ドラマ『同期のサクラ』より、話題沸騰&感動の「じいちゃんのFAX」シーンまとめ映像公開!

■森山直太朗が歌う「さくら(二〇一九)」が、じいちゃんとサクラの絆の深さを感じさせる感動シーンに寄り添う、スペシャルダイジェスト映像!

好評放送中の日本テレビ系水曜ドラマ『同期のサクラ』。今、SNSで、同ドラマの中で、主人公・サクラのじいちゃんがサクラに送る「FAX」が話題となっている。

そしてこのたび、じいちゃんとサクラのFAXでのやり取りをまとめた「じいちゃんのFAX」映像と、森山直太朗が歌う主題歌「さくら(二〇一九)」のスペシャルダイジェスト映像が、YouTubeの日テレ公式チャンネルにて公開された。

新潟の離島出身の北野サクラ(高畑充希)は幼少の頃に両親を亡くしており、島ではじいちゃん(津嘉山正種)とずっとふたり暮らし。就職を機に、じいちゃんをひとり新潟の離島に残し、サクラは上京する。東京でひとり暮らしを始めたサクラは、何かあると必ずじいちゃんにFAXを送信する。誰よりもサクラのことを理解しているじいちゃんは、その都度適切なメッセージをFAXで送る。

サクラが東京のアパートでひとり寝床につきながらも、じいちゃんからのFAXを待つシーンは、毎回どんな内容のFAXが送られてくるのか、視聴しながらもドキドキするとの声も多い。また実際にFAXが送られてくる「ジージー」という音は、FAXを使用していた世代にはとても懐かしいと感じさせる一方、FAXを使用したことのない若い世代には新しく見えるようだ。

「自分の弱さを認めることだ」
「自分にしか出来ないことがある」
「本気で叱ってくれるのが本当の友だ」
「辛い時こそ、自分の長所を見失うな」

これまでのじいちゃんのまるで格言のようなメッセージ。次回はどんなメッセージをじいちゃんはサクラに送るのか。じいちゃんのFAXが『同期のサクラ』の注目ポイントのひとつとなっていることは間違いない。

今回公開された約2分半のスペシャルダイジェスト映像では、改めてじいちゃんとサクラの絆の深さを感じることができる内容。森山直太朗が歌う「さくら(二〇一九)」とともにじっくりと楽しもう。

「さくら(二〇一九)」は、iTunes、レコチョク、Apple Music、LINE MUSIC、Spotifyなどの主要音楽配信サイトにて大好評配信中。iTunes、レコチョクで「さくら(二〇一九)」をダウンロード購入して応募すると、抽選にて11月29日に開催されるプレミアムライブに招待、また、応募者全員にプレミアムライブを生配信で視聴できるURLがプレゼントされる。

応募締切は、本日11月5日23時59分! まだダウンロード、応募していない人はぜひお早めに。


リリース情報

2019.10.30 ON SALE
DIGITAL SINGLE「さくら(二〇一九)」


番組情報

日本テレビ 水曜ドラマ『同期のサクラ』
毎週水曜22:00~


ドラマ『同期のサクラ』番組サイト
https://www.ntv.co.jp/sakura2019/

ドラマ『同期のサクラ』番組公式Twitter(@douki_sakura)
https://twitter.com/douki_sakura

森山直太朗「さくら(二〇一九)」特設ページ
https://www.universal-music.co.jp/moriyama-naotaro/sakura2019/

森山直太朗 OFFICIAL WEBSITE
http://naotaro.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人