THE RAMPAGE、結成5周年を1万人のファンと祝福!「この9月12日を皆さんと一緒に過ごせて幸せです」

■LINE LIVEで生中継されたTHE RAMPAGEのトークパートは、実に72万人が視聴!

16人組ダンス&ボーカルグループ、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEが、9月12日、東京・代々木公園野外ステージにて結成5周年記念イベント『THE RAMPAGE from EXILE TRIBE 5th Anniversary Special Event』を開催した。

この9月12日は、メンバー全員が正式メンバーになることが発表された2014年9月12日からちょうど丸5年。結成5周年記念イベントは、“結成5年の記念日に、いつも応援してくれているファンの方と一緒に盛り上がりたい”という想いから開催され、会場には1万人のファンが集結した。

SEが鳴り、悲鳴にも似た歓声のなか迎えられたTHE RAMPAGEは、この日配信がスタートした10月2日発売のニューシングルの表題曲「SWAG & PRIDE」を初披露。イントロから鳴り響くギター音が会場に流れると、大歓声があがり、ロックチューンに持ち前のヒップホップテイストを掛け合わせた力強い楽曲に負けない、力感あるパフォーマンスでファンを圧倒した。

続けてパフォーマンスしたデビュー曲「Lightning」の間奏では、川村壱馬が「今日お集まりの皆さん、本当にありがとうございます!  今日は最後まで一緒に、この記念日に、皆さんの思いをぶつけてラストまでぶち上がっていこうぜ!」を煽ると、ファンも呼応するように一気にヒートアップ。

昨年発売の1stアルバム『THE RAMPAGE』のリード曲「LA FIESTA」、7月30日にリリースしたサマーチューン「WELCOME 2 PARADISE」を一気に披露し、この日のラストナンバー「DREAM YELL」では観客と一緒に手を振り、会場に一体感に包まれた。

リーダーのLIKIYAは「本当にすごかったです。こんなにも多くの人に集まっていただけると思っていなかったので、本当に感謝の気持ちでいっぱいです」と集まった1万人にお礼を述べ、パフォーマンスパートは終了。

LINE LIVEで生中継されたトークパートでは、司会の安東弘樹からの「改めて5周年どうですか?」の質問に、与那嶺るいは「あっという間な5年間でした。この5年でいろいろな経験をして今のTHE RAMPAGEがあるので、この9月12日を皆さんと一緒の時間を過ごせて幸せです」とコメント。

「5年前の当時の心境はどうでしたか?」という質問には「ぼくは岡山からオーディションきっかけで東京に出てきて、東京という街にもまれ、“帰りたいな”など、くじけそうになったが、同じ状況のほかの15人であったり、スタッフさんと手を繋ぎあって頑張ってきたので、今日のこのステージに立って感慨深いです」と想いを語った。

また、10月30日発売の2ndアルバム『THE RIOT』のリード楽曲「Move the World」を初解禁するなど、この日限りのサプライズも。

LINE LIVEの最後に、リーダーのLIKIYAは「このあと、シングル、アルバムを出させていただきますが、来年さらにいろんな動きをしていきますので、今後とも応援よろしくお願いします。そして、5周年をこうして皆さんとこの場所で迎えさせていただいて、うれしい気持ちでいっぱいです。僕らはまだまだ未熟な部分だったり、足りない部分だったりあるかもしれませんが、これからも16人で頑張っていきたいと思いますので、THE RAMPAGEファミリーも、全員でこれからも一緒に共に歩んでいけたら」との言葉で、5周年記念のイベントが締めくくられた。

約30分の生配信となったLINE LIVEは、合計で72万人が視聴。大盛り上がりの1日となった。


リリース情報

2019.07.31 ON SALE
SINGLE「WELCOME 2 PARADISE」

2019.10.02 ON SALE
SINGLE「SWAG & PRIDE」


THE RAMPAGE from EXILE TRIBE OFFICIAL WEBSITE
https://m.tribe-m.jp/artist/index/43


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人