全方位に振り切るNORD。なぜここまで一生懸命になれるのか【THE BACK OF THE LIVE】

メンバー全員北海道出身のNORD(ノール)が、初の北海道内をめぐるツアー『NORD Hokkaido Tour 2019 ~北風people Zeppまでびゅーん!~』を開催。ツアーファイナルでは自身最大キャパとなるZepp Sapporoを控える本ツアー、並々ならぬ思いを胸に臨んだ初日を追った。

【THE BACK OF THE LIVE】
NORD

NORD Hokkaido Tour 2019 ~北風people Zeppまでびゅーん!~
2019.11.04@LIVE HOUSE ASAHIKAWA CASINO DRIVE


NORDって何者? 復習したい『マルとバツ』
【第1弾 】 【第2弾】 【限定動画】

北海道を拠点に活動するNORDにとって意味深い道内ツアー

舟木 健、長崎佑亮(一時活動休止中)、花岡領太、安保卓城、島 太星、瀧原 光からなるNORD(ノール)による、初の北海道ツアー『NORD Hokkaido Tour 2019 ~北風people Zeppまでびゅーん!~』初日。メンバーは会場に到着後、簡単な身支度を終えると早々にリハーサルを実施。つねに全力投球の彼らは、もちろんリハーサルでも一切手を抜かない。

この日、いちばん真剣な表情で確認し合っていたのは初めての試みである、瀧原 光が振り付け担当したダンスパート。NORDといえばライブを観れば元気になれる、その賑やかさが特長だが、ダンスパートでは封印。“ただただカッコ良いNORD”を見せたい、その一心でリハーサルに臨んでいた(花岡領太はちょっとでも空き時間があるとすぐにダンスパートの自主練をするほど)。

他にも、ステージ両サイドにある大きなスピーカーで場所によっては見切れてしまう観客もいるとわかると、どの立ち位置なら見えるのかを確認。ライブは毎回同じ状況下ではないからこそ、観る人すべての最高のひと時になれるようメンバー全員努力を惜しまない。

 

この投稿をInstagramで見る

 

M-ON! MUSIC|エムオンミュージック(@m_on_music)がシェアした投稿

想像以上に熱い!NORDのライブ

ライブ本番、スタートからフルスロットルで駆け抜けるNORD。そのテンションに続けと言わんばかりに会場も一気にヒートアップ! 両者ともに出し惜しむことなく、この日最高潮の盛り上がりを更新。ここからはそんな熱いライブで感じた、メンバーそれぞれの特筆すべき点に触れていきたい。

「ダンスが好き」だと語っていた瀧原 光の真骨頂

これまで度々「ダンスが好き」だと語っていた瀧原は、上記でも触れたとおり本ツアーで設けられたダンスパートの振り付けを担当。“ただただカッコ良く踊るNORD”という、あえて触れてこなかった王道を5人でやり切り、空気を一変させた。あらたな一面を見せつけただけでなく、彼らにとっても大きな自信に繋がったことだろう。なかでも、瀧原はつい目で追ってしまうほど動きがなめらかで一挙手一投足が優雅である。

瀧原 光

感情豊かなパフォーマンスで魅了する、花岡領太

いつもとびきりの笑顔で癒やしを与える花岡だが、ライブでいちばん豹変するのは彼かもしれない。誰よりも表情が豊かで、気持ちの高ぶりをありのままぶつけるパフォーマンスは観ているだけで清々しい。花岡を見れば、この曲が一体どういう心情で歌われているものかがわかりやすく、そういう意味では曲への理解力に長けていると言えるだろう。

花岡領太

ステージ上からでも気遣いが感じられる安保卓城の立ち振る舞い

影アナにも挑戦し、ライブ前から会場を温めていたムードメーカー・安保卓城。MC中はおどけてみせることが多い彼だが、歌声にはいつも温かみがあり、優しさが感じられ、聴くほどに心が安らいでいった。また、会場内を見渡し笑顔を向けることが多かったのだが“ここにいる全員で笑顔になろう”という、強い意志の表れからくるものではないだろうか。

安保卓城

安定感のある、伸びやかな島 太星の歌声

愛すべき天然キャラの側面もある島 太星だが、マイクを握ればスイッチが切り替わる。安定感のある、伸びやかな歌声をこの日も響かせていた。ライブ映えするアップテンポなダンスナンバーが多いNORDだが、それでもちゃんと言葉が際立っているのは島の類まれなる歌唱力による部分も大きい。

島 太星

まわりを巻き込んでギアを上げていく舟木 健の熱量の高さ

グループ最年少・舟木 健は観客を煽る時も、歌う時も、踊る時も、すべてにおいて“届けたい”この一心で相手とまっすぐ対峙していたように思う。自分以外の誰かの心を揺さぶるほどの熱量の高さに何も恐れず突き進むまっすぐさに感化され、ライブ中は幾度となく会場全体のギアが上がっていたように思う。NORDの起爆剤は舟木である。

舟木 健

NORDは大切な“誰か”がいると強くなれる

歌、ダンス、演技、笑い……と“エンターテインメント”と名のつくものには全力で挑戦し続けている、NORD。この日も、二人羽織でご当地人気メニューを当てるというミニコーナーを行っていたが、“面白そう”と思えるものはなんだってやってみる、この自由度の高さはNORDならでは。

どうして彼らはこんなにも多方面に向かっていけるのか? それは自分自身のためだけでなく、その人のために頑張りたいと思える相手がいるからこそ。

それは時にファンの存在であり、時に陰ながら支えるスタッフであり、そして夢を追い求めるメンバーであり……大切にしたい仲間の存在を糧にNORDは成長し続けている。ひとりだけじゃもったいない、楽しいこと・うれしいことは“あなた”と一緒に感じたい──そんなエンターテインメントの核心でもある想いを胸に、まもなくZepp Sapporoに立つ彼ら。その目にはどんな光景が広がるのだろうか。ひとつの集大成となるであろうその瞬間、これまででいちばん眩いNORDであることは間違いないだろう。

TEXT & PHOTO & VIDEO BY ジャガー

SETLIST

ツアー中のため、公表は控えさせていただきます。


ライブ情報

NORD Hokkaido Tour 2019 ~北風people Zeppまでびゅーん!~
12/22(日)札幌・Zepp Sapporo

詳細はこちら


プロフィール

ノール/舟木 健、長崎佑亮、花岡領太、安保卓城、島 太星、瀧原 光。“北海道を拠点に様々なエンターテインメントに挑戦する”をコンセプトに、2016年に結成。メンバー全員が北海道出身・在住。地元北海道に密着した活動を通して北海道に根付き愛されるボーイズユニットを目指す。

NORD OFFICIAL WEBSITE


リリース情報

2019.07.21 ON SALE
SINGLE「恋祭り」

2019.08.17 ON SALE
DVD『NORD 3rd Anniversary LIVE 2019~集まれ1,000人☆ゴー!ゴー!教文~』
詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人

  • ジャガー

    ジャガー

    「M-ON! MUSIC」の編集/ライター/小言を言う係。音楽フリーペーパー「music UP's(現okmusic UP's)」の編集を経て、音楽雑誌「ワッツイン」へ。前身サイト「DAILY MUSIC」 への参加をきっかけにWEBの人になりました。