モデルは“ヨン様”! 中山美穂もうっとり! 松尾スズキ、映画『108〜海馬五郎の復讐と冒険〜』でこだわりの役作り

■茶髪のロン毛にロングコート。ダンディな雰囲気で海辺に佇む海馬五郎(松尾スズキ)

「大人計画」主宰の松尾スズキが監督・脚本・主演を務めた映画『108〜海馬五郎の復讐と冒険〜』(読み:いちまるはち かいばごろうのふくしゅうとぼうけん)が、10月25日よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開となる。

これまで作家、演出家、映画監督、俳優など多岐にわたって活動を続けてきた松尾スズキが、昨年「大人計画」30周年という節目を経て、31年目にして、また長編監督映画4作目にして初めて監督・脚本・主演すべてに挑んだ本作。

これは、30年間笑いにこだわり続けた喜劇人、松尾スズキの到達点。妥協なきR18復讐コメディが誕生した。

そしてこのたび、松尾スズキ演じる主人公・海馬五郎と中山美穂演じる妻・綾子の若かりし頃の場面写真が解禁となった。

現在の風貌とは打って変わって、茶髪のロン毛にロングコートを着こんだダンディな雰囲気で海辺に佇む海馬に、隣で寄り添う綾子もうっとりした表情を浮かべている。実はこの日、海馬は綾子にプロポーズを敢行。綾子の前で跪き、永遠の愛を誓い、結婚を快諾してもらったのだ。海馬と綾子のラブラブっぷりが伝わる2ショット写真からも、シュールで可笑しみのある松尾スズキならではの雰囲気が醸し出されている。

実はこの若かりし頃の海馬は「ヨン様」をイメージしたという松尾。自身が主宰する「大人計画」の社歌(作詞:松尾スズキ/作曲:門司肇)の歌詞にも「ヨンさま」というワードが入っていたりと、過去に「似ている」と噂されたことをネタにしてしまう松尾ワールドの面白さが本作でも繰り広げられ、細かな部分までこだわり続ける、妥協なき笑いを垣間見ることができる1シーンとなっている。

なお、10月4日に発売となる雑誌『STEPPIN’ OUT !』では、妻への復讐に奔走し、のたうち回るコミカルな劇中の姿とは180度異なる、大人の色気でダンディズムオーラ全開の松尾スズキのインタビュー、写真が掲載されている。


映画情報

『108~海馬五郎の復讐と冒険~』
10月25日(金)TOHOシネマズ 日比谷 ほか全国ロードショー
出演:
松尾スズキ
中山美穂
大東駿介 土居志央梨 栗原類 LiLiCo 福本清三 乾直樹 宍戸美和公 堀田真由
村杉蝉之介 オクイシュージ / 岩井秀人 / 酒井若菜 坂井真紀 秋山菜津子
監督・脚本:松尾スズキ
主題歌:星野 源「夜のボート」(Speedstar Records)
制作プロダクション:パイプライン
配給・宣伝:ファントム・フィルム
(C)2019「108~海馬五郎の復讐と冒険~」製作委員会


映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』作品サイト
108-movie.com


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人