のん、音楽劇『私の恋人』で渡辺えりと『あまちゃん』以来の共演&念願の本多劇場出演に感激

■「観る側でワクワクさせていただいた劇場だったので、自分が出れることになってうれしいです」(のん)

渡辺えり主宰のオフィス3○○(さんじゅうまる)の音楽劇『私の恋人』の東京公演が、本日8月28日に東京・下北沢の本多劇場で幕を開けた。

同公演は、本年度の芥川賞を受賞した上田岳弘の小説『私の恋人』(2015年発表)を、渡辺が脚本・演出を手がけ、小日向文世とのんを迎えて上演。公演は8月7日に東大和市からスタート。兵庫、鹿児島、山口、福岡、岩手、山形を経て、東京が最終公演地となり9月8日まで同劇場で上演される。

注目ポイントは渡辺、小日向、のんの3人だけで、30の役柄を演じ分ける点。時空を超えた様々な設定のシーンで、ときにはステージ上で、ときにはセットの後ろでと鮮やかにテンポ良く衣装やキャラクターを替えていく。目の錯覚かと思わせるトリッキーな着替えもあり、まるで歌舞伎の早着替えを見ているようで圧巻だ。

10万年前のネアンデルタール人とクロマニヨン人から、戦時中のミュンヘンの収容所、満州のサーカス団に現代から、世紀末の未来へと、舞台の設定は目まぐるしく変わっていく。

一見すると混乱しそうな設定を違和感なくみせていくのは音楽の絶妙な使い方だ。本作で音楽を担当するのは気鋭の作曲家、三枝伸太郎。公演中は舞台下手に置かれたキーボードで、劇中音楽を生演奏。シーンの転換も三枝の演奏で繋いでいく。

特に重要なモチーフとなるのは、各々のシーンに沿った歌詞で出演者が歌う劇中歌。ソロ歌唱、出演者全員でのコーラス、ギターでの弾き語り、曲に合わせたダンスと様々な形態で披露される。この劇中歌は、三枝が本作のために書き下ろした。

演劇と音楽と美しい舞台美術の三者三様のコラボレーションによって、各々設定が違うシーンも上質な短編小説集を読んでいるようであり、テンポ良く繋がっていく様は良質なDJミックスを聴いているようなスタージだった。

また、この日の開演前の影アナを担当したのは、NHK『あまちゃん』で共演した渡辺えりとのん。ふたりの楽しい掛け合い影アナで、開演前の会場を沸かせた。

『私の恋人』は9月8日まで東京・本多劇場にて上演。前売り券は完売。当日券の問い合わせは劇場まで。

■渡辺えり コメント
今日からいよいよ東京公演!
今まで山形、久慈、福岡、兵庫を回ってきまして、お客様の評判が想像以上によくて、3 人の役者の個性もとても出ている、それからオーディション組の天使たちも素晴らしい、とのうれしいお声をいただいています。
今までの公演と比べて東京は小劇場ですから、気持ちを引き締めてより緻密に、テーマが色濃く出るように、さらにみんなで頑張って、面白い舞台にしたいと思っています。

■のん コメント
本多劇場でやれるということで、すごく心待ちにしてました。地方公演を回って、いろんなお客さんの反応を見てきたので、東京の皆さんはどう観ていただけるのか、すごくワクワクしています。自分が本多劇場にえりさんの舞台を観にきたりして、観る側でワクワクさせていただいた劇場だったので、自分が出れることになってうれしいです。
気合いをいれて頑張ります。

(C)NB Press Online


舞台情報

オフィス3◯◯『私の恋人』
08/28(水)~09/08(日)東京・本多劇場
原作:上田岳弘『私の恋人』(新潮社)
脚本・演出:渡辺えり
ミュージシャン:三枝伸太郎
出演:小日向文世、のん、渡辺えり / 多岐川装子、松井夢、山田美波、那須野恵


『私の恋人』Twitter(@300watashino)
https://twitter.com/300watashino

『私の恋人』OFFICIAL WEBSITE
http://office300.co.jp/watashino.html


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人