松任谷由実、新曲「深海の街」の歌詞のヒントはテニスの大坂なおみ選手の試合から!?

■松任谷由実、3年ぶりの新曲「深海の街」が配信スタート! MVも公開!

今年5月に、平成から令和を跨ぎ、全17会場40公演40万人を動員した全国ツアー『TIME MACHINE TOUR Traveling through 45years』を終えたばかりの松任谷由実が、早くも9月18日より、新曲「深海の街」の配信をスタート。同曲のミュージックビデオも同時公開された。

また、荒井由実時代を含む、松任谷由実、全423曲のハイレゾ音源も本日より配信となった。

新曲「深海の街」は、2019年のユーミンによる最新の“ネオシティポップ”とも言える楽曲。現在オンエア中のテレビ東京系『WBS(ワールドビジネスサテライト)』のエンディングテーマ曲として制作された作品で、書き下ろしの新曲のリリースとしては、約3年ぶりとなる。

近未来の都会の夜の海を泳ぐような、幻想的なバーチャルリアリティを、楽曲、そしてミュージックビデオで表現。部屋にいながらにして様々な場所に行ったような気分や感覚が味わえる、言わば、“脳内リゾート”。そんな近未来なイメージで制作されたという。

本日公開された、今作に向けてのオフィシャルインタビューで、楽曲制作にまつわるエピソードを語っている彼女。昨年、プライベートで訪れたドイツ・ベルリンのクラブの帰り、ドライブをしている最中に、「都会をドライブしている気分を感じてもらえるような、アーバンな曲を書こう」と思いついたところから着想したという。また、詞曲の着想と同時に決めていたのが、「フュージョン、AORをやろう」というプランだったとのこと。

ユーミンにとっては、日本のポップスの先がけとして、70年代後半から80年代初頭に、すでに通ったアプローチだが、「経験が蓄積され、移り変る時代を生き、そこであらたなメロディと歌詞とが合わされば、絶対に新鮮な曲が生まれるという確信がありました。経験とアイデアをどう組み合わせ、エディットするかという、ハイブリッドな今の時代らしい発想なのかもしれませんね」と今作について語っている。

また、歌詞については、テレビでテニスの大坂なおみ選手の試合を観ているときに、<ストローク>という言葉が浮かび、<夜の海を泳ぐ>という曲の始まりの歌詞から、テニスにも水泳にも用いられると気づき、<ストローク>というワードを歌詞に入れたという。インタビューの全文はオフィシャルサイトでチェックしよう。

また、同じく9月18日より、荒井由実及び松任谷由実の高音質ハイレゾ音源による全423曲の配信もスタート。1972年のデビュー以降、音楽を聴くメディアや様々なテクノロジーが変化するなか、それぞれの時代の最先端のサウンドを追求してきた楽曲が、音楽プロデューサー・松任谷正隆監修のもと、エンジニア・GOH HOTODAにより、2019年あらたなマスタリングで“現在”の音に仕上げた“音の3D”を体感しよう。


リリース情報

2019.11.06 ON SALE
DVD&Blu-ray『TIME MACHINE TOUR Traveling through 45 years』

2019.09.18 ON SALE
DIGITAL SINGLE「深海の街」


「深海の街」特設ページ
https://www.universal-music.co.jp/matsutoya-yumi/shinkainomachi/

「深海の街」配信URL
https://umj.lnk.to/Shinkailink

松任谷由実 オフィシャルYouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/c/松任谷由実OfficialChannel

松任谷由実 OFFICIAL WEBSITE
http://yuming.co.jp/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人