向井太一が持つ“強さ”の理由に勇気づけられた芦沢ムネト【イラストLIVEレポート】

フテネコの生みの親・芦沢ムネトによる、イラストLIVEレポート。今回は、シンガーソングライター・向井太一の『ONE MAN TOUR 2019 -SAVAGE-』ツアーファイナルへ。オーディエンスが踊り、時に聴き入り、そして歓喜した“観る者を表情豊かにさせるライブ”の中心に立つ、向井太一のすごさとは?

【イラストLIVEレポート】
向井太一

ONE MAN TOUR 2019 -SAVAGE-
2019.11.14@Zepp Tokyo


向井太一は暗闇を照らす灯火

向井太一くんの『ONE MAN TOUR 2019 -SAVAGE-』のツアーファイナル。「Dying Young」から始まりまして、めちゃくちゃきれいな声プラス……暗い照明の中ひとりで出てきて歌ったんですけど、例えるならロウソクみたいな、暗闇でポワンと灯る炎だなって。ちょっとか弱そうに見えるんだけど、この灯火は芯が強くて絶対に消えない。実はめっちゃ強い、みたいな印象を持ちました。そのぐらい一気に“向井太一の歌”に引き込まれましたね。

 

向井太一の声+最強バックバンド

バックバンドがすごいんです。村田シゲ(b)さん、Mop of HeadのGeorge(key、machine、g)さんとSatoshi(ds)さんという布陣なんですよ。音がめちゃくちゃきれい! 同期と生音のバランスがとてつもなく良くて、本当に気持ち良い。ボーカルの音もすごくクリアでした!

 

気持ち良く泳ぐ

向井くんのライブを観ていると、向井くん自身もものすごく気持ち良さそうに歌ってるなって思ったんですね。どこまでも広がる音の海を自由に向井くんが仲間とともに泳いでいる、そんなイメージ。

 

“ウニウニウニウニ”

この連載で毎度おなじみになりつつある、お客さんチェック(笑)。ロックバンドのライブだとわかりやすく手を挙げたり、激しくモッシュが行われてたりするんですけど、今回のお客さんは“ウニウニウニウニ”動いてました。体がそれぞれ動いてるというね、黒い塊が“ムニムニ”動いてる感じが印象的で、各々自分の感覚で楽しんでいるんだろうな、音に動かされてるんだろうなという感じでした。

 

衝撃波に体の震えが止まらない!

6曲目、シンセの音がカッコ良い! 「ドゥ―!」「ダー!」っていうね。スピーカーの近くの人はとんでもない衝撃だったんじゃないかな? 音の波動で体が揺れるシンセ。全部の音が良かったですね、気持ちの良い体の揺れというか。あれが初めてのライブだったら、“ライブってこんなにすごい音なんだ”って感じるでしょうね。

 

向井太一の真骨頂に心を射抜かれる芦沢ムネト

ここらへんからねぇ、向井くんの本領発揮ですよ。ハイトーンボイスの時の「フー!」っていう声! マライア・キャリーの歌声の「フー!」と一緒! 声でこんなに心持っていかれることないですよ。

 

本人をより引き立たせる演出

演出面の話になるんですけど、あんなにシルエットでも魅せるアーティストはそうはいないですね。要所要所でシルエットがぱっと出るんですけど、顔がそんなにはっきり見えないことが多いのが、みんなをぐっと前に引き寄せる要素になっている気がしました。演出も含めて、本当にクールでした!

 

「最後は勝ちたいよね」

「最後は勝つ」の前のMCでは、本音の部分といいますか、弱さをあえて口に出していて。向井くんが弱さを見せたうえでの「最後は勝つ」、という流れにしびれました。この会場にいるお客さんも普段はそれぞれに抱えるものがあるわけじゃないですか。僕も含めてですけど、「最後は勝ちたいよね」っていうみんなの本音と音楽が共鳴し合った瞬間だったように思います。

 

絵を描くことに集中できなくなる芦沢ムネト

後半になると、「耳が幸せゾーン」に入りまして、わたくし絵を描くことに集中できなくなりました。これをどう絵にしたらいいんだろうかと思い、とにかく前のめりに音を聴くという時間になってしまいました!(笑) 「絵観てないで、ライブに行ってきてください」と思う感じになりました。やられましたよ!

 

ボーカリスト・向井太一の引き出し

個人的に好きなポイントとしましては、「ハァ”ー!」って出すこぶし的な声ですね。きれいな声も全然出すんですけど、すごくR&Bというかソウルフルな声を出す時があって、それがかなりカッコ良いんです。彼の凄みを感じましたね。

 

向井太一は全員を照らす勇気の灯

アンコール前にひとりで素朴にしゃべっている時の姿が、さっきまで歌っていた人とはまた違った、ひとりの青年の姿で。すごく等身大の男の子だし、当たり前のように悩んでいるし、本人が感極まっている姿もあったんですけど、そういうことも全部含めて“弱いっていうのは本当はすごく強いんだな”と思いました。とても勇気をもらえるライブでした。

イラスト & TEXT BY 芦沢ムネト
テキストまとめ:M-ON! MUSIC 編集部
LIVE PHOTO BY  Yosuke Torii

SETLIST

01.Dying Young
02.Savage
03.Runnin’
04.Crazy
05.SLOW DOWN
06.SPEECHLESS
07.Can’t breathe
08.Confession
09.君へ
10.最後は勝つ
11.リセット
12.眠らない街
13.FLY
14.ICBU
15.GreatYard
16.I like It
[ENCORE]
01.道
02.空


プロフィール

ムカイタイチ/1992年3月13日、福岡生まれ、A型。シンガーソングライター。2010年に上京、2013年よりソロ活動をスタート。2016年4月にTOY’S FACTORY / MIYA TERRACEとマネンジメント契約。2019年9月には3rd ALBUMとなる「SAVAGE」をリリース。

向井太一 OFFICIAL WEBSITE


リリース情報

2019.09.18 ON SALE
ALBUM『SAVAGE』


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人

  • 芦沢ムネト

    芦沢ムネト

    アシザワムネト/1979年東京生まれ。多摩美術大学映像演劇科卒。お笑いユニット「パップコーン」のリーダーとして活躍する傍ら2011年末よりTwitterで掲載した癒し系キャラクター「フテネコ」が話題を呼び、現在Twitterのフォロワー数は13万を超える。音楽雑誌「ワッツイン」では、対談連載「芦沢ムネトのネコの手も借りたい!」を掲載中。