗友 葉山奨之 上杉柊平 清原翔
監督:萩原健太郎
脚本:大島里美
企画・プロデュース:井手陽子
音楽プロデューサー:内澤崇仁、安井 輝
制作・配給:アスミック・エース
(C)2020『サヨナラまでの30分』製作委員会


ECHOLL OFFICIAL Twitter
https://twitter.com/ECHOLL_official

映画『サヨナラまでの30分』作品サイト
http://sayonara-30min.com/

androp OFFICIAL WEBSITE
http://www.androp.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人