LiSA、『SAO』生ライブSP特番で歌唱中に感極まり涙!

2019.12.16

■「(LiSAの限界まで振り絞る歌い方)は、いまの『SAO』のカラーを作っている」(『SAO』シリーズ原作者・川原礫)

AbemaTV「Abemaアニメ2チャンネル」にて、12月10日20時より、特別番組『「unlasting」発売前夜LiSA×SAO 生ライブ SP 特番 in AbemaTV』が生配信された。

本放送には、放送の翌日である12月11日に16枚目のシングル「unlasting」のリリースを控えたLiSAと、放送当日の12月10日に最新刊が発売となった『ソードアート・オンライン』シリーズの原作者である川原礫、 アニメプロデューサーの丹羽将が出演し、進行役の鷲崎健とともにLiSAと『ソードアー ト・オンライン』との繋がりや互いが受けた影響について語ったほか、LiSAによる新曲「unlasting」と、『ソードアート・オンラインII』(第18話〜第24話)のエンディングテーマである「シルシ」の生ライブも行われた。

【番組レポート】
LiSAの16枚目のシングル「unlasting」と『ソードアート・オンライン』(以下『SAO』)シリーズ最新刊の発売を記念した本放送には、LiSAをはじめ、『SAO』シリーズの原作者である川原礫、アニメ『SAO アリシゼーション』プロデューサーである丹羽将己が生出演。LiSAと『SAO』シリーズの関わりについて語った。

LiSAはアニメ『SAO』《アインクラッド》編(第1期・第1話〜第14話)のオープニングテーマである「crossing field」を作ったときのことを振り返り、「まだ映像がなく原作を読みながらイメージを膨らませる必要があった」「『SAO』はゲームの世界だけど人間ドラマが描かれていて、自分の言葉や想いを重ねやすかった」とコメント。

対する川原は、LiSAの限界まで振り絞る歌い方と『SAO』に重なるものを感じており、「いまのソード(『SAO』)のカラーを作っている」と語り、また、膨大な仕事を抱えていた時期にLiSAのアルバム『LANDSPACE』に収録されている「逆光オーケストラ」が心の支えになっていたことを告白し、『SAO』シリーズとLiSAとの強い繋がりが明らかになった。

また、最新シングル「unlasting」がエンディングテーマとして流れているアニメ『ソードアート・オン ライン アリシゼーション War of Underworld』では、LiSAの歌の雰囲気や質感を意識し、特に“湿度感”や“光量”にこだわって、歌の雰囲気とエンディング映像が重なるよう作られていることが明らかに。実写と見間違えるほどの森の情景が、すべて CG であることが明かされると、LiSAも川原も制作スタッフのこだわりに驚きの声をあげていた。

そして、放送の後半ではLiSAが新曲「unlasting」と、LiSAがいちばん印象深いと語っていた <マザーズ・ロザリオ>編(『SAOII』第18話〜第24話)のエンディングテーマである「シルシ」のライブを披露。感情がこみあげたLiSAから思わず涙がこぼれる場面も。まさに心と魂を込めた熱唱は大きな感動を呼び、川原や丹羽の目にも涙が浮かんだ。また視聴者からも、

「本当に心を打たれた」
「感動しました」
「最高すぎて、感涙しました」

と多数のコメントが寄せられた。

なお、「AbemaTV」では、LiSAの「unlasting」がエンディングテーマとなっているアニメ『ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld』を地上波同時配信中。過去のエピソードや『SAO』シリーズの各作品も「Abema ビデオ」で配信中だ。

(C)2017 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/SAO-A Project


リリース情報

2019.12.11 ON SALE
SINGLE「unlasting」


「unlasting」フル配信プリオーダーURL
https://LiSA.lnk.to/a3rAw

『ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld』番組サイト
https://sao-alicization.net/

LiSA OFFICIAL WEBSITE
https://www.lxixsxa.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人