『レコチョク年間ランキング 2019』発表! 米津玄師が、初の2年連続で二冠達成

■レコチョクが、『レコチョク年間ランキング 2019』と『レコチョク年間サブスクランキング 2019』を発表!

株式会社レコチョクが、本日12月6日、『レコチョク年間ランキング 2019』『レコチョク年間サブスクランキング 2019』(集計期間:2018年12月1日〜2019年11月30日)を発表した。

『レコチョク年間ランキング 2019』はレコチョクが提供するダウンロードサービスの総ダウンロード数をもとにしたランキング。また、『レコチョク年間サブスクランキング 2019』は、レコチョクが提供する定額制(サブスクリプション)ストリーミング配信サービスの再生回数をもとにしたランキングで、本年上半期から発表が開始された。

デジタル配信は、いつでも、どこでも、楽しめることから、ランキングはトレンドを反映しやすく、また、SNSでの拡散などでロングヒット化しやすい傾向にある。今年も2018年下半期から2019年にかけて話題になったTVCM、TVドラマの主題歌や関連楽曲多数が上位にランクインした。

【ダウンロード部門『レコチョク年間ランキング2019』】
レコチョクランキング1位 「Lemon」米津玄師
アーティストランキング1位 米津玄師
アルバムランキング1位 『MAGIC』backnumber
新人アーティストランキング1位 milet
洋楽ランキング1位「I Was Born To Love You」 QUEEN
ハイレゾシングルランキング1位 「紅蓮華」LiSA
ハイレゾアルバムランキング1位 『Eye of the Storm』ONE OK ROCK
集計期間:2018年12月1日〜2019年11月30日

【ストリーミング部門『レコチョク年間サブスクランキング2019』】
アーティストランキング1位 あいみょん
再生回数ランキング1位 「マリーゴールド」あいみょん
新人アーティストランキング1位 milet
洋楽ランキング1位「ボヘミアン・ラプソディ」 QUEEN
集計期間:2018年12月1日〜2019年11月30日

『レコチョク年間ランキング2019』サイトではトップ50を公開中。RecMusicでは、『レコチョク年間サブスクランキング2019』の各ランキングを20位まで公開、プレイリストで展開している。

■米津玄師コメント
とても光栄です。この曲を作ったのが遠い昔のことのような気分でいます。これからも続くであろう長い人生の中で、このような得難い経験をさせてもらったことに感謝の気持ちでいっぱいです。

■清水依与吏(back number)コメント
ありがとうございます。バンドのキャリアはアルバム単位で語られることが多いですし、それは自分たちで振り返るときも同じです。なので最新アルバムを評価してもらえることは何よりもうれしいですし、新しいものを作り出すエネルギーに直結します。さらに良いものを作っていく自信があるので、ご期待いただけると幸いです。

■milet コメント
このたび『レコチョク年間ランキング新人アーティストランキング』1位、『レコチョク年間サブスクランキング新人アーティストランキング』1位を受賞でき、とてもうれしく思います。3月にデビューし、4枚のEPをリリースすることができ、いろんな曲でたくさんの方々に私の曲を知っていただくことができました。そして音楽を通して誰かの人生に関われることの幸せを知りました。これからも誰かひとりにでも寄り添える歌を歌っていきたいと思います。私のことを見つけ、曲を聴いてくださった皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。

■あいみょん コメント
『レコチョク年間サブスクランキング』で「再生回数ランキング」1位、そして「アーティストランキング」1位、本当にありがとうございます。自分の歌がこんなにも聴いていただけていると思うと、本当に音楽を作っていて良かったですし、うれしいです。甘えてしまいそうになりますが、この結果を大切に、まだまだ作ります。よろしくお願いします。


『レコチョク年間サブスクランキング2019』アーティストランキング」
http://recochoku.com/recmusic_2019artist/

『レコチョク年間サブスクランキング』再生回数ランキング
http://recochoku.com/recmusic_2019/

『レコチョク年間ランキング2019』公式サイト
https://recochoku.jp/special/100835/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人