sumika、劇場版『ヒロアカ』の主題歌を担当!「脚本を読んで、ただごとではないと感じました」(片岡健太)

2019.10.11

■「“似通らないそれぞれの旗を掲げて、光の方角へ進んでいこう”というメッセージは、まさにこの作品そのものが持つ大切なメッセージでもあり、素敵な宝物を頂いた気持ちです」(プロデューサー談)

12月20日公開の映画『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』主題歌に、sumikaの新曲「ハイヤーグラウンド」が起用されることがわかった。

『僕のヒーローアカデミア』(通称“ヒロアカ”)は2014年7月、堀越耕平が『週刊少年ジャンプ』(集英社刊)にて連載を開始して以来、既刊24巻のコミックスシリーズ累計発行部数は2,400万部を突破。さらに、これまでTVアニメ第1期〜3期が放送され、2019年10月12日からは第4期の放送を控えている大人気作品だ。

映画シーンにおいても2018年夏に初となるアニメ劇場版が公開され、観客動員数139万人、興行収入17.2億円の大ヒットを記録。まさに、この冬の超話題作と言える。

片岡健太(vo&g)は、「脚本を読んで、この映画に賭ける思いが伝わって、ただごとではないと感じました。僕らも完成を、そして公開を楽しみにしています」と語っている。

“高みを目指して”という意味を込められて名付けられた書き下ろし新曲「ハイヤーグラウンド」に関して、映画のプロデューサーの岡村和佳菜氏(東宝株式会社)は、「『ハイヤーグラウンド』に込めていただいた、“似通らないそれぞれの旗を掲げて、光の方角へ進んでいこう”というメッセージは、まさにこの作品そのものが持つ大切なメッセージでもあり、素敵な宝物を頂いた気持ちです」とコメントを寄せている。

この楽曲は、公開されたばかりの予告編で一部を聴くことができる。

なお、sumikaは、ライブハウスツアー『sumika Live Tour 2019 -Wonder Bridge-』を全国9都市18公演にて開催中。年末はフェスへの出演が決定している。

■sumika・片岡健太(vo&g) コメント
はじめて逆上がりができた日。「昨日と今日は違うんだ」と知って、明日が楽しみになったあの瞬間のことを、もう一度思い出させてくれる大切な作品に、音楽家として携わることができて幸せです。
ヒロアカのいちファンとして、映画の公開を心待ちにしています。

■プロデューサー/岡村和佳菜(東宝株式会社) コメント
片岡さんとはじめてお会いしたとき、第一印象は爽やかで穏やか、でもお話するとすぐに中身が真っ直ぐで熱くエモーショナルな方だと感じました。
それは『ヒロアカ』が大切にしている芯の部分であり、きっと素晴らしいコラボレーションになると確信したのを覚えています。
主題歌「ハイヤーグラウンド」に込めていただいた、“似通らないそれぞれの旗を掲げて、光の方角へ進んでいこう”というメッセージは、まさにこの作品そのものが持つ大切なメッセージでもあり、素敵な宝物を頂いた気持ちです。


映画情報

『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』
12月20日(金)公開
原作・総監修・キャラクター原案:堀越耕平(集英社『週刊少年ジャンプ』連載)
アニメーション制作:ボンズ
(C)2019「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会  (C)堀越耕平/集英社


リリース情報

2019.07.31 ON SALE
DVD&Blu-ray『Music Video Tree Vol.1 & Vol.2』


ライブ情報

sumika Live Tour 2019 -Wonder Bridge-
10/12(土)愛知・Zepp Nagoya
10/13(日)愛知・Zepp Nagoya ※追加公演
10/18(金)東京・Zepp Tokyo
10/19(土)東京・Zepp Tokyo ※追加公演
10/26(土)宮城・SENDAI GIGS
10/27(日)宮城・SENDAI GIGS
10/29(火)東京・Zepp Tokyo
11/05(火)愛知・Zepp Nagoya


『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』作品サイト
https://heroaca-movie.com/

sumika OFFICIAL WEBSITE
http://www.sumika-official.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人