片寄涼太×橋本環奈、理想のデートを語る。「おしゃれなレストランに行きたいです」(片寄)「うわぁ、行きそう(笑)」(橋本)

■橋本環奈は“電子書籍”のヘビーユーザー!「電子書籍で読んで面白いなと思った作品は、作者に対しての敬意としてコミックスを全巻買っています」

総合電子書籍ストア『BookLive!』が、映画『午前0時、キスしに来てよ』(12月6日公開)でW主演を務めた、片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)と橋本環奈のふたりにインタビューを実施。

真面目ながら密かに王子様との恋に憧れる”ムッツリ系”女子高生の花澤日奈々と、アイドルグループから俳優に転身したスーパースター・綾瀬楓の、”一見ありえない格差恋愛”を描いた『午前0時、キスしに来てよ』。『別冊フレンド』(講談社)で連載中のみきもと凜の原作をもとにした本映画で、片寄涼太は楓を、橋本環奈は日奈々を演じている。

インタビューでは、作品の魅力はもちろん、片寄の「関西出身でノリがいい」、橋本の「実は漫画が大好きで、電子書籍もヘビーユーザー」という意外な一面や、「2人の理想のデート」など、プライベートにも迫っている。

■インタビュー内容(一部)
――映画のなかでは、ふたりの恋愛模様をはじめ、非常に見どころが多いですが、それぞれいちばんお気に入りのシーンを教えてください。
片寄涼太:気に入っているのは、遊園地のシーンですね。最後、帰り際に、夜の遊園地で日奈々と楓が歩きながら“とつとつと”話しているシーンが特に好きです。日奈々はある悩みを抱えているのですが、実は楓にも似たような境遇のつらい過去があるんですよ。だから日奈々の気持ちをわかってあげられる楓がいて、そのときに日奈々のことを思いやって言うセリフがいいんですよね。
橋本環奈:私はずばり「マスク越しのキス」ですね。スーパースターだからこそ大きなマスクで顔を隠している楓が、一般の女子高生相手にマスクをしたままキスをするシーン。「この作品ならではだな」と思いますし、ほかの映画でもこのシチュエーションはなかなかないのでは。最初カメラさんは寄って撮っていたんですけど、最終的にはちょっと引いて、通行人が映るようにしているんですね。それによって、周りに大勢の人がいるなかでキスしているっていう……、よりドキドキ感があるシーンになっています。

――やっぱりおふたりとも、楓と日奈々のデートシーンなんですね。それではおふたりそれぞれ、ご自身の考える理想のデートを教えていただけますか?
橋本環奈:うーん、理想のデートですか。家でまったり! ですかね。
片寄涼太:おー、インドアスタイル!
橋本環奈:インドアスタイルです(笑)。基本的に私自身はアウトドア派でどんどん外に出ていくタイプなんで、デートは逆にインドアで、家で映画を観たり……。
片寄涼太:(橋本に向かってヒソヒソ声で)電子書籍でマンガを読んだり……。
橋本環奈:あと電子書籍でマンガを読んだりとか……って、言わされました!(笑)あの、ひとつ言っていいですか? ふたりで一緒にいるのに、電子書籍でお互いマンガを読むデートって、あまり良くないんじゃありません?
片寄涼太:落ち着いた関係でいいじゃない。
橋本環奈:ちょっと熟年夫婦的なノリの気もしますけど……。

――片寄さんは、ふたりでマンガを見るデートが理想ということでよろしいですか?
片寄涼太:僕は違います。
橋本環奈:違うんですか(笑)!
片寄涼太:僕は普通に食事をしたいですね。
橋本環奈:(人に言わせといて……)外で?
片寄涼太:そう、外で。おしゃれなレストランに行きたいです。
橋本環奈:うわぁ、行きそう(笑)。
片寄涼太:デートしてみたいなって。
橋本環奈:予約とかしてね!

(中略)

――それではこのサイト、『BookLive!』や、電子書籍に関する質問を。
橋本環奈:『BookLive!』、お世話になっています! 今もスマホの中にアプリが入っていますよ。
片寄涼太:進行系?
橋本環奈:そう、現在進行形。マンガアプリは、たくさんの種類をスマホの中に入れています。

――では橋本さん、実際に利用されているということで、電子書籍のよさを教えてもらえますか?
橋本環奈:私、もともとコミックスもたくさん持っているんです。コミックスを持っているものもあれば、電子書籍とコミックス、両方持っている作品も! 『0キス』(『午前0時、キスしに来てよ』の略称)に関しては、どっちも持っています。で、それぞれに良さがありますけど、電子書籍は、サクサクって移動中でも手軽に読めて、とにかくたくさんのマンガを読めるところが好きですね。ひとつのタブレットやスマホに、何十冊も入っているわけじゃないですか。
片寄涼太:これCMくるな。
橋本環奈:(笑)当然、車や電車でも読めるじゃないですか、そこが魅力ですね。でも電子書籍ってその代わり、絵が細かく読めない気がするんです。どれだけ拡大したとしても、「紙質」までは再現できない。だから電子書籍で読んで面白いなと思った作品は、作者に対しての敬意としてコミックスを全巻買っています!
片寄涼太:勉強になります。

――片寄さんは電子書籍についてどう思いますか?
片寄涼太:僕は電子書籍自体、実はあまり利用したことがなくて。あ、でも雑誌を電子書籍で見たことがあります。やっぱり便利さはいちばんの魅力ですね。僕は普段本を持ち歩くのですが、重くてかさばることもないんだろうし、そういう意味では憧れますね。
橋本環奈:アプリ、(スマホやタブレットに)入れたほうがいいですよ。『BookLive!』はマンガだけではなくて、雑誌とかも読めますからおすすめです。


映画情報

『午前o時、キスしに来てよ』
12月6日(金)全国公開
原作:みきもと凜『午前0時、キスしに来てよ』(講談社『別冊フレンド』連載)
出演:片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE) 橋本環奈
眞栄田郷敦 八木アリサ 岡崎紗絵 鈴木勝大 酒井若菜 遠藤憲一
監督:新城毅彦
脚本:大北はるか
主題歌:「One in a Million -奇跡の夜に-」GENERATIONS from EXILE TRIBE
配給:松竹
(C)2019映画『午前0時、キスしに来てよ』製作委員会


リリース情報

2019.11.21 ON SALE
GENERATIONS from EXILE TRIBE
ALBUM『SHONEN CHRONICLE』


インタビュー全文はこちら
https://booklive.jp/bkmr/0kiss_interview

『BookLive!』キャンペーンの詳細はこちら
https://booklive.jp/feature/index/id/cp2019112920

総合電子書籍ストア『BookLive!』
https://booklive.jp/

総合電子書籍ストア『BookLive!』公式Twitter
https://twitter.com/BookLive_PR

映画『午前0時、キスしに来てよ』作品サイト
0kiss.jp

GENERATIONS from EXILE TRIBE OFFICIAL WEBSITE
https://m.tribe-m.jp/artist/index/37


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人