舌がん治療で舌の6割以上を切除。堀ちえみが、舌がん・食道がん闘病記を出版!「一時は人生の幕引きも考えた」

■「やはり歌いたいです。歌が歌えるようになったら、デビュー40周年記念のライブをやりたい」(堀ちえみ)

堀ちえみが、初の著書となる舌がん・食道がん闘病記『Stage For~ 舌がん「ステージ4」から希望のステージへ』を出版した。

舌がんの「ステージ4」と診断され、舌の6割以上を切除した堀ちえみ。つらい痛みやリハビリを乗り越え、出口が見えたと思った矢先に、今度は食道がんが発覚――。死の淵をのぞきながら、家族の愛に支えられて生還した彼女が本書で初めて明かす、苦しみ、葛藤、そして……がんが教えてくれたこと。絶望しかなかった「ステージ4」から、希望のステージへ。

■舌がんの発覚、舌がんの大手術を乗り越えた先に
2019年1月、舌がんのステージ4と診断された堀ちえみ。生存率50%と宣告され、一時は「もう悔いはなし!」と人生の幕引きも考えたと告白する。

そんな考えを変えたのが末娘の涙。家族のために生きると決意し、2月に舌の6割以上とリンパ節を切除、太ももの組織を移植する手術を受けた。

痛みやつらいリハビリを乗り越えて、ようやく出口が見えた矢先、4月に食道がんが発覚。そのショックは舌がんのときよりも大きいものだった。幸いにして食道がんは早期発見で手術ですべて取り除き、病理検査で「ステージ0」と判明。家族や医師たちに支えられながら「生かされている」と実感してからは、それまでとは物の感じ方や見え方が大きく変わったという。

■本書で明かされる、舌がん以前の、壮絶な闘病体験
「がんになって失うものもあったけれど、得るものもたくさんあった」「がんが教えてくれたことをお伝えしたい」「舌がんになって、たくさんの貴重な経験をし、さまざまなギフトをいただいたのだから、私も何かを残したい。応援してくださるファンのみなさま、病と闘っている方々、そして家族のために…私はこれからも前を向いて歩いていきます」と思いを語る堀。現在、発話のリハビリ中で、まだ思うように言葉で伝えられない分、堀が一生懸命に文字で綴った。

■タイトルに込めた思い
10月20日に行われた発売記念サイン会にて、「今後リハビリを経てやりたい仕事は?」と問われ、「やはり歌いたいです。歌が歌えるようになったら、デビュー40周年記念のライブをやりたい。(中略)ですから今はリハビリに励んで、絶対に実現させる! という夢に向かって頑張っています」と語った堀。

本書のタイトル『StageFor〜』は、がんの進行を示す数字と、堀ちえみがいろいろな人のために再びステージに立ちたいという思い(Stage For Family,Fan,You…)を掛けたもの。絶望的な響きをもつ「ステージ4」が、希望のステージに変わることへの願いを込めた。

(C)Yuji Namba


書籍情報

『Stage For~ 舌がん「ステージ4」から希望のステージへ』
著者:堀ちえみ
発売:10月21日
定価 :本体1,300円+税
判型&体裁:四六判
発売元:扶桑社


堀ちえみオフィシャルブログ「hori-day」Powered by Ameba
https://ameblo.jp/horichiemi-official/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人