綾瀬はるか主演、ドラマ『義母と娘のブルース』の“1年後”を描く謹賀新年スペシャルの放送が決定

■「皆さんへの感謝も込めて、お正月のひと時を温かい気持ちで過ごしていただける作品をお届けできるように頑張ります」(綾瀬はるか)

“令和”初の正月となる2020年1月2日21時より、TBSにて『義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル』が放送されることが決定した。

『義母と娘のブルース』は、桜沢鈴による4コマ漫画『義母と娘のブルース』(ぶんか社刊)を原作に、2018年7月クールに火曜ドラマ枠で放送。

主人公のキャリアウーマンが、8歳の娘を持つ男性に突然プロポーズされ結婚。畑違いの家事やママ友の世界に足を踏み入れ、娘の母親になろうと一生懸命に奔走、家族と過ごす日々を描いた10年間の物語が届けられた。

義母と娘、そして娘の実父という3つのコードがブルースを奏でるかのように、愛すべきキャラクターたちが繰り広げる少しおかしな日常。そしてその合間にピリッとした孤独が垣間見え、笑って泣けると幅広い層から高い評価を得た。

今回は、連続ドラマで放送されたストーリーの1年後を、ドラマオリジナルストーリーでお届け。主演の綾瀬はるかをはじめ、佐藤 健、上白石萌歌、井之脇 海、浅利陽介、浅野和之、麻生祐未ら連続ドラマのレギュラーキャストが今作でも顔を揃える。また、連続ドラマの中で病気で亡くなった亜希子の夫・宮本良一を演じた竹野内 豊の出演も決まっている。さらに、レギュラーキャスト以外にも個性豊かな俳優陣が出演予定だ。

■ブルースとは
19世紀後半に、米国深南部の農場などで働く黒人が労働歌として歌い出したとされる。基本的に3つのコードしか使わない簡単な構成で、3連符やその真ん中の音を抜いた「シャッフル」と言われるリズムが特徴。一般的には日常の幸せや憂いを1コーラス12小節に乗せて歌う。
(朝日新聞掲載「キーワード」より)

■あらすじ・ドラマ概要
義母・亜希子(綾瀬はるか)の再就職から1年後、2019年秋。亜希子は大阪、娘・みゆき(上白石萌歌)は東京と、離れて暮らしていた。亜希子は、大手コンサルタント会社でバリバリに活躍し、10年間のブランクを感じさせない目覚ましい成果をあげていた。女子大生になったみゆきは、相変わらずな愛すべきマイペース。サークルにバイトにほっこりとした日々を送っている。ちなみに、幼なじみのヒロキ(井之脇 海)との関係は相変わらずの模様。

そんなある日、突如クビを宣告され帰京することになった亜希子は、久しぶりにみゆきのアパートを訪れる。すると、みゆきのアルバイト先であるベーカリー麦田の店長・麦田(佐藤 健)が、裸にタオル1枚の姿で風呂場から出てくるのに遭遇! さらに麦田の腕には、なんと赤ん坊が抱きかかえられていた! そこへ帰宅するみゆき。まさか、みゆきと麦田の間に子どもが!? 「ち、違うんです宮本さん!!」「違うの、お母さん!!」。このなんとも意味不明な状況に混乱する亜希子。
「これは一体どうしたことでしょう!」

こんなドタバタから始まる義母と娘の物語。
「本当の幸せとは何か?」。血の繋がらない母と娘、そんなふたりの姿を見つめる男(竹野内豊)、相変わらずのブルースを奏でるように、愛の形を模索しながら、悩み、怒り、時に喧嘩し、また寄り添っていく。周囲の人間たちも、温かく、優しく家族を支えていく。そこには、今回も数えきれない笑顔と、ほんの小さな奇跡がある。

このドラマは、一生懸命、義母になろうとした元キャリアウーマンと、その愛を受け取った娘、そしてその家族を支えた人間たちの愛の物語である。

(C)TBS

■綾瀬はるか コメント
不器用で、生真面目で、でも愛に溢れた亜希子さんが、私自身も大好きです。皆さんに楽しみ、親しんでいただいた作品となり、こうして再び亜希子さんを演じることができます。ありがとうございます。皆さんへの感謝も込めて、お正月のひと時を温かい気持ちで過ごしていただける作品をお届けできるように頑張ります。

■竹野内 豊 コメント
昨年の連続ドラマが終わり、早1年が過ぎ、スペシャル版として、再び戻って来ることになりました。私が演じていた宮本良一さんは、すでに虹の橋を渡ったはずなのに、スペシャル版に出演すると聞き、どう言うことだ……? と思いながら台本を開き、なるほど。なるほどね。と、呟きました……。2020年のお正月に、ご家族と一緒に楽しんでいただけるドラマになると思います。ご期待ください!

■佐藤 健 コメント
親しみあるこのチーム、そして素晴らしい脚本のもと、また麦田を演じられることをうれしく思います。今現場では、最高にかわいい赤ちゃんに毎日癒されながら、撮影をさせていただいておりますが、今回の脚本を読んで、子育ての見えないところでの苦悩、大変さなどを改めて感じています。全国のお母様方への敬意を精いっぱい詰め込んで演じます。よろしくお願いいたします。

■上白石萌歌 コメント
私にとって大切なこの作品に、こうしてまた戻って来られることが、心から幸せです。去年の夏、情熱を燃やしながら時間を共に過ごしたキャスト、スタッフの皆さんと再会し、あらたな物語を紡いでいく。うれしさと緊張が共存しています。みゆきちゃんと一緒にちょっぴり成長した自分をお見せできたらいいなと思います。気がつかないだけで、実は毎日起こっている小さな奇跡や、本当の愛の意味について考えていただけたらと思います。ぜひご家族でご覧ください!

■井之脇 海 コメント
続編があればいいなと心から思っていたので、こうやってまた撮影が決まってとてもうれしいです。脚本を読んだとき、相変わらず登場人物がみんな愛らしくて、読みながらクスクスと笑ってしまいました。同時に、子育ての大変さや、人と人とが向き合うことの大切さを、改めて感じました。またヒロキとしてみゆきを見守ることができて幸せです。きっと、どなたが見ても、クスっとして、ほろっとして、最後はほっこりできるドラマだと思います。新年のスタートにふさわしいブルースをお届けできるよう頑張りますので、ご期待ください!!

■プロデューサー・飯田和孝 コメント
相変わらず一生懸命な義母・亜希子さんと、愛すべきマイペースな娘・みゆき、そして相変わらず愛に満ちた周りの人間たち。麦田はまだ亜希子さんが好きなのか、など。この愛すべき人間たちの物語を、2020年のお正月にお届けできることを今から楽しみにしています。一生懸命頑張ります!


番組情報

TBS『義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル』
2020年
01/02(木)21:00

[スタッフ]
製作著作:TBS
原作:桜沢 鈴 「義母と娘のブルース」(ぶんか社刊)
脚本:森下佳子
プロデュース:飯田和孝、中井芳彦、大形美佑葵
演出:平川雄一朗
音楽:高見 優、信澤宣明
主題歌:MISIA「アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)」(アリオラジャパン)
※「高見 優」の「高」は、はしごだかが正式表記。

[出演者]
綾瀬はるか
竹野内 豊
佐藤 健

上白石萌歌
井之脇 海
横溝菜帆

奥貫 薫
谷口翔太
宇梶剛士

浅利陽介
浅野和之
麻生祐未


『義母と娘のブルース』番組サイト
https://www.tbs.co.jp/gibomusu_blues/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人