嵐・松本潤、ヘアケアブランド“ジュレーム”の新TVCMで世界中を旅する冒険家に

■舞台は広大な塩原! しかし、実際はブルーバックを使った合成映像。「(塩原や塩湖に)行きたかったなぁ……」(嵐・松本潤)

コーセーコスメポートのヘアケアブランド“ジュレーム”から、スキンケア発想の高付加価値ライン“ジュレーム アミノ シュープリーム”が誕生。12月上旬より、嵐の松本潤を起用した新TVCM『ジュレームシュープリーム 発見エクトイン』篇が全国でオンエア開始される。

新TVCM『ジュレーム シュープリーム 発見エクトイン』篇では、世界中を脈する冒険家に扮した松本が、過酷な環境の中で知ることとなる注目のアミノ酸「エクトイン」の保湿力と補修力を、美しい映像と共に伝えていく。

■CMストーリー
世界中を脈する冒険家(松本)がたどり着いたのは、広大な塩原。強い紫外線、極度の乾燥、高塩濃度……。この過酷な環境の中、ザクザクと塩の結晶を踏みしめながらさらに歩を進めると、ひとりの女性の姿が。雲が沸き起こり、ひび割れた塩原は湿り気を帯び、みるみるうちに水で満たされていく。潤った大地は鏡のように美しく天空を映し、女性の艶やかな髪が水面を渡る緩やかな風にたなびいて輝く……。

その幻想的な世界の中で冒険家は、保水・補修型アミノ酸「エクトイン」の存在を知る。保水力に加え、毛髪補修力があることが発見された「エクトイン」を、初めて(※)ヘアケアに応用し、ダメージも乾燥もまとめて一気にケアする“ジュレーム アミノ シュープリーム”。ダメージやバサつきに悩む女性たちの髪を、“ジュレーム アミノ シュープリーム”が、史上最高峰(※)のうるおい感・ツヤ感・まとまり・指通りを兼ね揃えた至福の髪へと導く。
※ジュレーム内

■撮影レポート
◇リアリティを追求して……

「よろしくお願いします!」とスタジオ入りした松本。さっそく監督と撮影の打合せに入る。そのなかで、松本演じる冒険家の塩原を歩くシーンが、ブルーバックを使った合成映像になることを説明されると「(塩原や塩湖に)行きたかったなぁ……」と残念がる松本。しかし“ジュレーム アミノ シュープリーム”が“ジュレーム”史上最高峰のシャンプーであることから、「史上最高峰を撮らせてください!」と監督から話があると、気を取り直し、「どんどん行こう!」と元気にスタッフに声をかけて撮影がスタートした。

「(歩くのは)どのくらいのスピード感ですか?」「(塩原の)暑さは?」と、ロケーションをよりリアルに再現しようと一生懸命の松本。乾いた塩原の上を進みながら手にした水筒から水を飲むシーンでは、勢い余って口元から大胆に水がこほれてしまうハプニングが。その様子にもスタッフからは「リアル!」と声が上がり、逆に松本は苦笑いを浮かべていた。ビショビショになってしまったシャツを拭きながら、「(この冒険家は)汗をかいているんだよ!」と松本。思わぬ形でリアル度を増したCM撮影を終え、「仕上がりを楽しみにしています!」と元気よくスタジオをあとにした。

◇松本潤史上最高峰! と思った体験とは?
撮影を終えた松本に、“ジュレーム アミノ シュープリーム”が“ジュレーム”史上最高峰のシャンプーであることにちなんで、「松本潤史上最高峰の体験は?」と買問。すると「(年始に行ったプライベートの旅行で)初めて氷河の中に入ったんですよ! これは、僕の人生史上最高峰の冒険でした。とても良い体験でした」と松本。さらに「自分が普段生活している環境とはあまりにも違うので、あの景色を観られたことはとても良かったです。何万年も前の氷が溶け始めている現状とか、それが崩れて流れていく様子とか、そういった時間の流れがロマンチックに感じられました。自分が生きてきた36年という年月はすごく短いんだなぁとも感じました。ステキな時間でしたね」と熱く語った。

新TVCM『ジュレーム シュープリーム 発見エクトイン』篇のロケーションとして設定された塩原や塩湖の絶景。ブルーバックでの合成映像ではなく「行きたかったなぁ……」と本当に残念がっていた松本の言葉には、こうした“史上最高峰”の体験があったからなのだった。


リリース情報

2019.11.03 ON SALE

DIGITAL SINGLE「Turning Up」


ARASHI-Johnny’s net
https://www.johnnys-net.jp/page?artist=10&id=artistTop

嵐~ARASHI~ オフィシャルサイト / J Storm 公式
https://www.j-storm.co.jp/arashi

“ジュレーム”ブランドサイト
http://www.je-laime.com/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人