“エロ過ぎるジャズピアニスト”高木里代子、名器と向かいあったピアノソロアルバム『Resonance』をリリース

■「一音鳴らした瞬間、驚喜で溜息が出るような……そんなピアノでした」(高木里代子)

“エロ過ぎるジャズピアニスト”としてWEB上を騒がせた高木里代子が、自身のブログを久々に更新。この夏にレコーディングをしたという新しいピアノソロアルバム『Resonance』がリリースされたことを発表した。

アルバムタイトルの「Resonance(レゾナンス)」とは、共鳴、響き、の意味。ピアノそのものの”響き”をより大切にしたいという思いからこのタイトルとなった。

選曲は、2曲をのぞいてはすべてスタンダード曲。「今一度ジャズに、ピアノそのものに向き合いたい」という気持ちから、スタンダード名曲の普遍的メロディに敬意を込めて弾いたという。

今回初めてのスタジオ録音で、群馬のTAGO STUDIOにある名器、イタリア産グランドピアノ“ファツィオリ”を使用してのピアノソロとなった。

高木は、「このFAZIOLIのピアノは、一音鳴らした瞬間、驚喜で溜息が出るような……そんなピアノでした。皆さんにもぜひ、体感してもらえたらとてもうれしいです」とコメント。

なお、今回のアルバムのジャケット写真は、写真家の姉、大村祐里子が撮影。こちらも要チェックだ。


リリース情報

2019.09.18 ON SALE
ALBUM『Resonance』


高木里代子 OFFICIAL Twitter
https://twitter.com/riyoriyo_?lang=ja

高木里代子 OFFICIAL BLOG
https://ameblo.jp/riyokotakagi/

高木里代子 OFFICIAL YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/riyopiano

高木里代子 OFFICIAL Instagram
https://www.instagram.com/riyokotakagi/

高木里代子 OFFICIAL WEBSITE
http://avex.jp/riyokotakagi/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人