細野晴臣、50周年特別公演&音楽バラエティショー『イエローマジックショー3』からなる2DAYS公演が大盛況

■2日目公演『イエローマジックショー3』では、「家族コント」やものまねコーナー、そして細野晴臣×高橋幸宏×坂本龍一の“YMO”メンバーが豪華競演!

今年、デビュー50周年を迎え、国内外からその評価が改めて高まっている日本音楽界の至宝、細野晴臣。ベスト盤発売、展覧会の開催、ドキュメンタリー映画の公開など、様々な形で50周年を記念する催しが行われたが、その締めくくりともいえるライブイベントが11月30日、12月1日の2日間にわたって、東京・東京国際フォーラム ホールAで開催された。

■11月30日
1日目はおなじみのバンドを従え、『50周年特別公演』と銘打たれたライブ。1曲目は「銀河鉄道の夜 エンド・テーマ」からというなんとも幻想的な始まり。曲の後半で、細野がそろりそろりとステージに登場すると、会場は割れんばかりの拍手の波に包まれた。

近年のライブの中心を占めている古き良きアメリカ音楽のカバー、自身の曲のブギアレンジなどをはじめとして、デビュー当初から、近年の作品まで実にバランスのよい選曲で細野ワールド全開のグッドミュージックを届けた。

途中、ミラーボールの登場とともに「Angel On My Shoulder」「I’m A Fool To Care」の2曲が演奏された“チークタイム”、さらに注目の女性シンガーソングライター、Reiがゲスト参加した「Pistol Packin’ Mama」などの趣向も凝らされ、あっという間の至福のステージとなった。

50周年にもわたるキャリアの中で、実に様々なジャンルの音楽を縦横無尽に繰り広げてきた細野だが、こうやって改めてライブで聴くと、やはり大きなひとつの筋が通っているように感じられる。

ドキュメンタリー映画『No Smoking』では、「自分がつくる音楽なんかは今はどうでもいい。昔のいい音楽を残していきたいという思いがいちばん」と語っていた細野。「自分がつくる音楽なんかは」のくだりはもちろん謙遜だろうが、細野が「残していくべきと思っている音楽」の粋がそこにはあった。

■12月1日
そして迎えた2日目は、趣向をガラッと変え、音楽バラエティショー『イエローマジックショー3』が繰り広げられた。今までに、NHKで2回放送されて人気を博した、細野を中心とした音楽バラエティ番組『イエローマジックショー』の3回目を、今回は生のステージでやろうという企画だ。こちらも1日目同様、とても特別な夜となった。

細野に加え、高橋幸宏、宮沢りえ、水原希子、安部勇磨(never young beach)が出演し、星野源も映像で参加した「家族コント」。清水ミチコ、清水イチロウ姉弟による、ものまねコーナー、さらに、ロッチ、水原佑果、豊崎愛生、小山田圭吾、U-zhaan、Little Glee Monsterといった面々も加わった学園コントなど、盛りだくさんの内容の間に、細野バンドによる演奏が入るのだから、これ以上ないエンターテインメントだったと言えるだろう。

そしてなんと言っても、ハイライトは細野晴臣、高橋幸宏、坂本龍一の3人によるコーナー。コント『噛み合わない会話』では、坂本龍一が映像で出演し、その映像に合わせて3人が文字どおり噛み合わない会話を繰り広げる様子が、爆笑を誘った。そしてその後、坂本の演奏映像に合わせて、細野、高橋が今度はバッチリ噛み合った演奏を披露すると会場のボルテージは最高潮に達した。

細野晴臣50周年を記念した豪華な祝宴は、こうして2日間にわたって行われ大盛況のうちに幕を閉じた。この2日間をはじめ、今年行われた様々な50周年関連の催しものを通して、改めて、細野晴臣という偉大なミュージシャンの魅力が、あらゆる角度から浮き彫りになった。

1日目のMCで、高齢であることを自虐的に語りながらも、最後には「実は元気です」と力強く言っていた細野。まだまだ、日本音楽界のため、いや世界音楽界のために精力的に活動してくれることを期待しよう。

なお、11月30日公演の模様は、2020年1月2日にWOWOWで、12月1日公演の模様はNHK BSプレミアム、NHK BS4Kで近日放送予定となっている。


リリース情報

2019.09.25 ON SALE
ALBUM『HOSONO HARUOMI compiled by HOSHINO GEN』

2019.09.25 ON SALE
ALBUM『HOSONO HARUOMI compiled by OYAMADA KEIGO』

2019.09.25 ON SALE
LP『万引き家族(オリジナル・サウンドトラック)』


細野晴臣 OFFICIAL WEBSITE
http://hosonoharuomi.jp


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人