草川拓弥(超特急・タクヤ)、知英のマッサージに感激!「本当に気持ちよくて、口がぽかーんって空いちゃって(笑)」

■「(ぽっちゃり役のための)“ファットスーツ”はどこでもゴロンとなれる感じが良くて、休憩中どこででも寝てました(笑)」(知英)

11月1日公開の、知英主演の映画『どすこい!すけひら』の公開直前トークイベントが、本日10月29日、東京・TBCセナング代官山にて開催された。

たむら純子(漫画)、清智英(原案)の同名人気コミックを原作とする本作は、元“どすこい(=ぽっちゃり体型)”の鈍感女子をめぐる、“人は見かけがすべてじゃない”と気づかせてくれる、ジェットコースター・三角関係ラブコメディ作品。

撮影に実際に使われたエステサロンTBCセナング代官山で行われた公開直前トークイベントには、主演の知英と、人気アイドル・湊拓巳役を務めた草川拓弥(超特急・タクヤ)が登壇し、共演した際ののエピソードや“ファットスーツ”を着た撮影裏話などを披露した。

初めてエステをする側を経験した知英だが、「癒されるためにエステに行くことはありますが、エステシャンという役は初めてだったので、エステサロンの裏側を見ることができて、新鮮な感じがしました」と演じた感想を述べた。

またエステをされる側で出演した草川は、実際にプライベートでエステには行ったことがないそうで、「超特急の活動のときにトレーナーさんがついてくれてストレッチとかはありますが、エステはなかったので貴重な体験でした。しかも初めてのマッサージが知英さんっていう、めちゃめちゃレアですよね!」とうれしそうに話した。

実際に草川を施術した際に知英は「草川さんの足とか肩とかマッサージしだんですけど、草川さんの足がすごく細くて美脚で!」と驚いたそう。これには草川も照れ笑いだった。

知英の施術が本当に上手だったという草川は「本当に気持ちよくて、撮影中に口がぽかーんって空いちゃって(笑)。監督にはさすがにあほっぽく見えちゃうから閉じようって指摘を受けました(笑)」と会場の笑いを誘い、演技に留まらない知英の才能を絶賛していた。

本作で初共演だったふたり。ファットスーツを着た感想を聞かれた知英は「暑かったのはもちろんですけど、どこでもゴロンとなれる感じが良くて、休憩中どこででも寝てました(笑)。怪我をしないのも良いですよね(笑)」と冗談を飛ばし、イベントに訪れたマスコミ陣を笑わせた。

「次にファットスーツを着る機会があるとしたらどうしますか」というMCからの質問に知英は「まずは冬にしてほしい!」と懇願。「世界中、みんながファットスーツみたいな体系で、それが当たり前だったらどうなんだろう!?」と話すと、MCから映画1本出来そうですねと言われ、「今ファッと(ファットスーツにかけて)思い浮かびました!」とダジャレまで披露。

また、MCから急遽映画を撮るなら? と振られた草川は「ファットスーツを着ると体の可動域は制限されると思うんですけど、それの限界に挑戦したアクションとかやりたいですね。先ほど転んでも痛くないとおっしゃっていたので、ファットスーツだけど世界アクションができるっていうような映画が1本取れるといいですよね」と答えた。

続いてMCから、映画の見どころを聞かれた知英は「綾音が痩せたあとに、綾音だと気づいてない友達との空港のシーンがすごく好きで、見た目が変わるっていうことはすごいことなんだなぁと、すごい不思議な気持ちでした。見た目が重要だとは言わないけれど、見た目で人生がガラッと変わる、この映画の重要なシーンだなと思います」、草川は「知英さんとのシーンがいちばん多かったので、ふたりで向かい合って食事をするシーンは印象的です。あと僕が出ていないシーンでおすすめしたいのは、綾音たちFAT4の友情シーンはすごくステキだと思います」と答えた。

さらにたまたまFAT4の撮影シーンが、草川が所属するアイドルグループ・超特急のミュージックビデオを撮影した場所でもあったそうで、これには知英もびっくりしていた。

次に綾音のように自信を持てない人へアドバイスを聞かれた草川は「僕も外見はそんなに気にしないので、中身がステキな人に惹かれると思うので、自信を持つために自己肯定力を上げるとかですかね」と回答。また「僕も自分に自信を持っているほうではないので、最近自己肯定力を意識していますし、自分を少しのことでも褒めてあげるっていのは自信に繋がるのかなと思います」とアドバイスした。

続けて知英は「現代人みんな忙しくて自分の本当に好きなものや趣味っていうのをちゃんと見つけてないと思うんですが、そんななかで自分がすごく好きなものを見つけたときに、また新しい自分を見つけて自信がついたり、上手じゃなくてもいいので、何か自分ができるものを見つけられることはすごく大事だなと、この映画を通じて感じました」と綾音を演じて気づいたことを答えた。

作品が“人は見かけがすべてじゃない”と気づかせてくれる映画であることにちなみ、内面のステキな人はどんな人かと聞かれると、ふたり揃って「気が使える人」と回答。「周りをよく見れる人はすごく素敵だと思います。周りに気を配れることは大事ですね」と知英は答えた。

またハロウィンが間近に迫っているということで、やったことのあるコスプレについて聞かれる、草川は、「めちゃめちゃあります!  “超特急 ハロウィン”で検索するといっぱい出てきます(笑)」とアピール。一方、知英は一度もやったことがないそうで、「公開が11月1日なので今年は無理ですが、来年は街中に綾音のどすこい姿の人がたくさん溢れたらいいな」と来年のハロウィンへの夢を語った。

最後に、草川から「すごく僕の中でも濃い撮影でした。本当にジェットコースター乗ったような早い展開で、そのなかに笑いもあって感動もあって……と深い映画になっています。あと主題歌は超特急が担当してますので、よろしくお願いいたします!」としっかり主題歌についてもアピールした。

また知英は「とにかく何も考えずに観てほしいんですが、観終わったあと、いろんなことを考えられる映画になっていると思います。皆さん劇場でお待ちしております!」と述べ、トークイベントは幕を閉じた。


映画情報

『どすこい!すけひら』
11月1日(金)シネ・リーブル池袋、全国のイオンシネマ(一部劇場を除く)ほか全国公開
原作:『どすこい!すけひら』漫画:たむら純子 原案:清智英(ホットドッグプレス・講談社刊)
監督:宮脇亮(映画『あのコの、トリコ。』)
出演:知英 草川拓弥(超特急) 金子大地
松井愛莉 池端レイナ/富田望生 富山えり子 水島麻理奈
パンツェッタ・ジローラモ(友情出演)/りゅうちぇる /竹中直人
制作プロダクション:The icon
配給:アークエンタテインメント
配給協力:イオンエンターテイメント
宣伝:ギグリーボックス
(C)2019 劇場版「どすこい!すけひら」製作委員会 (C)清智英・たむら純子/講談社


『どすこい!すけひら』作品サイト
http://dosukoi-movie.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人