お正月ムード満点! ドラマ『義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル』キービジュアル解禁

■キービジュアルには、亡くなった際に“良一ロス”がネットを駆け巡った、みゆき(上白石萌歌)の父にして亜希子(綾瀬はるか)の夫・良一(竹野内豊)の姿も!

TBSで1月2日に放送される『義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル』のキービジュアルが完成。あわせて武田鉄矢がゲストとして出演することも明らかになった。

『義母と娘のブルース』は、桜沢鈴による同名4コマ漫画を原作に、2018年7月クールに火曜ドラマ枠で放送。今回のスペシャル版は、連続ドラマで描かれた物語の1年後を、ドラマオリジナルストーリーで描く。

主演の綾瀬はるかをはじめ、佐藤健、上白石萌歌、井之脇海、浅利陽介、浅野和之、麻生祐未ら連続ドラマのレギュラーキャストが今作でも顔を揃え、連続ドラマの中で病気で亡くなった亜希子の夫・宮本良一を演じた竹野内豊も出演する。

そして、スペシャル版のゲストとして武田鉄矢の出演が決定。俳優デビュー作となった映画『幸福の黄色いハンカチ』(1977年)で日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞。その後も『金八先生』シリーズをはじめとする数々の名作ドラマや映画に出演、圧倒的な存在感を見せている武田が今作で演じるのは、大阪の大手コンサルタント会社に勤める宮本亜希子(綾瀬はるか)が担当するクライアント「ゴルディック」の社長・山本勘九郎。今作のストーリーに大きな影響を及ぼす重要な役どころだ。

さらに、コンサル会社の亜希子のボス役に、ミュージカルなどの舞台からドラマ、映画、ナレーションと幅広い活躍を見せる橋本さとし、亜希子の義理の娘・みゆき(上白石萌歌)が大学で所属している企業サークルの先輩・桜向日葵役には、幼い頃から子役として数々のドラマや映画、CMに出演し、先日20歳を迎えた吉川愛が決定。個性豊かな実力派俳優陣がドラマをさらに盛り上げる。

また、このたび解禁となったキービジュアルは 『謹賀新年スペシャル』と銘打たれているように、令和初のお正月らしさを盛り込んだビジュアルになっている。昨年の連続ドラマでは、みゆきの父であり、亜希子の夫の良一(竹野内豊)が亡くなった際に、“良一ロス”が、SNSを中心にネットで大きな話題となったが、今回のビジュアルにはしっかりと良一も登場している。このビジュアルは、2020年1月2日の放送までに様々な場所で展開される。

そのひとつとして、「亜希子さんからの年賀状が届く」スペシャル企画の開催が決定。TBS公式LINEアカウントを友だち登録し、ドラマ公式Twitter(@gibomusu__tbs)でツイートされる「合言葉」をTBS公式LINEアカウント宛にメッセージを入力すると、抽選で1万名の自宅に、令和初の元旦に合わせて、亜希子さんからの年賀状が届き、年賀状には今回のキービジュアルが使用される。応募締切は12月18日24時。ふるって応募しよう。

また、レギュラードラマ時に行われた、名刺アプリ「Eight」とのコラボ企画も実施。今回は亜希子さんがあらたな会社に就職し、名刺も一新。ぜひ亜希子さんと名刺交換をしよう。


番組情報

TBS『義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル』
2020年
01/02(木)21:00~

[出演者]
綾瀬はるか
竹野内 豊
佐藤 健

上白石萌歌
井之脇 海
横溝菜帆

武田鉄矢

橋本さとし
吉川 愛

奥貫 薫
谷口翔太
宇梶剛士

浅利陽介
浅野和之
麻生祐未


『義母と娘のブルース』番組サイト
https://www.tbs.co.jp/gibomusu_blues/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人