藤井フミヤ、ソロ初のライブハウスツアーでチェッカーズの名曲披露!「君たちの青春時代を思い出しながら聴いてください」

■「若い頃の歌は疲れるな」(藤井フミヤ)

藤井フミヤが11月30日、東京・豊洲PITにてライブを開催した。

これは11月2日の仙台PITを皮切りに始まった、藤井フミヤのソロとしては初めての7都市16公演のライブハウスツアーの一環。大阪、札幌、広島、福岡での公演を経て、ツアーの折り返し点となる東京の初日だ。

18時の定刻になり、オープニングSEが会場内に響きわたるなか、メンバーがゆっくりとステージに登場。フミヤの「Hello!」をきっかけに、ずっしりとした重量感のあるサウンドが一斉に火を吹きパフォーマンスがスタート。

ツアーに帯同するKOOL HEAT BEAT CLUB BANDは、これまで数々のライブやレコーディングに参加し、今やフミヤの盟友でもある有賀啓雄(バンドマスター/b)と、屋敷豪太(ds)、斎藤有太(key)に加え、大儀見元(per)、真壁陽平(g)の5人編成。有賀啓雄と屋敷豪太のリズム隊が重厚でタフなリズムを刻み、斎藤のキーボード、真壁のギターに大儀見のパーカッションが重なっていく。

時には静かに淡々と、時にはすさまじいまでの破壊力をもった轟音、時にグルーヴ感全開で会場を横に揺らす。緩急自在に演奏するのは豪腕揃いのメンバーだからこそなせる技。そんな安定感をもったバンドと共に、低音からファルセットまで、実に気持ちよさそうに、かつ楽しそうに歌うフミヤが印象的であった。全幅の信頼を置いている姿勢がステージから伝わった。

自身のコンサートはホール開催が多いフミヤにとって、ライブハウスツアーはソロになって初めて。ファンにとっても座席がないオールスタンディングスタイルは慣れない環境だ。これには「みんなの足腰を鍛える、私からの愛情に過ぎません!」とライブハウス開催に至った経緯を話し場内を和ませる。

この日のセットリストは、デビューアルバムに収録された「TRUE LOVE」や「女神(エロス)」から、7月にリリースされた22枚目のアルバム『フジイロック』収録曲までと、まさに藤井フミヤソロワークスの集大成。またキーボードの斎藤有太が書いた「同じ雨」や、有賀啓雄との共作曲「Endless Snow」といった2006年に結成したTHE RAWGUNSのナンバー、屋敷豪太と共作した「Crystal Blood」(EQUAL/2002収録)と、KOOL HEAT BEAT CLUB BANDのメンバーが関わった曲も披露され、バンドとの結束の固さをうかがわせる。

さらに「君たちの青春時代を思い出しながら聴いてください!」と「ミセス マーメイド」を始め次々と畳み込まれるチェッカーズナンバーに、会場から悲鳴にも似た歓声が上がり続ける。なかには涙ぐむ観客もいるほどで、場内はこれ以上にないぐらいの大盛り上がり。このリアクションに、フミヤも大奮闘して応える。一連のバンド時代のナンバーを歌い終え、エキサイトした会場を見回しながら「(フ〜っとひと息つき)若い頃の歌は疲れるな」とつぶやいて、会場からさらなる喝采を浴びていた。

この日のパフォーマンスは、ロック、ソウルにファンク、R&Bと様々なサウンドに彩られたが、全編を通して根底に刻まれていたのは“ROCK”のスピリットだ。オープニングBGMにはザ・ストラングラーズの「96 TEARS」、クロージングにはザ・クラッシュの「Rudie Can’t Fail」が流されていた。いずれも70年に勃発したパンクムーブメントを支えた英国のバンドだ。この選曲こそが、藤井フミヤのこのツアーにかける矜持だろう。


リリース情報

2019.07.10 ON SALE
ALBUM『フジイロック』


藤井フミヤ OFFICIAL WEBSITE
http://www.fumiyafujii.net/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人