21時開始となったMステはどんなリニューアルがなされているのか。11月の放送3回を観て「やっぱり……」

知らない人はいないであろう音楽番組『ミュージックステーション』を、音楽ブロガー・レジーが定点観測する連載コラム「月刊 レジーのMステ定点観測」。

[前編]では椎名林檎と小沢健二の話題についてお届けしましたが、[後編]では面白いだけではなくてカッコ良さもある、こんな人たちの話題からどうぞ。

 

 

ジェニーハイ、木梨憲武:芸人と音楽の関係性

[前編]で取り上げた小沢健二が90年代において大活躍した背景としてダウンタウンの番組『HEY!HEY!HEY!』にてそのユニークなキャラクターが広く知られるようになったことがありますが、同番組から浜田雅功と小室哲哉によるユニットH Jungle with t が大ヒットを飛ばしたように、いつの時代も“お笑い”と“音楽”はエンターテインメントとして非常に近い場所にあります。11月のMステでもそんな蜜月の関係が伝わってくるようなステージがあったので紹介したいと思います。

11月22日のMステに出演したジェニーハイは、小籔千豊と野性爆弾・くっきー!が所属するユニット。元々テレビ番組の企画として結成されましたが、ボーカルにtricotの中嶋イッキュウ、ギターに川谷絵音、キーボードに例の佐村河内氏との騒動で話題となった新垣 隆をメンバーに迎えており、音楽面に関しては“本気”としか言いようのない陣容。

それゆえに芸人ふたりの演奏レベルが気になるところですが、そんな不安を払しょくするかのようにこの日はバンドとしてのステージの前に小藪のドラムとくっきー!のベースによるセッションを披露。

小藪は「レッスン、レッスン、スタジオ、スタジオ。ジェニーハイを始めて飲みに行く回数が減った」とコメントしていましたが、彼らもプロのミュージシャンと対等にやり合うべく努力していることがよくわかります。

この日パフォーマンスされたのはアルバム『ジェニーハイストーリー』にも収録されている「シャミナミ」と「ジェニーハイラプソディー」。バンドサウンドのなかに流麗なピアノがアクセントを添える前者とダンサブルなビートに5人がコミカルな振り付けで応える後者でサウンドのテイストはまったく異なるものの、ナンセンスさと切なさが入り混じった言葉遣いや絶妙に湿ったメロディなど、“川谷絵音印”のサウンドプロダクションは例によって健在。この先“企画もの”を越えた展開があるのかどうか注目していきたいと思います。

11月29日のMステに出演したのが、久しぶりの登場となったとんねるずの木梨憲武。この日はソロとして「GG STAND UP!! feat. 松本孝弘」を披露しました。

アフロヘアにサングラスの派手な風貌に対してタモリから突っ込まれると「70年代の音楽を追求したらこうなっちゃった」とおどけていたノリさんですが、その後のステージでは曲途中からアーティスト席に乱入しての賑やかなパフォーマンスを披露。直前に出番を終えていたPerfumeと彼女たちの新曲「再生」の振り付けで一緒に盛り上がるなど、まさにエンターテイナーという感じの姿を見せてくれました。

ちなみに、テレビ朝日の公式の告知では「矢島美容室として2010年2月の出演以来約9年ぶりのMステとなる木梨憲武」となっていました。たしか矢島美容室のメンバーのマーガレット・カメリア・ヤジマは“木梨憲武と偶然似ている”という設定だった気がしますが、もう昔の話なのでその辺の厳密さは不要なんでしょうか……。

 

 

10月と同じくふたつの顔を見せるMステ

先月の当連載にて「21時スタートになったことによる評価はまだわからない、なぜなら10月の2回の放送の内容が違いすぎるから」ということを書いたのですが、11月の3回のMステを観てもこの感想は変わっていません。

今月取り上げたアーティストのステージはそれぞれ“今放送されるべきもの”だったように感じた一方で、11月29日のMステは三浦祐太朗の山口百恵曲のカバーから始まってから『アナと雪の女王2』に関するカラオケ企画やゲスト出演していた神木隆之介と浜辺美波を中心としたトークなどがダラダラと続き、この日最初の“最新曲の生パフォーマンス”となるPerfume「再生」のステージが始まるころには実に20分が経過していました。

また、ホームページ上の過去楽曲リストには今回のリニューアルの売りである“視聴者投票によって決まる歌唱曲”がなんだったのか記載されていないなど、“日本の音楽シーンのアーカイブ”としての価値があるこの番組の取り組みとしては微妙に不完全な状態が続いています。

“バラエティ番組化”が加速していたリニューアル前のMステの状況を踏まえて現在のMステについて目を向けると、「意外としっかり音楽番組をやってくれている!」という気持ちと「やっぱりそうなっちゃうのか……」という気持ちが交互に生まれてきます。ぜひとも前者の感想だけになるような内容に落ち着いてほしいところなんですが……。

次回のMステは12月13日。また、今年は恒例の『スーパーライブ』が秋に放送されなかった長尺生放送の『ウルトラフェス』と合体して『ウルトラスーパーライブ』として11時間放送されることも発表になりました。初の試み、どんな形で着地するのか楽しみです。それでは来月もよろしくお願いします!

TEXT BY レジー(音楽ブロガー/ライター)

 

【2019年11月8日放送分 出演アーティスト】
[ALEXANDROS]「ワタリドリ」「あまりにも素敵な夜だから」
東京スカパラダイスオーケストラ×習志野高校吹奏楽部「風のプロフィール」
小沢健二「彗星」
E-girls「Easy come, Easy go」
Kis-My-Ft2「Edge of Days」

【2019年11月22日放送分 出演アーティスト】
Toshl「真夏の夜の夢」&視聴者生投票で名曲カバー!
TWICE「Fake & True」
heysayjump「獣と薔薇」
GENERATIONS from EXILE TRIBE「DREAMERS」「One in a Million -奇跡の夜に-」
山崎まさよし × 北村匠海「影踏み」
映画『アナと雪の女王2』公開当日!名曲特集 May J.、武内駿輔、中元みずきが「レット・イット・ゴー ~ありのままで~」からTV初歌唱の最新曲「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」を披露
椎名林檎「正しい街」
ジェニーハイ「シャミナミ」
秦 基博「Raspberry Lover」

【2019年11月29日放送分 出演アーティスト】
三浦祐太朗「さよならの向う側」
Perfume「再生」神木隆之介と浜辺美波が応援に駆け付ける!
木梨憲武「GG STAND UP!! feat. 松本孝弘」
中元みずき「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」
関ジャニ∞「友よ」47都道府県でツアー中の関ジャニ∞が九州から特別な形で出演!
三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE「冬空」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人