Sexy Zone、“ソフティモ”新CM撮影現場で時間オーバー!「すみません! “セクシー押し”しちゃって!」

2019.11.01

■Sexy Zone出演、“ソフティモ”ブランド新TVCM『色々落とせる』篇、本日よりOA開始!

Sexy Zoneが出演する“ソフティモ”ブランドの新TVCM『色々落とせる』篇が、11月1日より全国でオンエアされる。

新CMでは、真っ白なシャツ姿のSexy Zoneのメンバーが、「しっかりメイク」には“スピーディ クレンジングオイル”を、「オトナっぽメイク」には“クレンジングリキッド(ハニーマイルド)”を、「ナチュ盛りメイク」には“クレンジングウォッシュ”をというように、メイクに合わせて「ソフティモ」シリーズなら「色々落とせる」ことを提案していく。

同CMでは、Sexy Zoneの新曲「Honey Honey」(10月23日リリース)を起用。蜂蜜のようにスイートな恋心をスタイリッシュに表現した楽曲が、新CMをさらに盛り上げる。

なお、11月1日より、キャンペーンサイトがオープン。“ソフティモ”のキャンペーン情報をはじめ、新TVCM『色々落とせる』篇や、CMのメイキング映像が視聴できる。

■CM内容
メイク落とし売上数量No.1の“ソフティモ”シリーズを手に、「メイク落としは、ソフティモ!」とアピールするSexy Zoneのメンバーたち。「しっかりメイク」の女性に“スピーディ クレンジングオイル”を提案する佐藤勝利。「オトナっぽメイク」の女性に“クレンジングリキッド(ハニーマイルド)”を提案する菊池風磨。「ナチュ盛りメイク」の女性に“クレンジングウォッシュ”を提案するマリウス葉。メイクに合わせて“色々落とせる”「ソフティモ」シリーズで、きれいにメイクを落とし、自分の“すっぴん”姿に大満足の女性たちに、中島健人が「ソフティモで、すっぴんSexy!」と優しく語りかける。

最後にメンバーの姿がフィーチャーされたオリジナルメイクBOXを全員で指差し、「キャンペーン中!」と告知するSexy Zoneだった。

【撮影レポート】
■10種類超えの「すっぴんSexy!」に「セクシー押ししちゃってすみません!」
新CM『色々落とせる』篇は、Sexy Zoneのメンバー全員が揃って撮影するシーンと、佐藤勝利、中島健人、菊池風磨、マリウスがそれぞれひとりずつ撮影するシーンで構成。その中で、「ソフティモで、すっぴんSexy!」というCM中盤のキーとなる台詞を担ったのは中島健人。撮影監督からは「リハーサルなしでいきます!」と、台詞の言い回しやアクションに次々とアレンジを加えながらテイクを重ねていく。

「(アイデアは)現場で生まれるわー!」とさらにノリノリで撮影に臨む中島。ここまでに、バラエティに富んだ10種類を超える「すっぴんSexy!」が誕生していたが、スタッフから「時間が少し押しています(=予定終了時間を過ぎています)」との声が……。「すみません! セクシー“押し”しちゃって!」と撮影を終えた中島。そんな10種類を超えるテイクから選び抜かれた、最高の「すっぴんSexy!」が新CMでは採用されている。

■やはりマリウスが「正解」だった!?
撮影の最終盤。「softymo×Sexy Zone」のオリジナルメイクBOXなどが当たるキャンペーン告知のシーン。メンバー全員で、「キャンペーン中!」と賞品を指し示すシーンだが、監督から「キャンペーン中! と言ったあとに、動いちゃっていいですよ」との指示が。それにいち旱く「はいッ!」と元気な声で応じたのがマリウスだった。監督の掛け声とともにメンバーが「キャンペーン中!」と声を合わせると、その直後、マリウスは、かがみ込んでメンバーたちの最前列に踊り出るという大胆なアクションを披露! そのあまりに唐突な出来事に、メンバーのみならずスタッフたちもどよめく。佐藤が慌てて「(監督が動いちゃってくださいと言っていたので)正解だと思います!」とフォローすると、監督も一拍おいて「正解です」と頷き、撮影現場は逆に大きな笑い声に包まれた。

結局、完成した新CMでは、マリウスの大胆アクションが採用され、本当に「正解」だったことが証明されたのだった。

(C)Disney. Based on the “Winnie the Pooh” works by A.A.Milne and E.H.Shepard.


リリース情報

2019.10.23 ON SALE
Sexy Zone
SINGLE「麒麟の子 / Honey Honey」


キャンペーンサイト
http://kose-softymo.com/cp/

Sexy Zone OFFICIAL WEBSITE
https://sexyzone.ponycanyon.co.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人