まるりとりゅうが、メジャーデビュー後初の路上ライブが規制寸前の爆発的盛り上がりに

■神奈川県の海老名駅で行われた、まるりとりゅうがの路上ライブにファンが大集結!

カバー動画が爆発的な話題となり同世代の男女から絶大な人気を誇る、MaRuRiと、音楽番組での歌唱がSNSで注目を集める現役慶應大学生シンガーソングライター、Ryugaからなるユニット、まるりとりゅうが。

メジャーデビュー前にして2人のSNSフォロワー合計数が25万人を超え、SNS上にあげてきた歌唱動画の総再生回数は1,500万回以上を記録。驚異的な数字を叩き出し、2018年にユニバーサルミュージックEMIレコーズよりメジャーデビューを果たしたふたりが、10月20日、神奈川県の海老名駅でメジャーデビュー以降初となる路上ライブを開催した。

路上ライブ数日前に公式からアナウンスがされ、

「早くふたりが観たい!」
「生歌が聴けるなんて最高すぎる!」

と言った期待の声がSNSを埋め尽くし、10月20日の当日、海老名駅前は彼らをひと目見ようと数多くのファンで埋め尽くされ、駅利用者もその光景にびっくり。集まった人数は数百人を超え、予想以上の人の多さに規制寸前となる事態となった。

路上ライブは、メジャーデビュー曲でもある「気まぐれな時雨」からスタート。結成当初から応援し、その活躍と目の前に広がる光景を目の当たりにした多数のファンの目には涙が。

“まるりとりゅうが”は、お互いにSNSでのカバー投稿からすべてがスタートし、引き寄せられるように結成され、SNSで拡散された動画がBuzzを起こし、「SNS世代代表」として人気・実力ともに磨きをかけファンを獲得していった。2019年上半期には「レコチョク上半期サブスクランキング2019」新人部門1位を獲得。作詞作曲は主にりゅうが本人が担当、同じ世代に向けて作られた楽曲へのファンの訴求力はすさまじく、まさにそれが形となりこの日の光景となった。

デビュー1年目の今秋には、初のワンマンZepp Tourが、東京、大阪、福岡の3都市で開催が決定。急速にファンを増やし、SNSでもつねに話題となっている“まるりとりゅうが”。この日集まった数百のファンの瞳には、すでにZeppでのワンマンライブに立つふたりの姿が写っていたに違いない。

今後大きく飛躍していくであろう“まるりとりゅうが”の1シーンを垣間見た、そんな日となった。


リリース情報

2019.09.04 ON SALE
MINI ALBUM『お見知りおきを』


まるりとりゅうが OFFICIAL WEBSITE
https://maruritoryuga.amebaownd.com/


[初回限定盤/CD+DVD]

[通常盤/CD]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人