“怪人二十面相”もケーキを持って登場!M!LK・板垣瑞生、映画共演者からのバースデーサプライズに大喜び

■『超・少年探偵団NEO-Beginning-』公開記念舞台挨拶に高杉真宙、佐野岳、堀田真由、長村航希、板垣瑞生、前田旺志郎のメインキャスト6名が再集結!

10月25日に封切りとなった映画『超・少年探偵団NEO-Beginning-』の公開記念舞台挨拶が本日10月26日、東京・渋谷TOEIにて行われ、主演の高杉真宙をはじめ、キャストの佐野岳、堀田真由、長村航希、板垣瑞生(M!LK)、前田旺志郎、そして芦塚慎太郎監督が登壇した。

作家・江戸川乱歩の『少年探偵団』シリーズにインスパイアされた本作は、名探偵・明智小五郎の助手だった小林少年のひ孫・小林芳狼(高杉)が、学園に巻き起こる怪事件に対峙していく新感覚の学園ミステリー。

撮影以来のメインキャスト集結に高杉は「みんなで揃ってスーツを着たら、同窓会に来たような気分になった」と照れ笑いで、「無事公開できてうれしい」と主演作封切りにしみじみ。

佐野も「撮影は2年前。それ以降このメンバーで会うのは試写以来。でもそんな感じもなくて、会ってすぐにあの頃に戻れた」と絆を実感していた。紅一点の堀田は「撮影はずっとワチャワチャで楽しかった。完成披露の時は前田旺志郎君が来られなかったので、今日は全員が揃って安心感があります」とメインキャスト全員との再会を喜んだ。

長村は「撮影中は(前田と板垣が)ワチャワチャやっているし、アドリブを放てば返してくれるので安心感があった」と仲の良さを強調。板垣は「撮影中に僕らはふざけていたかもしれないけれど、真宙君は真剣にやっていました。それだけは忘れないでほしい。ぜひそこを観て」と謎のアピール。

芦塚監督から「板垣君がふざけていたのか、本気でやっていたのか……わからなかった」といじられると、すかさず高杉が「真面目にふざけていた。そういう役だからね」とフォローしていた。

イベントでは、映画の内容にちなんで“ダークサイドな一面”を披露する企画を実施。すると前田は「真宙君にダークサイドはない! めちゃいい子だから。ホンマにいい子! 万が一あったとしても聞きたくない!」と高杉の優しい性格を明かし、板垣も「言わなくていい! あるとしても、かわいいのを聞きたい!」と企画阻止に躍起。この過保護すぎる反応に高杉は「いや、言わせてよ!」と苦笑いしつつも、「たしかにないな……」と首をかしげて、最後に発言する流れになった。

佐野は「俺は腹黒い。それをひた隠しにしている。お前ら全員消えろと思っている。必死なのよ、ダークな部分を隠すのに。この世の役者全員いなくなれと思う!」と場を盛り上げるためにあえてヒールに徹したが、キャスト陣から「本当は思っていないだろ!」と突っ込まれた。

堀田は「部屋で映画を観るときは真っ暗にして無言」、長村は「ゲームにのめり込み過ぎて、スマホの画面を割った」、板垣は「真夜中に見晴らしのいい公園に行って、気がついたら太陽が昇っていた」、前田は「大学の先輩と同じタイミングでコンビニに入っておごってもらう」と、それぞれが思う自身のダークサイドを発表した。

そして、最後に残った高杉は「さぼるのがうまい。小さい頃から弟ふたりに家事をさせて、僕ひとりだけさぼっているということがあった。しかも“やってますよ感”を出してさぼることができた」と謎の特技を告白。

これを受けて佐野が「俺はさぼっていたらすぐにばれるけどね」と言うと、高杉は「僕はバレない!」と自信たっぷり。佐野は「そういうタイプなのか……」と高杉の意外な一面に驚いていた。

イベント終盤では、公開日の25日に19歳になった板垣のバースデーをサプライズ祝福。怪人二十面相が、自らのビジュアルがデコレーションされたケーキを持って登場すると、板垣は「ケーキに“超・お誕生日おめでとう”と書いてある! うれしい。こんな素敵な人たちと誕生日を祝ってもらえるのは幸せ」と大喜び。聞かれてもいないのに「え? 19歳の抱負ですか?」とノリを見せて、「この映画の真宙君がいろいろな方に届けばいい」と本作のヒットを願っていた。

最後に主演の高杉は「みんなが楽しすぎてしゃべり過ぎてしまう」と笑顔で、「映画は、公開されていろいろな人に観て知ってもらって初めて作品になります。そして原案である『少年探偵団』シリーズもいろいろな人に知ってもらいたい」とアピール。芦塚監督は来月に横浜で応援上映があることに触れて、「何度も映画を観てもらって、応援しに来てください」と作品の広がりに期待を込めた。


映画情報

『超・少年探偵団NEO-Beginning-』
新宿バルト9・渋谷TOEIほか全国順次公開

出演:高杉真宙/佐野 岳、堀田真由/長村航希、板垣瑞生、前田旺志郎/神谷浩史(声の出演)/佐藤二朗/丸山智己
原案:江戸川乱歩『少年探偵団』シリーズ
監督:芦塚慎太郎
脚本:赤尾でこ 芦塚慎太郎
音楽:丸山漠 (a crowd of rebellion)
主題歌:a crowd of rebellion「Calling」(Warner Music Japan Inc.)
製作:PROJECT SBD-NEO
制作プロダクション:ファインエンターテイメント
VFXプロダクション:白組
怪人二十面相デザイン:天野喜孝
宣伝:MUSA
配給:coyote
配給協力:アーク・フィルムズ
(C)2019 PROJECT SBD-NEO


『超・少年探偵団NEO-Beginning-』作品サイト
http://SBD-NEO.com/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人