大阪・アメリカ村“三角公園”が大パニック! 山本彩、地元フリーライブに3,000人のファンが殺到

■あまりの盛り上がりに、4曲予定のフリーライブが3曲で終了する事態に!

11月20日に、小林武史がプロデュースした3rdシングル「追憶の光」をリリースした山本彩。iTunes やレコチョクなど、主要配信サイトでランキング2位を記録、好調なチャートアクションを見せている。

そして、この作品のリリースを記念したフリーライブが11月24日、山本彩の地元である大阪にて開催された。

本番直前には、本人のインスタグラムで控室から会場までの移動車の中より、生配信が行われ、その放送中にフリーライブの開催地がアメリカ村・三角公園であることを発表。直前の告知にも関わらず、約3,000人のファンが集結し、会場の熱量は始まる前からMAX状態に!

開演時刻の15時30分になると、ゆっくりとスクリーンが上がり、ステージ上には山本彩が登場。会場は想像を超える歓声に包まれ、フリーライブはスタートした。

1曲目は11月20日発売のニューシングル「追憶の光」を披露。山本彩の優しい歌声が会場を包み、この時期にピッタリの冬ソングは、ファンにとって少し早めのクリスマスプレゼントになった。

2曲目は、2017年発売の2ndアルバム『identity』に収録されている「喝采」。ライブ映えするアッパーな曲に、会場全体は一気にひとつに。大歓声と同時にファンたちは大きく右手を突き上げた。

そして最後の楽曲は、12月25日に発売となるニューアルバム『α』の中から大木伸夫(ACIDMAN)プロデュースの新曲「TRUE BLUE」。杜の都・仙台で開催される、大学女子の駅伝日本一決定戦『第37回全日本大学女子駅伝』、そして12月8日に開催
される『2020東京五輪』の女子マラソン日本代表選考レースでもある『第5回さいたま国際マラソン』日本テレビ系の女子陸上中継を盛り上げる応援ソングとして決定している。

そんな最新曲を熱唱し、フリーライブに集まった3,000人近くの人たちの心がひとつになり最高の盛り上げを見せた。

当初は4曲を予定していたが、その想定以上の会場の熱気を受けて会場側から判断が下り、フリーライブは3曲で終了。

終演後、本人は「最初は集まるのかとても不安でしたが、ビジョンが空いてステージからの景色が想像以上で本当に感謝しています」とコメントした。

あっという間の15分前後のフリーライブではあったが、ファンの熱量と山本彩のファンに対する思いがひとつになった、本当に素晴らしいライブになり、公演がすべて終了しても山本彩コールが会場を埋め尽くしていた。

12月25日にリリースを控えるニューアルバム『α』に、ますます期待が高まる。

PHOTO BY UNIVERAL SIGMA


リリース情報

2019.10.16 ON SALE
DVD&Blu-ray『山本彩 LIVE TOUR 2019 〜I’m ready〜』

2019.11.20 ON SALE
SINGLE「追憶の光」

2019.12.25 ON SALE
ALBUM『α』


山本彩 ニューアルバム『α』スペシャルサイト
https://sp.universal-music.co.jp/yamamoto-sayaka/alpha/

山本彩 OFFICIAL WEBSITE
http://yamamotosayaka.jp/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人