話題沸騰中のサバイバルオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』、最終決戦の生放送が決定

■“国民プロデューサー”がメンバーを決めるサバイバルオーディション『プデュ』。主題歌パフォーマンス動画は公開1日で100万再生を突破!

視聴者による国民投票で勝ち残ったメンバーがデビューする“サバイバルオーディション番組”『PRODUCE 101 JAPAN』(略称は『プデュ』)。

その最後の11人のメンバーを決める最終決戦の模様が、TBSにて12月11日にゴールデンタイムの大型特別番組として生放送されることが決定した。

『PRODUCE 101』は、韓国の音楽専門チャンネル「Mnet」で放送され、10代から20代の男女に圧倒的な人気を博し、社会現象にもなった革命的大ヒット番組。最初の選考を通過した101名からスタートし、様々なミッションに挑戦。熾烈な競争を経て最終デビューメンバーを選出する。

すべての過程で、“国民プロデューサー”と呼ばれる視聴者の国民投票で勝ち残る者が決定。最終的に勝ち残ったメンバーがグループを結成しデビュー、スターダムにのし上がることが確約されるプロジェクトだ。

2016年のシーズン1では、ガールズグループのI.O.I、2017年のシーズン2ではボーイズグループのWanna One、2018年のシーズン3では、日韓合同のガールズグループで、HKT48の宮脇咲良らが所属するIZ*ONEが誕生。いずれのグループも現在、グローバルに活躍している。

さらに、2019年のシーズン4ではボーイズグループ、x1が結成され、8月27日に1stミニアルバムが発売された。

そして2019年春、吉本興業株式会社と株式会社MCIPホールディングス、そして韓国を代表するエンターテインメント企業、CJ ENMが共同で『PRODUCE 101 JAPAN』を始動。日本のエンターテインメント界で過去最大級の番組制作規模の巨大プロジェクトとなり、最終的に勝ち残った11人でボーイズグループを結成。2020年にデビューする。

最後の11人に残るべく競い合い、日々努力し成長していく姿を届ける『PRODUCE 101 JAPAN』。9月25日深夜にTBSでオンエアされた初回放送は好評を博し、Twitterのトレンドは「PRODUCE 101 JAPAN」というキーワードや練習生の名前、チーム名が上位の大半を占めた。また、投票スタート時には運営の公式サイトのサーバーが一時ダウンするほどアクセスが集中。

番組スタート前の9月3日に公開された練習生たちが歌う主題歌「ツカメ~It’s Coming~」のパフォーマンス動画は、公開初日からわずか1日でYouTube動画再生回数100万回を突破、視聴数はすでに300万回を超え、Mnet K-POPでの再生も重ねると470万再生超えとなっている。さらに、練習生101人の自己紹介1分間PR動画も、再生回数が合計で900万回を突破するなど、日本に留まらず世界からの注目を集めている(※視聴数は、いずれも10月3日16時時点)。

日本のエンターテインメント界で過去最大級の番組制作規模となる巨大プロジェクト『PRODUCE 101 JAPAN』。視聴者による国民投票によって選ばれ、グローバルに活躍するボーイズグループとして2020年にデビューするのは、はたしてどの練習生なのか? 最後の11人に残るべく競い合い、日々努力し成長を続ける彼らの姿に注目だ。

なお、最終決戦までのオーディションの模様は、無料動画配信サービス「GYAO!」で公開。毎週木曜21時にあらたなエピソードが配信される(全12回)。

<国民プロデューサー代表 ナインティナイン コメント>
■岡村隆史
過去にオーディション番組をやらせてもらって、間近でスターになってデビューしていく人たちを見てきました。これからさらに世界へデビューした人たちを間近で見れるんだなと思うとワクワクしています!

■矢部浩之
日本で初めての試みの番組で国民プロデューサー代表というのは大役ですが、国民の皆さんと同じ目線で意見を言えたり、我々のポジションから全力で盛り上げていければと思っております!

(C)TBS


番組情報

TBS『PRODUCE 101 JAPAN』
12/11(水)放送時間未定
※ゴールデン帯の大型特別番組として生放送
[出演者]
国民プロデューサー代表:ナインティナイン(矢部浩之、岡村隆史)
出演:『PRODUCE 101 JAPAN』練習生101名

【インターネット動画配信】
配信サイト:GYAO! ※独占配信
配信日時:毎週木曜21:00更新(全12回)
※会員登録不要、無料でご覧いただけます。


『PRODUCE 101 JAPAN』番組サイト
https://produce101.jp/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人