小沢健二、“インタビューを受けないようにしていた理由”を語る

■小沢健二、『AERA』に登場! 22年ぶりに雑誌のインタビューが実現!

小沢健二が、11月11日発売の『AERA 11月18日号』の表紙とインタビューに登場する。

11月13日に13年ぶりの新作アルバム『So kakkoii 宇宙』をリリースするのに先がけて、小沢が22年ぶりに雑誌のインタビューに登場。撮影は蜷川実花が担当した。

「インタビューを受けないようにしていた」という小沢は、その理由を「インタビューされる方の中にすでに答えがあって、その証拠を取りにくるようなことが多かったんです。それが非常に不毛に感じてしまった」と語る。そして、久々にインタビューを受けたのは、新作『So kakkoii 宇宙』の話をするのが楽しいと思ったからだ、という。

『So kakkoii 宇宙』は、2017年リリースのシングル「流動体について」や、“小沢健二とSEKAI NO OWARI”名義の「フクロウの声が聞こえる」のオリジナルバージョン、2018年に発表された映画『リバーズ・エッジ』の主題歌「アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)」を含む全10曲を収録。全曲の作詞・作曲のほか、アートワークも小沢自ら手がけている。

カラー3ページのインタビューでは、新作に収録された曲に即して「歌詞になっているのは1995年と2020年だけど、本当はその間のことを歌いたいし、捉えたい」と話し、ニューヨークから日本に戻ってきてからの心境の変化、いま日本に住んで書くことの意味などを語っている

また、この号では、11月3日に記者会見し、デジタル解禁やアジア4都市での緊急会見、新国立競技場でのライブなどを発表した嵐の「Reborn」戦略について、徹底分析。全4ページの記事には、メンバーの相葉雅紀、松本潤、二宮和也、大野智、櫻井翔の5人の間の「信頼関係」が映りこんだ写真を中心にピックアップして、ちりばめられている。目配せし合ったり、肩を抱き合ったり、おそらくは会場にいた記者の誰かのほうを見て笑ったり、驚きの表情を浮かべたり。すでに配信済みの記者会見全文とあわせて、現場の高揚感を届ける。

巻頭特集は、「倒れる前の手続き・備え94」。「死後の手続き」は昨年来の人気コンテンツだが、働き盛り、子育て世代のAERA読者にとって怖いのは、不意におそってくる病気や事故。万一のときのダメージを最小限に押さえるためのノウハウを、実際に「通勤途中に腹部の激痛に襲われ緊急入院」「会社のいすから転げ落ち、気づいたら脳卒中で集中治療室にいた」といった体験をした人たちや、専門家への取材をもとに、ていねいに解説している。

【その他の記事】
・会議のメンバーが証言 英語民間試験「導入」は「話題にも上らなかった」
・宇野昌磨 グランプリファイナル絶望でも「僕は前を向いています」
・台風・豪雨に備える保険の超基本 保険の種類から補償されないケースまで
・首里城焼失 資料は残った 「復元」はできる
巨額赤字の次にソフトバンクグループを待ち受ける落とし穴


書籍情報

『AERA (アエラ) 2019年 11/19号』
定価:本体364円 +税
発売日:2019年11月11日
出版社:朝日新聞出版


リリース情報

2019.10.11 ON SALE
小沢健二
DIGITAL SINGLE「彗星」

2019.11.13 ON SALE
小沢健二
ALBUM『So kakkoii 宇宙』


ライブ情報

飛ばせ湾岸 2 nights、guitar bass drums で So kakkoii 宇宙へ
11/11(月)東京・新木場STUDIO COAST
11/12(火)東京・豊洲PiT


小沢健二 公式Twitter(@iamOzawaKenji)
https://twitter.com/iamozawakenji

小沢健二 OFFICIAL WEBSITE
http://hihumiyo.net/

嵐の記者会見全文
https://dot.asahi.com/aera/2019110300010.html

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人