K-POPのアベンジャーズ“SuperM”、全米デビューと同時に「ビルボード200」1位の快挙!「夢のようです」

2019.10.14

■「あらたなチャレンジを通してうれしい結果を得られて幸せですし、応援してくれるたくさんの皆さんに感謝します」(SuperM)

SuperMが、デビューと同時に「ビルボード200」1位という快挙を達成した。

SuperMは、SHINeeのテミン、EXOのベクヒョンとカイ、NCT 127のテヨンとマーク、中国で活動するWayVのルーカスとテンの7人の実力派アーティストが集まった連合チーム。「K-POPアベンジャーズ」と称されながらデビュー前からグローバルな注目を集めていた。

10月13日(現地時間)、ビルボードはホームページを通して「K-POPのスーパーグループ、SuperMが、デビューアルバムで16万8千ユニットを獲得し、アメリカのR&Bシンガー、Summer Walkerを抑え1位になった」と伝えた。

K-POPアーティストが、デビューアルバムで「ビルボード200」の1位を達成したのは史上初。SuperMの「スーパーシナジー」を改めて確認させる結果となった。

SuperMは、SM ENTERTAINMENTとアメリカのキャピトル・ミュージックグループ(以下、CMG)がタッグを組んだグローバルプロジェクト。イ・スマン・プロデューサーが直接プロデューシングすることでコンテンツの完成度をより高め、今回の1位はSMの卓越したプロデューシング能力とCMGの優秀なネットワークおよびマーケティングが合わさり、なし得た成果であるという面で、さらに意味のあるものとなった。

今回の快挙について、SuperMは「『ビルボード200』で1位を取れて、本当にうれしいし、夢のようです。あらたなチャレンジを通してうれしい結果を得られて幸せですし、応援してくれるたくさんの皆さんに感謝します。これからもスーパーシナジーをお見せできるように一生懸命に活動します」とコメント。

イ・スマン総括プロデューサーは、「プロデューサーとして、あらたなチャレンジを共にしてくれたメンバーたちが誇り高く、また、応援してくれる韓国のファンだけでなく全世界のファンの方々に感謝しています。スティーブン・バネット会長率いるCMGとパートナーであることがとてもうれしく、これから先のことにも期待しています。SMの全社員や見えないところで力を添えてくれるスタッフなど、みんなで作った結果です」と伝えた。

CMGのスティーブン・バネット会長もまた、「SuperMは今日あらたな歴史を作り、イ・スマン・プロデューサーとSMのスタッフたちをバックアップし、共にできて、とてもうれしいです。全員が今回のことを成し遂げるために一生懸命に仕事してきたが、これは単なるスタートです。これからもっとたくさんのことが待っている」と言及し、SuperMのビルボード1位を祝した。

「ビルボード200」で1位を獲得したSuperMの初のミニアルバム『SuperM』はリード曲「Jopping」をはじめ、「I Can’t Stand The Rain」「2 Fast」「Super Car」「No Manners」など多彩なカラーの全5曲が収録。

LINE MUSICでは現在「SuperMメンバー7名全員の直筆サイン入り告知ポスター」「SuperMメンバーオリジナルコメント動画」といったデジタル特典が当たるキャンペーンを開催中。詳しくは、SuperM Artist Page(Universal Music)をチェックしよう。

なお、SuperMは、来たる11月より、アメリカのテキサス、シカゴ、NY、LA、シアトル、カナダのバンクーバーなど北米の主要都市で初ミニアルバムと、メンバーたちのあらたな一面を紹介するライブ『We Are The Future Live』を開催する。


リリース情報

2019.10.04 ON SALE
SuperM
DIGITAL MINI ALBUM『SuperM』


『SuperM』配信URL
https://lnk.to/SuperM1EP

SuperM アーティストページ(Universal Music)
https://www.universal-music.co.jp/superm/

SuperM  OFFICIAL WEBSITE
https://www.supermofficial.com


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人