乃木坂46、上海単独公演が大盛況! 新キャプテン・秋元真夏が牽引する次世代メンバーが躍動

■「やって来ました、上海!」(乃木坂46・秋元真夏)

10月25日・26日の2日間、乃木坂46が、昨年に続き2年連続で中国・上海メルセデスベンツアリーナにて単独公演を開催した。同会場での2デイズ開催は、日本人アーティストでは初。歴史に残る偉業となった。

秋元真夏が新キャプテンとして牽引する初ライブ。さらに24thシングル「夜明けまで強がらなくてもいい」のフロントを飾る4期生メンバー=遠藤さくら・賀喜遥香・筒井あやめの3名にとっても初の海外公演となり、“新体制”乃木坂46として初ものづくしの上海公演となった。

ライブは、最新シングル「夜明けまで強がらなくてもいい」からスタート。「太陽ノック」「裸足でSummer」とアッパーなシングル表題曲を名刺代わりに披露し、大声援に包まれる。

「やって来ました、上海! 昨年に続き今年は2デイズの開催で本当にうれしいです!」と秋元真夏がMC。その後、今回の参加メンバー24名が1人ずつ中国語で自己紹介を行い、会場からは声援と温かい拍手が繰り返された。

その後、齋藤飛鳥がセンターを務める「シンクロニシティ」からユニットコーナーに突入。続けてアンダー楽曲2曲を披露。中盤では、チャイナドレス風な妖艶な衣装を身にまとったメンバーが「バレッタ」「気づいたら片想い」を披露後、中国語が堪能な2期生=山崎怜奈から「私たちの大切な1曲を披露します。」と中国語でMCがあり、乃木坂46の代表曲でもある「君の名は希望」が中国語で初披露され、会場は感動の声で包まれた。

「インフルエンサー」からスタートした終盤ではシングル表題曲が中心となり、「ガールズルール」「ジコチューで行こう!」「Sing Out!」とヒートアップのなか、本編が終了。アンコールではオフィシャルグッズのTシャツに着替え、ステージを駆け回るメンバー。ラストは定番となる「乃木坂の詩」で、上海公演の幕は閉じた。

今回の上海公演では、グループの顔ともいえる1期生の白石麻衣や生田絵梨花がスケジュールの都合で不参加。新キャプテン秋元真夏が牽引する次世代メンバーが中心となった。

ここ数年では、西野七瀬や生駒里奈、初代キャプテンの桜井玲香など、グループを代表する1期生メンバーの卒業が相次ぎ、次世代のスター作りが課題ともいえる乃木坂46の公演において、齋藤飛鳥が健在の中、「太陽ノック」では筒井あやめ、「君の名は希望」では遠藤さくら、「インフルエンサー」では3期生メンバーの与田祐希と山下美月がセンターを担うなど、先輩たちから受け継いだ次世代メンバーの立ち振る舞いは堂々たる姿で、さらなる乃木坂46の躍進が確信できた上海公演となった。

先月には、幕張メッセイベントホールにて、アンダーメンバーによるアンダーライブも大盛況のなか終了。乃木坂46の層の厚さは、今後もさらに注目を集めていくことになりそうだ。

【乃木坂46上海単独公演2019 セットリスト】
M1:夜明けまで強がらなくてもいい
M2:何度目の青空か?
M3:太陽ノック
M4:裸足でSummer
M5:僕の思い込み
M6:シンクロニシティ
M7:無表情
M8:言霊砲
M9:せっかちなかたつむり
M10:Threefold choice
M11:〜Do my best〜じゃ意味がない
M12:ここにいる理由
M13:バレッタ
M14:気づいたら片想い
M15:君の名は希望
M16:インフルエンサー
M17:命は美しい
M18:ありがちな恋愛
M19:制服のマネキン
M20:僕のこと、知ってる?
M21:ガールズルール
M22:ジコチューで行こう!
M23:Sing Out!
<アンコール>
EN1:ロマンスのスタート
EN2:ダンケシェーン
EN3:乃木坂の詩


リリース情報

2019.09.04 ON SALE
SINGLE「夜明けまで強がらなくてもいい」

2019.10.25 ON SALE
Blu-ray『NOGIBINGO!10 Blu-ray BOX』
※本編DISC 2枚+特典DISC 2枚

2019.10.25 ON SALE
DVD『NOGIBINGO!10 DVD-BOX』
※本編DISC 3枚+特典DISC 1枚
※DVD-BOXは初回生産分のみの販売となります

2019.11.06 ON SALE
Blu-ray『秋元工事中』

2019.11.06 ON SALE
Blu-ray『白石工事中』

2019.11.06 ON SALE
Blu-ray『高山工事中』

2019.11.06 ON SALE
Blu-ray『松村工事中』


乃木坂46 OFFICIAL WEBSITE
http://www.nogizaka46.com


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人