ラストアイドルが泥まみれで全力ダンス!グループ史上最高難度のダンスに挑戦した新曲「青春トレイン」MV公開

■ラストアイドル、新曲「青春トレイン」の振り付けは“バブリーダンス”でおなじみの登美丘高校ダンス部コーチ・akaneが担当!

ラストアイドルが、7thシングル「青春トレイン」(9月11日発売)のミュージックビデオをYouTubeにてプレミア公開した。

今作の監督を務めたのは、欅坂46「サイレントマジョリティー」をはじめ、乃木坂46「シンクロニシティ」や「Sing Out!」のミュージックビデオも手がけてきた映像ディレクターの池田一真。振り付けは“バブリーダンス”でおなじみの登美丘高校ダンス部コーチ・akaneが手がけ、ラスアイ史上最高難度のダンスに総勢44名で挑戦した。

akaneのダンスは細かいタイミングで複雑な動きを次々と繰り出すのが特徴で、圧倒的なスピード感とキレを取得するため、メンバーは約3ヵ月間の特訓を経てパフォーマンスを完成させた。

本編のほとんどがダンスパフォーマンスで構成されたミュージックビデオは、砂利採石場を貸し切って撮影。バギーやドローンなど様々なカメラでのアングルによる撮影カットが散りばめられており、大サビのクライマックスへ向け、泥まみれになりながらパフォーマンスするシーンは必見。この道が正解なのか? このまま進んでいいのか? 不安や葛藤をむき出しにした姿で全力で突き進むメンバーの姿が描かれている。
※撮影に際しては万全の防火措置を講じております。

また、ニューシングル「青春トレイン」の発売を記念して、9月10日から18日まで東京・SHIBUYA109渋谷、大阪・SHIBUYA109阿倍野のポップアップスペース「DISP!!!」に『ラストアイドル「青春トレイン」POP UP STORE』がオープンすることが決定。

SHIBUYA109先行販売アイテムのTシャツやタオルをはじめとしたラストアイドルのオリジナルアイテムが販売されるほか、7thシングル「青春トレイン」も発売。衣装展示やメンバーのオリジナルメッセージ動画の上映も行われる。

さらに、CD購入者限定で、グッズを含め3,000円以上購入した人には先着でオリジナルショッパーをプレゼント。絵柄は全8種類(各ユニット、集合)から選ぶことができる。こちらはなくなり次第、終了となる。また、CD購入者は、ランダムでサイン入りアイテムが当たる抽選に参加できる。

<『ラストアイドル「青春トレイン」POP UP STORE』実施概要>
期間: 2019年9月10日(火)~ 9月18日(水)
場所:東京・SHIBUYA109渋谷 8階「DISP!!!」 / 大阪・SHIBUYA109阿倍野「DISP!!!」

■池田一真監督 コメント
今回の作品に向けてコンセプトやその中でのメンバーのあり方をしっかり作り込んで撮影に向かったのですが、朝、彼女たちに会ってその内容をいっさい伝えるのをやめようと思いました。3ヵ月間、akane先生と共に作り上げ、完成させた作品を素直にそのまま撮りたいと思ったからです。撮影が始まって見せてくれた彼女たちのパフォーマンスは剥き出しの感情そのもので、そのすべてを一瞬たりとも撮りこぼすまいと必死に喰らいついて完成したMVです。生々しい現場の空気を体感していただければうれしいです。


リリース情報

2019.09.11 ON SALE
SINGLE「青春トレイン」


イベント情報

7thシングル WEB盤イベント
09/29(日)千葉・幕張メッセ
10/06(日)神奈川・パシフィコ横浜
11/04(月・祝)愛知・Aichi Sky Expo
12/08(日)大阪・ATCホール

ラスアイフェス2019
10/12(土)東京・タワーレコード渋谷店 B1F CUT UP STUDIO
10/13(日)東京・タワーレコード渋谷店 B1F CUT UP STUDIO
10/14(月・祝)東京・タワーレコード渋谷店 B1F CUT UP STUDIO


「青春トレイン」ミュージックビデオ
https://youtu.be/oLJk-6BV60M

『ラストアイドル「青春トレイン」POP UP STORE』特設ページ
https://www.shibuya109.jp/blog/?pi3=194802

WEB盤イベントの詳細はこちら
https://store.universal-music.co.jp/event-list

『ラスアイフェス2019』特設サイト
https://sp.universal-music.co.jp/last-idol/fes2019/

ラストアイドル OFFICIAL WEBSITE
https://lastidol.com


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人