見どころは、総力戦の“超合体ダンス”! 吉本坂46、若手メンバー<RED>が魅せる「不能ではいられない」MV解禁

■「アイドルをやっているなぁと実感できました」(池田直人)、「アクロバティックな動きにもに注目してほしいです」(小寺真理)

吉本坂46の3rdシングル「不能ではいられない」(12月25日発売)のミュージックビデオが解禁となった。今作は“時間を止めるキス”というテーマのもと、ダンスが得意な若手メンバーが中心のチーム、REDが激しくダンスを繰り広げる作品となっている。

ジェンダーフリーなカップルが集まるナイトクラブという設定の中、性差にとらわれない様々な愛が交錯する空間内で、メンバーは彼らの背中を押すように歌い、踊る。艶やかな雰囲気とキレの良いダンスシーンの対比が、観る者を飽きさせない。

そして、今回も注目のREDのダンスは、総力戦の“超合体ダンス”。全員の力がひとつにまとまるユニゾン、密集して支えあって作る合体のサビ、そして間奏の部分もメンバーが一斉に動きを合わせることで、見ごたえのある作品に仕上がっている。器械体操の経験者の光永が冒頭にメンバーふたりを乗り越えてのハイジャンプするシーン、世界的なダンサーであるA-NON、SHUHOが矢倉で超高層手振りダンスをするシーン、タナカシングルの体が水車のように回転するシーンなどアクロバティックな要素も満載だ。

振り付けは、吉本坂46の表題曲のすべてを担当するTAKAHIRO。今回は、ダンスの得意なREDとあって、かなり高速の動きの中に一体感を醸し出す振り付けとなった。

Wセンターのひとり、池田直人(レインボー)は、「こんなに楽しい撮影になるとは思っていなくて、アイドルをやっているなぁと実感できました。ダンスもかなりキレキレに見え、ライブでお客さんと一緒に盛り上がれること間違いないです」とコメント。

また、同じくWセンターの小寺真理(新喜劇)は「タイトなスケジュールの中でのレッスンではあったものの、ダンスに集中してパフォーマンスしました。また、アクロバティックな動きにもに注目してほしいです。そしてライブでもあれと同じことをやるというところに期待してください」と年末のワンマンライブへの期待が高まる発言も。

このWセンターを中心としたREDが、吉本坂46をさらに加速させることは間違さそうだ。


リリース情報

2019.12.25 ON SALE
SINGLE「不能ではいられない」


吉本坂46 OFFICIAL WEBSITE
http://yoshimotozaka46.com/


[映像盤/CD+DVD]

[通常盤A/CD]

[通常盤B/CD]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人