型破りな言動で注目度急上昇中の16歳・YOSHIが、“カロリーメイト”受験生応援CMに抜擢!「見てろよ。」

2019.11.21

■「女生徒に囲まれるという設定に照れてしまい、まだ16歳だなと思いました(笑)」(YOSHI)

大塚製薬“カロリーメイト”の受験生応援の新CMとして『My Way』篇が11月22日からオンエアされる。

受験期の風物詩として毎年話題を得ているカロリーメイトの受験生応援CM。今年は、映画初出演にして初主演を務め、世界からも注目されているアーティストのYOSHI(ヨシ)を起用し、自分の信じた道に向かって突き進んでいく受験生をアスリートにみたて表現した。

CM楽曲は、これまで多くのアーティストにカバーされている「My Way」を採用、YOSHIが熱唱する。CM内容とリンクした歌詞が、受験生をはじめ今を全力で生きる人たちの背中を後押しする。

■『MyWay』篇注目ポイント
今回、受験生のひとりを演じたのは、話題の映画に初出演にして初主演を果たし、高い演技力と型破りな言動で世界からも注目される、アーティストのYOSHI。友人とのとりとめのない談笑、プールや花火をはじめとする夏の催し、大好きなオンラインゲームなど、受験生のまわりには心揺れるものが溢れている。受験を乗り越えた先にある明るい未来を描き、目標に向かって自分の信じた道を全力で駆け抜けていく、等身大の受験生を演じた。

また、カロリーメイトの受験CMでは、CMの世界観を盛り上げる重要な役割として、毎年様々な有名アーティストの名曲を用いているが、今回の『My Way』篇では、数々のアーティストにカバーされてきた「My Way」を採用。今回はYOSHIが力を込めて歌い上げ、歌詞とリンクしたCMの世界観をよりいっそう盛り上げる。

■CMストーリー(90秒)
教室から、窓の外で楽しそうに談笑する友人を眺めるYOSHI。悩ましげに天を仰ぐが、イヤホンを装着し「My Way」が流れるのと同時に集中して机に向かう。そこからは受験生のオムニバスが続く。図書館で気合いを入れるためにストレッチをする学生、勢いよく参考書をめくり暗記シートを巧みに使う学生、勉強しながら神業のようなペン回しをする学生、水に飛び込むように顔を洗う学生なども。これら受験生はまるでアスリートのようだ。

プールや花火、ゲームなどに心を奪われそうになりながらも、大学入学後をイメージし、そこへ繋がるであろう選んだ道で自分自身と向き合っていく。実現したい未来のため前向きに全力疾走し、最後は「この道を、信じてきた」というメッセージとともに、楽曲の「My Way」の盛り上がりも最高潮に。まるでスタジアムに入場するかのように受験会場へ向かうYOSHIの「見てろよ」というキリっとした視線は、未来のために今を全力で頑張っている受験生の気持ちを掻き立てる。

■撮影エピソード
栃木、群馬、千葉、神奈川にて丸4日間CMの撮影を実施。80以上にも及ぶカットを撮影するタイトなスケジュールだったが、YOSHIからの表現方法の積極的な提案や、撮影スタッフを「あだ名」で呼び、心を通わせコミュニケーションを取る特有の雰囲気作りにより、とても和やかでチームの一体感が生まれた撮影となった。

YOSHIは、撮影スタッフやエキストラとすぐに打ち解け、和気あいあいと演技のイメージをすり合わせたり、冗談を言い合ったりしていたが、監督の「よーい、スタート!」の声がかかると同時に、表情は一変。受験生の、目標に向かうまっすぐな気持ちを表現する真剣な眼差しで、クールな演技を披露していた。年齢性別関係なく、一瞬で周囲を味方にし、監督始め、撮影スタッフを魅了する姿からは、映画でも主演をつとめ、世界中から注目される彼のカリスマ性が感じられた。

YOSHI コメント
◇カロリーメイトの新CMキャラクターに決まっての感想
初めてのオーディション、初めての広告のお仕事だったので、大丈夫なのかと少し不安もありましたが、自分らしく普段どおりの振る舞いで挑んだ結果、CMキャラクターに選ばれて純粋にうれしかったです。

◇撮影の感想
CM撮影現場は、すごく和気あいあいとしていて、グルーヴ感があり、とても良かったです。スタッフの皆さんに感謝します。テニスのシーンでは、女生徒に囲まれるという設定に照れてしまい、まだ16歳だなと思いました(笑)。

◇目標へ向かって頑張っている人へのメッセージ
自分の座右の銘は「1日1日を大切に生きる」です。今頑張っている皆さんにも、先のことを不安に思うばかりではなく、目の前のことに全力になって、1日をていねいに生きてほしいです。


YOSHI OFFICIAL WEBSITE
https://yoshitokyo.com/

カロリーメイト 公式サイト
https://www.otsuka.co.jp/cmt/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人