the pillows、結成30周年記念ライブに1万2000人が熱狂!メンバーの母親からの肉声メッセージも

■「俺たち、30年間ロックバンドを続けてきたんだ。今夜はその集大成。俺たちの音楽を受け取ってくれよ」(the pillows・山中さわお)

本日10月17日、神奈川・横浜アリーナにてthe pillowsの結成30周年を祝した『the pillows 30th Anniversary Thank you, my highlight Vol.05“LOSTMAN GO TO YOKOHAMA ARENA”』公演が行われた。

オープニングでは、会場の大型LEDモニタにメンバーの幼少期の写真が映し出され、それと同時にそれぞれの母親の肉声メッセージが流れる。母親たちは、the pillowsが30年続いた理由を「ファンあってのこと」とそれぞれ語り、演奏が始まる前から会場に集まった1万2000人の涙を誘った。

映像が終わると「聞こえてくるのはキミの声 それ以外はいらなくなってた」というボーカル・山中さわおのアカペラが鳴り響き、ステージセンターのロゴ看板が光を帯びる。バンド演奏が始まると同時に赤い幕が開いてメンバーが姿を見せ、「この世の果てまで」で公演が開幕。

ステージの後方にもLED画面が掲げられ、続く「MY FOOT」「Blues Drive Monster」と曲に合ったCG映像も展開される。最初のMCでは山中が「集まってくれてありがとう。俺たち、30年間ロックバンドを続けてきたんだ。今夜はその集大成。俺たちの音楽を受け取ってくれよ」と語り、「アナザーモーニング」「スケアクロウ」と代表曲が演奏される。

中盤、「サリバンになりたい」のCGでは70年代サイケデリックなオイルアートや、「Please Mr. Lostman」ではジャケットでなじみ深い枯れ木と夕暮れ的な映像が照明と相まって、普段のライブ以上に言葉が突き刺さってくる。

その後も山中が10代の頃に作った「ぼくは かけら」や20周年にリリースされたバンドソング「雨上がりに見た幻」など、30周年にふさわしい楽曲が演奏される。

メンバー紹介を挟んだ後に演奏されたthe pillowsで最初のバンドソングであろう「Swanky Street」では、後ろに掲げられていたLED画面がなくなる。残った照明だけのシンプルな演出は、バンドが背負った30年の歴史を感じさせるにふさわしいシーンとなった。

そして、「About A Rock’n’Roll Band」「LITTLE BUSTERS」「Ready Steady Go!」と、この日いちばん番の盛り上がりを見せて本編が終了。

アンコールでは、the pillowsの代表曲と言える2曲、「ストレンジ カメレオン」「ハイブリッド レインボウ」を演奏。アンコールに応え再びステージに登場し、海外での人気の火付け役、アニメ『フリクリ』のテーマソング「Ride on shooting star」、現在CMでカバーもされ話題となっている「Funny Bunny」を演奏。

2度のアンコールでも鳴り止まない拍手に応え、三度登場すると山中は「新しいも古いもない世界、それがロックンロールだ!」の言葉とともに「Locomotion, more! more!」を渾身の力でアグレッシブに演奏し、アンコールも含めた全27曲で公演は終了した。

20周年で日本武道館をソールドアウトさせたバンドは、この30周年で過去最大規模のキャパシティである横浜アリーナを成功に収めた。1997年に発表しライブアンセムとしても歌い続いけられている「ハイブリッド レインボウ」の一節「限界なんてこんなもんじゃない」という言葉を自ら体現するように、ファンに力強い姿を魅せてくれたthe pillows。

終演後、彼らに出会えた幸せを噛み締めるように、晴れ晴れとした顔で帰路につくオーディエンスが、特に印象的だった。

PHOTO BY 橋本塁(SOUND SHOOTER)、玉井信吾


リリース情報

2019.10.09 ON SALE
SINGLE「Happy Go Ducky!」


the pillows OFFICIAL WEBSITE
http://pillows.jp/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人