山本彩、小林武史と新曲「追憶の光」初披露。「365日の紙飛行機」など、小林武史アレンジで全5曲を熱唱

■「山本 彩は人間の機微というか、もっと複雑な部分を歌える人」(小林武史)

2019年4月にグループ卒業後初となる、本人の強い意志が込められたシングル「イチリンソウ」が全国40局のラジオパワープレイを獲得。続く、9月4日には2ndシングル「棘」をリリースし、偽らず自分らしく生きていきたいという強いメッセージをアッパーロックチューンで見せた山本 彩。

先日、11月20日に小林武史プロデュースによる3rdシングルと、12月にはグループ卒業後初のフルアルバムのリリースを発表したが、8月3日から約2ヵ月にわたって、宮城県石巻市(牡鹿半島、市内中心部)を中心に開催された「アート」「音楽」「食」の総合芸術祭『リボーンアート・フェスティバル2019』最終日に初出演し、山本 彩 with 小林武史によるスペシャルライブを行った。

1曲目にはNHK連続テレビ小説“あさが来た”の主題歌である「365日の紙飛行機」、2曲目にはサザンオールスターズ「真夏の果実」、3曲目にはMy Little Lover「Hello Again~昔からある場所~」など、誰もがなじみのある楽曲を披露し、観に来ている人たちの心を引き寄せた。

さらに、4曲目には小林武史がプロデュースを手がけた3rdシングルのタイトルが「追憶の光」となることが明かされるとともに初披露! この楽曲は山本 彩が作詞作曲を手がけている。

ステージ上で小林武史は「彼女は人間の機微というか、もっと複雑な部分を歌える人なんだよね……そういう人って僕のアイドルの中にいる印象とは違うからいろいろと大変だと思う。元アイドルで歌を作ることや物を作るという力だけで本当にひとり歩きしていて長く続く人はあまり聞いたことがないから初の例になるかもしれない」と彼女を絶賛。

楽曲は“当たり前の日常がなくなる、そしてそれが幸せだったと気づく瞬間を切りとった冬バラードで、ひと足早い冬の歌を会場に届けた。

最後の楽曲はJTのCMでも話題の「ひといきつきながら」を歌唱し、ひと言ひと言、丁寧に歌を通して山本彩の“思い”を届けており、会場全体が温かい雰囲気に包まれ、ライブは終了した。

なお、今回歌唱したすべての曲は小林武史がアレンジしており、ここでしか味わうことができない、まさにスペシャルなライブとなった。

PHOTO BY 後藤武浩


リリース情報

2019.10.16 ON SALE
DVD&Blu-ray『山本彩 LIVE TOUR 2019 〜I’m ready〜』

2019.11.20 ON SALE
SINGLE「追憶の光」


『Reborn-Art Festival 2019』OFFICIAL WEBSITE
https://www.reborn-art-fes.jp/

山本 彩 OFFICIAL WEBSITE
http://yamamotosayaka.jp/


小林武史

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人