RADWIMPS、全国ツアーを完遂! 映画『天気の子』主題歌を歌唱した女優・三浦透子もサプライズ登場

■「今日は誰ひとり聴いたことがない、フルバージョンでこの曲(=三浦透子ボーカル曲「グランドエスケープ」)をお送りします」(RADWIPS・野田洋次郎)

RADWIMPSが8月27日・28日・29日に神奈川・横浜アリーナにて全国ツアー『ANTI ANTI GENERATION TOUR 2019』の追加公演にして最終公演を開催した。ここでは、6月にスタートした長いツアーのフィナーレを飾った本公演の2日目の模様をレポートする。

開演時間を少し回ったところで場内の照明が暗転し、最新オリジナルアルバム『ANTI ANTI GENERATION』のオープニングを告げるインスト曲「Anti Anti overture」がSEとして流れると、満員のオーディエンスから熱狂的な歓声が上がる。一転、厳粛としたムードの中で1曲目「tazuna」の演奏が始まる。雨を降らせている演出の向こう側には、サポートの刄田綴色と森瑞希のツインドラムを擁する5人のメンバーがおり、ピアノの前に座る野田洋次郎(vo,g,p)、ギターを持つ桑原彰(g)、コントラバスを奏でる武田祐介(b)の姿が確認できる。

2曲目の「NEVER EVER ENDER」の始まりとともに、EDMの系譜に連なる躍動するビートとシンセフレーズがステージから放たれる。巨大なLEDビジョンには色鮮やかなモーショングラフィックが映し出されている。

「会いたかったよ!」と野田が咆哮すると、そのままツインドラムのタイトかつダイナミックなリズムセクションがバンドサウンドを牽引する「ギミギミック」へ。そこからタブゾンビ率いる“タイタン・ゾンビーズ”と命名された4人のホーンセクションが登場した「カタルシスト」と繋げ、序盤の流れで早くもRADWIMPSの自由度の高い音楽性を提示してみせた。

「フィナーレの3日間、2日目にきてしまったんで、名残惜しさがいっぱいなんだけど、ありあまるエネルギーが満ち満ちています。受け取る覚悟はできてますか!? 最高の1日にしましょう、よろしくお願いします!」

そんな野田の挨拶のあとに鳴らされた「万歳千唱」で高らかに響き渡った野田とオーディエンスの“なぁどうすんだよ!?” “おいどうすんだよ!?”のコール&レスポンスは、いきなりライブのクライマックスを迎えるような様相を呈していた。いや、この日のライブは1曲ごとに山場を迎えるような瞬間の連続だった。

例えば、ホーン隊とともに繰り広げたジャズセッションからシームレスにつないだ「アイアンバイブル」にも顕著だったが、ツアーで熟成されたバンドのパフォーマンスはどの曲でも極まっていたし、各曲の連なりで大きな物語を描くようなセットリストの流れと映像やライティングの演出も見事だった。

アリーナ中央に設置されたセンターステージにてミニマムなアンサンブルで披露された「I I U」と「そっけない」を経て、ものすごい緊張感が会場を支配し誰もが固唾を飲んだ「洗脳」と「PAPARAZZI」。特に「PAPARAZZI」における、カメラに追われながらトラップのビートをバックに徹底的に冷たく厳格なラップを独白する野田のパフォーマンスは鬼気迫るものがあった。そう、こういった強烈な毒味もまたRADWIMPSを形成する重要な要素である。

野田が指揮者となって各メンバーの高い演奏力を際立たせる「おしゃかしゃま」を皮切りにライブは再びギアを上げていく。タイタン・ゾンビーズとMIYACHIを迎えた「TIE TONGUE」以降も熱量を上げながら本編後半に突入すると思いきや、2012年以降、毎年3月11日に発表している楽曲のひとつである「夜の淵」で祈るようにして歌と演奏を紡いだのも印象的だった。

「IKIJIBIKI」からアッパーに駆け抜けていった本編後半は、映画『天気の子』の主題歌のひとつである「愛にできることはまだあるかい」によって閉じられた。『君の名は。』に続きRADWIMPSが再び劇伴制作を担当した新海誠監督の最新作『天気の子』はこのツアー中に公開され、今もなお観客動員数を伸ばし続けている。

ミクロとマクロを同時に見つめるような、ささやかなのにスケールの大きなラブソングである「愛にできることはまだあるかい」におけるバンドのていねいなアンサンブルを聴きながら思ったのは、映画同様にRADWIMPSの音楽像でありバンド像もまた社会現象を巻き起こした『君の名は。』のフェイズを更新してみせた、ということだ。

アンコール。スペシャルゲストとしてステージに招かれたのは同じく『天気の子』の主題歌である「グランドエスケープ」のボーカリストを務めた女優・三浦透子。彼女の登場にオーディエンスは驚きと歓喜の声をあげたのは言うまでもない。

「グランドスケープ」を奏でる前に、野田はこう言った。

「今年の初めくらいに一緒にやることが決まって、それからものすごく聴き込んでくれて、自分の歌にしてくれて。僕らもすごく幸せに思ってます。今日は誰ひとり聴いたことがない、フルバージョンでこの曲をお送りします」

光量の高いエレクトリックサウンドと重厚で力強い生音が融合したオケに乗る三浦の歌唱は、揺るぎなく澄み切った意思を感じさせる、じつに凛としたものだった。まさに記念碑的なコラボレーションがここに実現した。

アンコール2曲目。

「『正解』という曲がありまして、みんなで歌いたいんです。全国どこに行っても1回として同じ声になることはなくて、この場だけの合唱になったらいいなって」という野田の呼びかけを経て、「正解」へ。「よーい、はじめ」というラストフレーズの大合唱が会場にこだました瞬間、今のRADWIMPSを語るうえで“合唱”が大きなキーワードになっていることも痛感した。

そう、RADWIMPSというバンドの音楽はどこまでも生々しい人間味を帯びながらどんどん自由に、大きくなっている。そのことをまざまざと証明した素晴らしいツアーファイナル直前だった。そして、このツアーの手応えがどのようにあらたに生まれる楽曲にフィードバックされていくのか。おおいに期待したい。

TEXT BY 三宅正一
PHOTO BY Takeshi Yao


リリース情報

2019.07.19 ON SALE
ALBUM『天気の子』


映画『天気の子』作品サイト
https://www.tenkinoko.com/

RADWIMPS OFFICIAL WEBSITE
http://radwimps.jp/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人