氷川きよし、42歳の誕生日に念願の大阪城ホール公演が実現!「この命ある限り歌い続けていきたい」

■氷川きよし、『アニサマ2019』出演時に話題となったシースルーコスチュームのバージョンアップ版や天使の衣装などビジュアルでもファンを魅了!

氷川きよしが、42歳の誕生日を迎えた9月6日に大阪・大阪城ホールにて『氷川きよし デビュー20周年記念コンサート~あなたがいるから~』と銘打ったコンサートを開いた。

デビュー20周年記念コンサートを7月11日・12日に東京・日本武道館で行い、2日間3公演で2万4000人を動員。昼夜2公演で行われたこの日の大阪公演には、のべ1万6000人が駆けつけた。

武道館公演では、ステージ上5メートルの高さまでリフターで上がっての歌唱シーンが話題を呼んだが、氷川は大阪城ホール公演でも同じくリフターに乗って5メートル上まで上がりながら未発表曲「龍翔鳳舞」を歌ってライブの幕を開けた。

「氷川きよしが大好きな大好きな大阪城ホールでの初めてのコンサートに皆さま、ようこそお越しくださいまして、ありがとうございます」と挨拶した氷川は「これまで20年間、いろんなところで歌わせていただきまして、この大阪城ホールでは事務所の先輩方と一緒に歌わせていただいたことはありますが、いつかひとりでやりたいなと思っていました」と大阪城ホールへの思いを吐露。

「今回の大阪でのコンサートは、サブタイトルを『あなたがいるから』にしましたが、なぜかと言いますと、『大阪のあなたがいるから氷川きよしがここまで歌ってこられた』というメッセージを込めたくてこのタイトルにさせていただきました。最後まで全力で魂をこめてやります!」と説明した。

その後、ヒット曲の「勝負の花道」や「星空の秋子」、大阪にちなんで「大阪とんぼ」、トロッコに乗って場内を回りながら「きよしの令和音頭」「きよしのズンドコ節」などが歌われたあと、ステージには大阪名物・たこ焼きをイメージした特製バースデーケーキが登場。このスタッフからのお祝いに氷川は、大感激していた。

続いて、股旅演歌から「箱根八里の半次郎」「大井追っかけ音次郎」「ちょいときまぐれ渡り鳥」「番場の忠太郎」、ポップなナンバーから「ときめきのルンバ」「虹色のバイヨン」「情熱のマリアッチ」などを次々と歌唱した氷川は、8月30日に行われた『アニサマ2019』に出演したときの衣装をバージョンアップした派手なコスチュームで「限界突破×サバイバー」をクレーンに乗って熱唱。

また、未発表曲「hug」やアンコールでは、天使の衣装に身を包みブランコに乗って「あなたがいるから」、新曲「大丈夫」などを披露。

全44曲を3時間超にわたって歌い上げた氷川は「皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。20周年のこの年に大阪の地でコンサートをさせていただき、今日は本当にありがとうございました。これからも歌に思いを込めて、歌ですべてを伝えて、この命ある限り歌い続けていきたい」と、さらなる歌への意欲を燃やしていた。

なお、氷川は12月11日・12日に東京・国際フォーラムにて『氷川きよしスペシャルコンサート2019~きよしこの夜vol.19』を開催。チケットは11月9日から一般発売される。


リリース情報

2019.08.29 ON SALE
SINGLE「大丈夫/最上の船頭」Dタイプ

2019.08.29 ON SALE
SINGLE「大丈夫/最上の船頭」Eタイプ

2019.08.29 ON SALE
SINGLE「大丈夫/最上の船頭」Fタイプ


ライブ情報

氷川きよしスペシャルコンサート2019~きよしこの夜vol.19
12/11(水)東京・国際フォーラム
12/12(木)東京・国際フォーラム


氷川きよし 日本コロムビア公式サイト
http://columbia.jp/hikawa/


 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人