ジェニーハイ、メンバー全員出演の合同取材会を生配信!「こんなにメンバーのスケジュールが合わないバンドもない」(川谷絵音)

■「がっきー(=新垣隆)はめっちゃいい人やけど、ラップなかなか覚えへんのと、声ちっちゃいのだけはなんとかしてほしい」(小籔千豊)

11月22日、ジェニーハイがメンバー全員出演の合同取材会を東京・ホテルニューオータニで開催、同時に生配信も行われた。これは来週27日発売の1stフルアルバム『ジェニーハイストーリー』の発売に伴うもので、それぞれ多忙なメンバーが全員揃って質問に答える、貴重な機会となった。

開始予定時刻の13時になると、山里亮太と蒼井優の結婚記者会見でも話題となった司会のGAG宮戸洋行による挨拶から会見がスタート。バンドの紹介VTRが流れ、川谷絵音、中嶋イッキュウ(tricot)、新垣隆、くっきー!、小籔千豊が揃いの「がっきーTシャツ」でステージに登壇すると、「ここでさっそくお知らせがあるとのことです」との振りがあり、BiSHのアイナ・ジ・エンドと共演した「不便な可愛げ」を今夜24時にデジタル配信、さらには27日に六本木ヒルズアリーナで行われるフリーライブにもアイナ・ジ・エンドが参加することが発表された。

ここからはインタビュアーとして、株式会社ロッキング・オン・ジャパンの小柳大輔氏を迎え、公開インタビューがスタート。「1stアルバムはどんな作品になりましたか?」という質問には、川谷が「こんなにメンバーのスケジュールが合わないバンドもない。それぞれ別の日に録音したから、普段の10倍くらい制作費かかったんじゃないかな?」と笑わせ、小籔は「曲が難しくて、新曲が届くたびに背筋が凍りました。努力の結晶なので、ぜひ聴いてほしい」と苦労を語る。

「レコーディングを振り返ってください」という質問には、くっきー!が「プラモデルとは違う楽しさがある。完成した曲が動き出すので、ガンプラというよりゾイド」、新垣は「普段はクラシックや現代音楽をやっているので、まだポップスの身体にはなれないけど、でも楽しかった」、イッキュウは「自分のバンドは自分の思い描いてるものが正解だけど、ジェニーハイはそれを超えようと思って、改めて自分の歌と向き合った」と、それぞれがらしい回答をしていく。

アルバムの収録曲にラップが多いことに話が及ぶと、川谷が「『ジェニーハイのテーマ』を作って、スイッチが入った。アルバムにも『ジェニーハイラプソディー』が入っていて、自己紹介の曲は何度作っても飽きない」と話すも、新垣が「キーボードは楽しいけど、ラップは大変」と困惑。小籔が「がっきーはめっちゃいい人やけど、ラップなかなか覚えへんのと、声ちっちゃいのだけはなんとかしてほしい」と話し、会場が笑いに包まれる場面も。

アルバムの最後に収録されたバラード「まるで幸せ」に関しては、川谷が「普段は悲しい曲ばっかり作ってて、友達の結婚式で歌える自分の曲がなかったから作った。真面目すぎて笑っちゃうくらいのどストレートなラブソングだけど、本気でやってることが伝わると思う」と真剣に語り、目標に掲げていた『ミュージックステーション』の出演に関しては、小籔が「もともと番組の企画で始まったけど、やるならちゃんとやらな寒いと思った。『ミュージックステーション』は現実味のない目標だったけど、まさかこんなに早くかなうとは」と、驚きと喜びを語った。

最後に今後の目標について聞かれると、小籔とイッキュウは「できるだけ長く続けたい」、新垣は「ラップが上手くなりたい」、くっきー!は「P(川谷)が疲れたときは僕が曲を作る。印税がほしいわけじゃない」と回答し、最後に川谷が「今はまだ色眼鏡で見てる人もいるかもしれないけど、来年はもっとちゃんとバンドとして見られたい」と、改めてバンドに対する本気度を感じさせた。

記者会見の後半では質疑応答が行われ、最後はメンバー全員でのフォトセッション。小籔が「ひょんなことから始まりましたけど、死ぬほど真面目にやってます。ワンマンツアーもやりたいですし、2回目の『ミュージックステーション』にも出れるように、今後もよろしくお願いいたします」と挨拶をして、記者会見を締め括った。

会見の模様は、YouTubeにてライブ配信の模様がアーカイブ公開されているの、ぜひチェックしてみよう。


リリース情報

2019.11.23 ON SALE
DIGITAL SINGLE「不便な可愛げ feat アイナ・ジ・エンド(BiSH)

2019.11.27 ON SALE
ALBUM『ジェニーハイストーリー』


ジェニーハイ 1stフルアルバム合同取材会動画
https://youtu.be/cdQuu2Wn6ho

ジェニーハイ OFFICIAL WEBSITE
genie-high.com


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人